大量のアルコールは脳の機能を低下させる

category: 新しい記事7  

慢性的な大量飲酒、認知症との関連が明らかに (2月21日 AFPBB News AFP通信)
慢性的な大量飲酒は、あらゆる種類の認知症、特に早期発症型の認知症の主要な危険因子であることが、公衆衛生に関する
専門誌「ランセット・パブリック・ヘルス(Lancet Public Health)」に21日に発表された研究論文で明らかになった。
研究者らがフランスの早期発症型認知症の5万7000件以上の症例を調査した結果、半分を優に超える数がアルコール関連、
またはアルコール乱用の診断が追加されたものであることが判明した。全体として、アルコール摂取障害は、あらゆる
種類の認知症でリスクが3倍高くなることに関連付けられた。アルツハイマーその他の認知症は、65歳未満での発症は
早期とされる。従来の研究では、認知機能に対するアルコールの影響については結論が出ていなかった。一部の研究では、
少量から中量の飲酒には利点がある可能性を示しているが、他の研究では、大量飲酒は認知症のリスクを上昇させると結論
づけている。世界保健機関(WHO)は「慢性過剰飲酒」の定義として、男性で基準量の6杯かそれ以上である1日当たり
純アルコール60グラム以上(アルコールドリンク約6杯以上に相当)、女性で40グラム以上としている。今回の調査では、
研究者らは2008年から2013年に認知症と診断されたフランスの成人100万人以上の医療記録を精査した。その結果、
アルコールとの関連が統計学的に明白であることが示されたため、論文著者は検査の実施や大量飲酒への介入、アルコール
依存症治療などを提案している。
■大量飲酒は「主要な危険因子」
これまでの研究でも、大量飲酒や喫煙と、うつ病、学歴の低さは、認知症の危険因子としての関連性が確立されている。
今回の研究は、フランス全土の病院の6年間にわたる患者の退院記録に基づいたもので、稀な認知症と関連する疾病の
患者や若年の精神障害の人々は対象者から除外されている。研究論文の主著者Michael Schwarzinger氏は、「認知症の
原因としてのアルコール摂取障害が負う割合は、これまで考えられていたよりずっと大きい」と指摘している。

5人に1人が発症「国民病」認知症の正体 (2017年12月24日 PRESIDENT Online プレジデントオンライン)
認知症の患者数とおもな症状 新しい診断基準・社会的認知とは
そして認知症の症状は、表のように中核症状と行動症状、心理
症状に分かれる。中核症状は脳の障害からくる症状で、すべての
認知症患者に共通するもの。「新たなことを学習し、記憶する」
「自分の置かれた状況を理解する」「言葉を正しく理解し語る」
などの能力が損なわれていく。一方、行動・心理症状は中核
症状と違ってすべての患者に表れるわけではない。徘徊、妄想、
無関心など、個々人の体調や生活環境に影響されて表れるもの
だ。なお認知症かどうかは、アメリカの精神医学会が発表する
診断基準(DSM)に照らし合わせて判断される。これまでは特に
記憶障害が重要視されていたが、13年に診断基準が新しくなり、
あまり考慮されてこなかった「社会的認知」の障害が、診断する
基本項目のひとつとして追加された。「『社会的認知』とは社会
において人と人の絆や相互理解を築くために必要な認知機能。
具体的には他者への共感や、社会性・協調性といった『心』や
『感情』に近い領域です。このように対象が広がったことで、認知症への理解がさらに進むことが期待されています」

認知症発症の「脳」で何が起きているか
細胞が減ることで萎縮していく脳
 (2017年12月31日 PRESIDENT Online プレジデントオンライン)
認知症がおきるおもな位置
細胞が減ることで萎縮していく脳
認知症が発症したとき、脳では何が起きているのか。脳変性疾患の場合、脳にたまった異常タンパク質が脳の神経細胞の
働きを邪魔することで、病的変化が起こっていく。アルツハイマー型認知症には脳が萎縮する病気というイメージがあるが、
それは脳細胞が死んで減っていくためだ。MRIやCTなど画像診断による検査をすれば、脳のどの場所が縮んでいるかが
わかる。アルツハイマー型なら頭頂葉か側頭葉の内側部、レビー小体型なら後頭葉、前頭側頭型なら前頭葉と側頭葉。
また働きが鈍っている脳の部分は血流が少なくなるため、血流の様子を見る検査・SPECTも病気の発見に役に立つ。
「認知症は特徴ある場所からスタートしますが、病気が発症しておよそ15~20年たつと脳全体に及びます。最後はみんな
寝たきりの似たような状態になるんです」(勤医協中央病院名誉院長・伊古田俊夫氏)
ゴールは同じでも、どのタイプかを知っておくことには意味がある。それは脳の侵される部分によって、今後表れる症状が
ある程度予測できるからだ。アルツハイマー型は記憶を司る脳内の海馬が萎縮するため、「もの忘れ」や、現在の日時や
今自分がいる場所の感覚があいまいになる「見当識障害」などが初期症状として表れる。レビー小体型は気分の高揚や
落ち込み、動揺が見られる。またかなり高い確率で「幻視」の症状が目立つため、最近まで統合失調症として診断される
ケースもあった。前頭側頭型は、やさしかった人が粗暴にふるまう、真面目な人がだらしなくなるなど、人格や性格の
変化が最初の異変として気づかれることが多い。これは社会のなかで人間関係を保つために働く前頭葉内側面が侵される
ためだと考えられている。「脳卒中が原因の血管性認知症では、脳のどこに脳梗塞や脳出血が発生したかによって症状が
異なります。大脳のなかの言語中枢に発生すれば、文字の読み書きができない、意味不明な話をするなどの症状が表れる。
家族が『昨日まではなんともなかったのに』と驚くことが多いのが、ひとつの特徴です」(同)

認知症は正式な病名ではなく、記憶障害、見当識障害、理解・判断力の障害などを
伴った症候群ということなので、人によって発症の原因も様々。要因のなかでも、
アルコールは主要な危険因子のようです。アルコールとうつには密接な関係がある
と言われていますが、認知症とうつにはどのような関係があるのか、関連性が気に
なります。アルコールは脳の働きに影響を与え、うつになるリスクを増やします。
「常にアルコールを飲み過ぎることで、うつ状態になる→うつを和らげるために、
酒を飲む→うつがひどくなる」という悪循環にはまってしまいます。大量飲酒は
うつの原因になるだけでなく、認知症の主要な危険因子ということなので、認知症
(アルツハイマー型)とうつ病は単に、脳の機能低下が認知機能の障害にでるか、
感情面(気分の落ち込み)にでるかの違いだけなのかもしれません。
実際、認知症患者には多くのうつ併発者がいますし、うつ病患者は認知症を併発
しやすいようです。特に、老人性うつ病は、認知症の症状と重なる部分があります。
筋肉の場合、使いすぎると筋肉痛になりますし、運動不足になると、筋力が低下
します。ですから、日常生活で、適度に筋肉を使うことが大切だと実感できます。
しかし、脳の場合、日常生活で脳を使い過ぎているので少し脳を安ませたほうが
いいのか、それとも、日々の脳の使いかたが足りないので脳にもっと負荷をかけた
ほうがいいのかを実感することができません。同じことを同じようにしたとしても、
脳が受ける負荷は人によって、全く異なるでしょう。脳を適度に使うのが、脳の
機能低下を防ぐための最善の方法だとしても、脳に適度な負荷をかけるというのが
自分にとってどの程度のものなのかが分からないのです。肝機能のように脳の機能
を客観的に測定することはできないものなのでしょうか?肝機能が弱い人間は、
γ-GTPの数値を見ることで、自分は酒を飲んではいけない人間だと実感することが
できます。脳の機能にもこのような数値があれば、自分はアルコールを飲むと脳の
機能が低下するので、酒をやめようと思うことができるでしょう。今後は、エセ
科学ぽい脳科学ではなく、客観的データを用いた脳科学の進展が望まれます。




スポンサーサイト

2018_03_01


06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

確率として存在するどの未来を
あなたが体験するかは
あなた次第。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top