FC2ブログ


日本 フェアプレーのおかげで決勝トーナメント進出

category: 新しい記事8  

グループHの最終結果日本、2大会ぶり決勝Tへ ポーランドに敗れるもH組2位
(6月29日 産経ニュース)
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の
日本は29日、ボルゴグラードでの最終戦でポーランドに0-1
で屈したが、同組2位で2大会ぶり3度目の16チームによる
決勝トーナメント進出を決めた。セネガルに1-0で勝った
コロンビアが勝ち点6の1位通過。日本とセネガルはともに
勝ち点4となり、得失点差、総得点、直接対決の結果でも並んだ
が、警告や退場で換算する反則ポイントの差で2位となった。
日本は第1、2戦で同じだった先発メンバーを6人入れ替え、
岡崎(レスター)や武藤(マインツ)らを今大会初めて先発起用
した。後半14分、すでに敗退の決まっているポーランドに決勝点を許したが、ゲーム主将を務めたGK川島(メッス)が前半に
好セーブで決定機を防ぐなど失点を最小限にとどめ、終盤は自陣でボールを回して2位を死守した。

ポーランド戦でスーパーセーブを連発した川島川島スーパーセーブ ネットは称賛の嵐「川島ありがとう」
(6月29日 デイリースポーツ online)
「ロシアW杯・H組、日本-ポーランド」(28日、ボルゴグラード)
GK川島が前半33分にスーパーセーブを見せた。右サイドからの
クロスボールを中央のグロシツキにヘディングで合わせられたが、
川島が横っ飛び。右手だけでボールをかき出した。ボールはゴール
ライン上にあり、リプレイで流された映像でも、ゴール寸前で弾か
れた様子が確認された。チームを救ったビッグプレーにネット上で
は「川島ありがとう」、「川島半端ないって」、「川島よくやった
ドヤ顔ナイス」など称賛の嵐となった。川島はセネガル戦で相手
シュートをパンチングミスし、先制点を献上。初戦のコロンビア戦
に続く低調なパフォーマンスで、厳しい批判を受けていた。前日の
会見では「次は自分がチームを助けたい」と誓っていた。

薄氷突破の日本、終盤の消極戦術に賛否 「これも立派な戦術」「日本らしくない」
                        (6月29日 THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト)
日本が警告数の差で勝利も、終盤の消極的な戦術に会場はブーイング
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいた
セネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント
進出を決めた。後半終了間際に日本が取った戦術にネット上では賛否両論の声が上がっている。紙一重とはまさにこのことだ。
日本がイエローカードの差2枚で16強進出を決めた。前回のセネガル戦から6選手を入れ替えて臨んだ日本だったが、後半14分に
ポーランドに先制を許してしまった。このままなら敗退となる大ピンチに追い込まれた日本は必死で反撃に出るも、なかなか攻撃の
形を作れない。一方で、同時刻のH組のもう1試合。セネガル-コロンビア戦が動いたのは後半の29分。コロンビアがセットプレー
から均衡を破った。このまま終わればコロンビアが首位通過。日本とセネガルは勝ち点4で並ぶだけでなく、得失点差、総得点で
再び並び、フェアプレーポイント(日本=警告4、セネガル=警告6)の差で日本が2位。この情報が伝わるや、日本は積極的に
攻めるのをやめ、ボールをキープしこのままのスコアで終わらせる戦術を取った。会場は次第に大きなブーイングに包まれていった。
                                                       (後略)

セネガル-コロンビア戦でコロンビアが先制した後、西野監督の指示を受けた長谷部が投入
されてからというもの、日本は自陣でボールを回して全く攻めませんでした。このままで
終われば勝てるポーランドも、静観状態でした。西野監督がどのように考えてこの方針を
決めたのかは分かりませんが、結果がどうあれ、正しい選択だったと思います。といいます
のも、取りにいっても点を取れそうな感じではなかったからです。逆に、ポーランドの
カウンターでさらに失点する可能性のほうが高かった。日本が強くなった理由のひとつは、
「パス回しにこだわらなくなった」ことではないかと思っていたのですが、ポーランド戦
では悪いサッカーに戻ってしまいました。ノートラップでの速いパス回しが影を潜めたため
に、相手の守備陣形を全く崩せず、柴崎がキラーパスを出せるような状況ではなかった。
素早く攻めれば、ポーランドの高い位置にいる2バックを崩すこともできたように思います
が、前線へのロングボールだけはダメでしょう。スペースに入り込んでパスを受ける場面が
ほとんどなかったために、得点の匂いを感じない展開になってしまいました(特に失点後)。
一方で、失点しそうな場面は数多くありました。大量失点を防げたのは、GK川島のおかげ。
今までチームの足を引っ張っていた川島が、最後にチームを救いました・・・
そして、最終的にチームを決勝トーナメントに導いたのは日本のフェアプレー精神でした。
勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果でも並んだ日本とセネガル。イエローカード
の数がセネガルより少なかった日本が2位になったのです。日本が決勝トーナメント進出
を決めたのも嬉しいことなのですが、汚いプレーが少なかったことも素晴らしいことです。
対照的なのがお隣の国。1次リーグ3試合で63のファウルと10枚のイエローカード。
アンフェアプレー賞は韓国で決まり!ルールとか約束とかは、どうでもいいようです!
まあ、日本のスポーツ界にも、今年のアンフェアプレー賞確実な日大フェニックスなんて
チームもありますけどね。




スポンサーサイト

2018_06_29


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

時間が流れるという概念を
受け入れたのは、
あなたがた自身。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:48歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top