FC2ブログ


優生思想は科学的か非科学的か?

category: 新しい記事8  

相模原障害者施設殺傷事件を起こした植松聖被告相模原の障害者施設殺傷 公判開始決まらず、精神鑑定近く終了か
(7月27日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
殺傷事件の発生から26日で2年になったが、入所者19人に対する殺人
などの罪で起訴された植松聖(さとし)被告(28)の公判の開始時期は
決まっていない。横浜地裁(青沼潔裁判長)は今年3月、弁護側の請求に
よる精神鑑定を始め、被告の事件当時の精神状態や責任能力を調べている。
検察側の起訴前の鑑定では、自分を特別な存在と思い込む「自己愛性など
の複合的なパーソナリティー障害」と診断され、検察側は完全責任能力が
あるとして殺人などの罪で起訴した。公判では刑事責任能力の有無や程度
が争点になるとみられる。 弁護側の請求による精神鑑定は今夏にも終了
する見込みで、公判前整理手続きを経て、早ければ今年度中にも公判が
始まる可能性がある。

相模原の障害者施設殺傷  事件2年 226人献花、犠牲者悼む 
/神奈川 (7月27日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
殺傷事件から2年。相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」には、
犠牲者19人を悼む人々が集まった。殺人などの罪で起訴された植松聖
(さとし)被告(28)の差別的な言動に怒りを感じる人、事件の風化
に危機感を覚える人。それぞれが問題意識を抱きながら、19人に花を手向けた。 「今でもうそみたいと思う」。
ほとんどの犠牲者と顔見知りだったという元職員の60代女性は、献花台の前で思い出を語った。「あの人は無口だっ
た」。「よく散歩に出掛けたな」。女性は「今も、皆さんがその辺りにいるような気がする」と言う。 献花台には、
職員や利用者が折り紙で折った千羽鶴やユリが供えられ、犠牲者が好きだったバナナや団子などを模したステンドグラス
が飾られていた。県によると、昨年よりも多い226人が献花に訪れたという。 園を運営する「かながわ共同会」の
草光純二理事長は「なぜ守れなかったのか、大変申し訳ないという思いで手を合わせた」という。園の再建にも言及し
「大変な惨状があった場所として忘れ去りたい一方、半世紀以上にわたって利用者や地元の人たちと営んできた歴史が
ある」と語った。植松被告は「障害者は不幸をつくる」などと主張を続ける。娘が障害を抱えるソーシャルワーカーの
平岡祐二さん(58)は「彼の考えに同調するような社会は怖い」と語った。園の近くに住む太田紀子さん(75)は、
植松被告が園の職員だった過去に触れ「悔しい。地元と園はよい関係だったのに」と声を震わせた。 黒岩祐治知事は
午前9時過ぎに献花。「ここに来ると胸が締め付けられる。19人の犠牲者について植松被告は『心を失った人間』と
話しているというが、そんなでたらめは許せない。園舎の除却工事が始まっているが、事件の風化が恐ろしい」と話した。
地域住民らによる「共に生きる社会を考える会」のメンバーも献花台を訪れた。同会は関係者らに犠牲者の記憶を聞き
取ってきた。太田顕共同代表は、ある犠牲者の思い出に触れ、「あなたが小学生の頃に担当されていた特別支援学級
の先生が会いに来ましたね」と語りかけた。横浜市神奈川区のかながわ県民センターでも26日午後、入所者の家族や
支援者の有志でつくる「津久井やまゆり園事件を考え続ける会」が追悼の集いを開いた。約100人が訪れ、犠牲者
19人の性別と年齢がそれぞれ書かれた額に花を手向けた。同会の杉浦幹さんは「ここに名前がない理由を私たちは
考えていかなくてはいけない」と話した。

【社説】相模原事件2年 優生思想にどう向き合う (7月27日 Tokushima Shimbun 徳島新聞)
神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され、職員を含む26人が負傷した事件
から2年がたった。この間、社会は事件としっかり向き合っただろうか。犠牲者数が戦後最悪と言われる殺人事件である。
現場となった施設は、建て替えに向けた解体工事が今年5月に始まった。だが、事件の全容を解明するための公判は、
まだ始まっていない。殺人や殺人未遂など六つの罪で起訴されている元施設職員の植松聖被告(28)に対し、2度目の
精神鑑定が行われているためである。8月に終了し、初公判は来年になる見通しだ。「障害者なんて要らない」。
事件当時に被告が見せた身勝手で差別的な言動は、社会や当事者に衝撃を与えた。最近、拘置先で複数回接見した共同通信
などの記者には「私が殺したのは人ではない」と、事件を正当化する主張を繰り返している。一貫して、事件を起こしたこと
を反省するそぶりはない。再発防止を図るためにも、被告の動機がどう形成されたのかを追究する必要がある。公判では責任
能力の有無が大きな争点になりそうだが、曖昧な部分を残さず、真相に迫ってもらいたい。被害者家族は今も深い悲しみの淵
にいる。事件後、被害者家族の多くは差別や偏見を恐れ、氏名公表を拒み、口を閉ざした。被告の言動に賛同する声や障害者
の生を否定する言葉は、相変わらずインターネットを中心に散見される。被害者家族を苦しめ続ける一因であり、憂慮すべき
状況だ。障害者に限らず、社会的弱者を攻撃するような風潮が広がっていないか。自民党の杉田水脈衆院議員が月刊誌「新潮
45」への寄稿で、子どもをつくらない性的少数者(LGBT)カップルを「生産性がない」と突き上げ、批判を浴びた。
事件の被害者家族を苦しめる言葉と通底する部分があるのでは、と危惧する。旧優生保護法の下で障害者に強制不妊手術が
繰り返された問題にも、つながる話だ。同法は知的障害や精神疾患を理由に、本人の同意がなくても不妊手術を認めた。
強制不妊のような過去の過ちを繰り返してはならない。心ない差別や偏見を解消しようという活動が、各地で相次いでいる。
障害者を支援する団体などが呼び掛け、共生社会の在り方を考えている。有意義な取り組みと言え、もっと広がってほしい。
                                                     (後略)

植松被告は19人もの尊い命を奪ったのですから、死刑しかないでしょうし、冤罪の恐れ
もないので執行も早いでしょう。しかし、植松被告の場合、身勝手極まりない犯行だ
ということだけでは説明できない面があり、そのことが様々な議論を呼んでいます。

日中韓の大学生_生命の選別に関する意識調査第二次大戦前のドイツはひどい貧困に苦し
んでおり貧富の差がユダヤ人を抹消する
ことにつながったと思いますが、心ある
人間も殺す優生思想と私の主張はまるで
違います。赤ん坊も老人も含め全ての
日本人に一人800万円の借金があります。
戦争で人間が殺し合う前に、まず第一に
心失者を抹殺するべきです・・・
施設の介護職員として働いていた植松被告
がなぜ、このような優生思想に染まって
しまったのでしょう。優生思想とは、優秀
な能力を有する者の遺伝子を保護し、逆に
能力が劣っている者の遺伝子を排除して、
優秀な遺伝子及び人類を後世に遺そうと
いう思想です。この思想は優生学の成果に
立脚しており、人種差別や障害者差別を
理論的に正当化するときに使われてきた
という過去があるのです。現在、ニュースでたびたび報道される旧優生保護法も同様
の思想に基づいています。優生思想は人権侵害にあたるという認識が世界的に広がって
いるとはいうものの、優生思想が人々の心から消え去ったわけではないのです。特に、
日本の周辺諸国の人々が、日本人と同じ意識を持っているわけではありません。
科学者はこのように弁解します・・・一部の優生学者は人間の「優秀さ」を促進する
ために、人間の「優秀さ」を人為的に選択すべきだと主張してきましたが、自然界では
唯一の「優秀さ」というものは存在しない!生物には多種多様な遺伝子のタイプが共存
し、自然は遺伝的多様性をなくすことを望んではいない!つまり、優生思想が「自然の
法則」に反することを明確に示そうとしているのです。「突然変異では、生物の生存に
とって少し不利な変異こそが重要」とか、「働かないアリの存在が社会の存続にとって
不可欠だ」などと主張して、優生思想の欠点を探しています。しかし、これはある面、
危険なことです。なぜなら、例えば、劣等遺伝子の迅速な除去が種の存続に有利である
ことが科学的に証明されたら、どうするのでしょうか。科学というものが善でも悪でも
なく、単なる道具に過ぎないことを周知しておかないと、科学の進歩が原因になって
大虐殺が起きないとも限りません。科学が人類に幸福をもたらすのか、不幸をもたらす
のかは、科学を使う人間次第なのです。悪用できない科学はないともいえるのです。




スポンサーサイト

2018_07_31


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

時間が流れるという概念を
受け入れたのは、
あなたがた自身。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:48歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top