FC2ブログ


1月31日の夜は皆既月食


皆既月食、31日夜に全国で期待…空の高い位置 (1月27日 YOMIURI ONLINE 読売新聞)
明るく輝いていた満月が地球の影に入ることで赤黒く光る「皆既月食」が31日夜、日本全国で見られる。北海道から沖縄
にかかる広い地域で観察できるのは2015年4月以来。空の高い位置で起きる好条件のため、神秘的な天文現象が期待
できそうだ。皆既月食は、太陽、地球、月が一直線に並び、月が全て地球の影に入ることで起きる現象。太陽から地球に
届く光のうち、波長の長い赤い光が大気の層を通過する際に屈折して月に届くため、月は真っ暗にならずに赤銅(しゃく
どう)色と呼ばれる赤黒い色で光る。今回の皆既月食では、31日の午後8時48分から月が暗くなり始め、同9時51分
~同11時8分にかけて月が全て地球の影に入る皆既月食となる。2月1日午前0時12分に元の満月に戻る。国立天文台
2018年1月31日皆既月食天文情報センターの
石崎昌春さん(57)は
「皆既月食が始まると
月は暗くて探しにくい
ため、少し早めに観測
を始めるのがコツ」
と話す。








科学者が警鐘! 赤道の収縮で、2018年は大地震が倍増か 
(1月28日 BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン)
•地質学者たちは2018年、大きな地震が2017年の約2倍発生すると予測している。
•なぜなら、地球の自転速度がやや低下し、赤道を微妙に収縮させているからだという。
•赤道が収縮することで、構造プレートが押し合いになるため、地震が頻発しやすくなる。

2018年に入って、世界各地で地震が相次いでいる。これまでで最も大きな地震は1月23日の早朝(現地時間)、アラスカ湾の
沖合約174マイル(約280キロメートル)の海底で発生した。地震の規模はマグニチュード7.9だった。そのわずか3時間前
には、インドネシアのビヌアンゲウン(Binuangeun)の海岸から25マイル(約40キロメートル)と離れない場所で、マグニ
チュード6.0の地震が発生。この地域は「環太平洋火山帯」と呼ばれる、地震と火山噴火の多発地帯だ。この2回だけではない。
今年は大きな地震が続いている。1月23日現在、マグニチュード7.0以上の地震はアラスカを含め、すでに3回発生している。
これほど大きな地震は、2017年には7回しか起きていない。科学者たちは、地球の自転速度の低下が、近年、世界で地震が
増加している一因ではないかと言う。あなたは気づいていないかもしれないが、今、地球は少しのんびりしている。2011年
以降、通常より数千分の1秒遅いペースで自転しているのだ。地球の自転周期は絶えず変化している。海流や大気の変化だけで
なく、地殻の下のマントルやさらにその内部にある核の影響を受けるためだ。地質学者のロジャー・ビルハム(Roger Bilham)
氏とレベッカ・ベンディック(Rebecca Bendick)氏によると、自転速度の低下により、2018年は少なくともマグニチュード
7.0以上の地震が2017年の2倍以上発生する可能性がある。
構造プレートの押し合い
コロラド大学で地震の研究をしているビルハム氏はBusiness Insiderに対し、自転速度が数年にわたって遅れると、その間
に地球の内部が収縮すると語った。それに合わせて赤道も縮むのだが、構造プレートはそうはいかない。収縮した赤道に
合わせてスリムになるのではなく、互いに押し合うのだ。わたしたちがこれを地上で感じるまでには、時間がかかる。だが、
高周波地震の発生が少ない状態で5年が経つと、このプレートの押し合いの影響が、世界中で感じられるようになると、
ビルハム氏は言う。同氏は、2018年から2021年の今後4年にわたって、毎年平均20回の大地震が発生すると見ている。
自転速度が低下するこの現象は、活動中でない地震を誘発するものではないが、一部でさらなる張力と圧力を加え、特に
地震多発地帯で、地震を頻発させるとビルハム氏は言う。(後略)

2018年1月31日月食時のホロスコープ黄道(太陽の通り道)と白道(月の通り道)
の交点付近を太陽が通るとき、日食や月食
が起こります。日食は見られる地域が限ら
れますが、月食については、太陽、地球、
月が一直線になったとき、その月を見る
ことができる地域ならば、どこでも月食を
見ることができます(晴れているなら!)。
今回の特徴は、月食を見られる位置が高い
こと。ホロスコープ上では、Mc(南中)
の地点で、太陽や月が最も高い位置に
なります。ホロスコープを見れば、今回
の月食が、Mcに比較的近い位置で起こることが分かります。また、冬の夜は、黄道と
白道が高い位置にあります(冬の昼間は低い位置にある)。今回、太陽と月の直線上に
あたる地点は、北太平洋上にあります。アジアに近い太平洋が月に引っ張られる感じ
でしょうか。だから、地震や噴火が起きやすくなるということでもありませんが、地球
の自転速度がわずかに遅くなることで地震の発生する可能性が高まるほど、地殻の変動
はデリケートなもののようです。用心しておいて、損はありません。
さて、今回、月食が起きるのは、獅子座(実際の夜空では蟹座)です。人生を楽しみ、
自分自身が輝くことを課題とする獅子座において、心の一番深いところで自分の感情
が求めているものを示す「月」が生まれ変わります。また、「月」は、自分が誰に、
または何に愛情を注ぐ必要があるのかを示す星でもあります。日本では「働き方改革」
が叫ばれています。わたしたちにとっては、集団に埋没してしまうことで失われていた
「自分」を取り戻すよい機会になるかもしれません。


獅子座 月蝕 (ジャン・スピラー、カレン・マッコイ著 『スピリチュアル占星術』) 
(前略)社会や共同体に向けて真の愛を捧げるために、あなたが最初にしなくてはならないのは自分を愛することです。
手始めに、自分の個性を育て、開花させ、大きくしてくれた身の回りの多様な要素に感謝を捧げてください。そして自分
の存在価値、あなたにしかない個性や豊かな創造力をきちんと評価できるようになっていくにつれ、あなたは自分という
花を咲かせることを通じて世の中を明るくしていけるようになります。創造し、愛し続けるあなたの姿に触発された人々
はあなたに倣うでしょう。こうして人々に貢献するチャンネルを見つけると、あなたは多くの人々にインスピレーション
を与える稀有な教師となっていきます。あなたが心の底から自分を愛することを許すようになったとき、他人の愛を受け
入れられるように変化が起こります。あなたに与えられた教訓は、他人の愛を受け入れ、同時に自分を愛するということ。
あなたは無意識に、愛情に満ちたやりとりをすると自由を束縛されると感じるために、愛情豊かな状況に背を向ける傾向
があります。あなたはこの過ちを正し、いつでも愛情に満ちた心を持っていてもいいのだということを習得しなければなり
ません。あなたには愛される資格があり、愛されるために完璧な人格を築く必要もありません。あなたは自分に少しでも
落ち度があると、気後れしてしまうことを恐れ、誰かと心の絆を結ぶ前に自分磨きをしなくてはならないと感じるのです。
                                                   (後略)


スポンサーサイト

2018_01_30


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

時間が流れるという概念を
受け入れたのは、
あなたがた自身。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:48歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top