FC2ブログ


自民党は国民に対して寛容な保守を目指せ

category: 新しい記事8  

杉田LGBT寄稿問題で自民党本部前で抗議する人たち抗議 杉田議員辞職を 自民党前、LGBTなど
5000人

(7月27日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国
ブロック)が月刊誌への寄稿でLGBTなど性的
少数者について「子どもを作らない、つまり生産性
がない」などと主張した問題で、当事者や支援者ら
が27日、東京都千代田区の自民党本部前で杉田氏
の辞職を求める抗議活動をした。参加者は性の多様性
を意味するレインボーカラーの旗やプラカードを手に
「差別をするな」「人権無視する議員はいらない」と
訴えた。午後7時からの抗議行動には主催者発表で約
5000人が参加し、次々にマイクを握って訴えた。支援活動を長年続ける原ミナ汰さんは「差別的な暴言は顔に唾を吐かれる
のに等しい。今までは唾を吐かれても、いつかやむと思って黙ってきたが、暴言はボディーブローのように効いてくる。やめて
くださいと言わないといけない」とアピールした。 レズビアンの増原裕子さん(40)は「杉田氏の寄稿はヘイトスピーチで、
本当にひどい。発言を容認する自民党の姿勢にも失望した」。当事者の子どもや若者を支援している団体の代表を務める遠藤
まめたさん(31)は「寄稿で当事者の子どもや若者がショックを受けており、非常に憤りを感じた」と話した。 ゲイである
ことを公表している明治大の鈴木賢教授は「日本は同性カップルに何の法的保障もなく、いないことにされている。国民を生産
性の有無で分別する差別主義者に議員の資格はない。私たちはもう黙らない」と力を込めた。発生から2年がたった相模原市
の障害者施設殺傷事件などに触れてマイノリティーへの差別を指摘した登壇者も多く「苦しむ声に向き合ってほしい。私たちは
生きていていい」などと訴えた。 抗議活動は北海道や福岡県の自民党支部前でも行われた。当事者を支援しているNPO北海道
レインボー・リソースセンターL-Portの工藤久美子代表(43)は「当事者にとって、殺されるようなレベルの暴言。『死
にたい気持ちになっている』『夜に一人でいられなくなった』という相談が増えた。何人死ねば分かるんだろうという気持ちだ」
と憤った。 杉田氏は「新潮45」8月号の「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題した寄稿で、「生産性のない」LGBTの
カップルに「税金を投入することがいいのかどうか」と主張。不正確な内容を盛り込みながら、差別的な持論を展開した。

杉田水脈公式webサイト人権の尊重は人生観ではない/政界地獄耳
(7月27日 nikkansports.com 日刊スポーツ)
★自民党衆院議員・杉田水脈(みお)が月刊誌にLGBT(性的少数者)
のカップルへの行政支援について、「彼ら彼女らは子どもをつくらない、
つまり『生産性』がない」と断じた問題。杉田はそもそも子供をもうける
ことを「生産性」とし、ナチスの優生思想に近い差別的価値観を披露した。
ところが杉田は党内では「間違ったことは言っていない」と励まされたと、
批判に反論した。
★自民党の憲法の改憲草案、第24条には「家族は社会の自然かつ基礎的な単位として尊重される。家族は互いに助け
合わなければならない」とあり、家族単位の価値観以外には否定的だ。一方、党が下野していた10年綱領には、以下の
ように書かれている。「我々が守り続けてきた自由(リベラリズム)とは市場原理主義でもなく、無原則な政府介入是認
主義でもない。ましてや利己主義を放任する文化でもない。自立した個人の義務と創意工夫、自由な選択、他への尊重と
寛容、共助の精神からなる自由であることを再確認したい。従って、我々は全国民の努力により生み出された国民総生産
を、与党のみの独善的判断で国民生活に再配分し、結果として国民の自立心を損なう社会主義的政策は採らない。これ
と併せて、政治主導という言葉で意に反する意見を無視し、与党のみの判断を他に独裁的に押し付ける国家社会主義的
統治とも断固対峙(たいじ)しなければならない」。これを読む限り、杉田どころか、安倍政権の政策すべても党の綱領
違反ではないか。
★この問題で党幹事長・二階俊博は「人それぞれ政治的立場はもとより、いろんな人生観もある」と杉田発言を容認した。
だが人権の尊重は人生観ではない。基本的人権は確か、まだ我が国の法律に残っていたはずだが。人権に思いが至らず、
順法精神のない政府や党に未来はない。二階の謝罪、杉田の議員辞職を要求したい。

ヒトラーは反共主義者というイメージがあります。しかし、ヒトラーの行った政策は
国家社会主義と呼べるものであり、実際に、国家が主導する社会主義的な諸政策を
推し進めています。社会主義の定義は様々ですが、社会主義の国では、国家により
個人の自由が制限されるという特徴があります。現在の政治体制で最も分かりやすい
のが、北朝鮮。自由主義はそれに反対する立場です。さらに、自らの自由だけでなく、
他者の自由を尊重する社会を望む思想がリベラルです。ですから、リベラルと社会主義
は混ざり合うはずがなく、リベラルはもっと多くの人に受け入れられてもよい考えで
あるように思われます。では、なぜ右翼がリベラルを攻撃するかといえば、「リベラル
が家族という共同体のつながりを無視した自分勝手なエゴにすぎない」と考えるから。
しかし、家族の基本を異性のカップルに限定する必要性がどこにあるのでしょう?
同性カップルを認めると子供がいなくなるなどといった考えは極論です。同性カップル
を認めたからといって、異性カップルが減ることはありません。同性カップルは少数派
ですから。自由にさせてあげればいい!保守というのは、本来、伝統を重んじながらも、
新しいものを採り入れていく立場です。新しい家族の形を受け入れていくことこそ、
家族という共同体を重んじる社会の維持に役立つのではないでしょうか。
LGBTやLGBTを支援する人たちは、思想的にはリベラルに属するのですが、日本に存在
するエセリベラルとともに活動しないようにしてもらいたいものです。真のリベラルは、
絶対に、サヨクとは考えかたが一致しません。それよりも、保守層の意識改革を促す
べきでしょう。リベラリストがサヨクと結びついてしまうと、多数派の支持を失うこと
になってしまいます。LGBTがいくら活動しても、LGBTそのものは少数派であり続ける
でしょう。少数派は、多数派を説得するときに感情的になってはいけません。多数派
をたたきつぶすのはなく、多数派に納得してもらうことが大切です。カッとなる気持ち
も分かりますが、ここは冷静になって、杉田議員を説得するような気持ちで頑張って
ほしいものです。




スポンサーサイト

2018_07_29


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

時間が流れるという概念を
受け入れたのは、
あなたがた自身。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:48歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top