資本主義は定期的なリセットを必要とする制度なのか

category: 新しい記事6  

政府が3%の賃上げを要請、ただし年収は増えない可能性も (12月11日 THE PAGE ザ・ページ)
政府は来年の春闘において、3%の賃上げを実現するよう経済界に強く求めています。企業側もある程度、応じる姿勢
を見せていますが、賃上げが実現しても実際には年収は増えないとの声も聞こえてきます。給料が上がっても、年収が
増えないというのはどういうことなのでしょうか。安倍首相は10月末に開催された経済財政諮問会議において賃金に
ついて言及、企業側に3%の賃上げを実施するよう強く求めました。中国のような社会主義国家は別として、資本主義
の国において政府トップが企業の賃金に介入するというのは異例の事態ですが、日本では数年前から政府が民間の
賃金に介入するのがごく当たり前の光景となっています。企業側は慎重な姿勢を崩していないものの、ある程度はこの
要請を受け入れる方針と言われます。政府が企業に賃上げを強く求めるのは、言うまでもなくインフレ目標を達成する
ためですが、仮に3%の賃上げが実現したとしても、現実には年収は増えないとの指摘も出ています。その理由は、
働き方改革によって残業代が大幅に抑制されるからです。政府は働き方改革を掲げており、企業に対して長時間残業
を抑制するよう求めており、罰則付きで残業時間の上限規制を導入する方針です。大和総研の試算によると、この
上限規制が導入された場合、日本全体で8兆5000億円の賃金が抑制されるとのことです。これは日本の労働者が受け
取る賃金全体の約3.2%に相当します。仮にこの試算通りになった場合、何もしなくても労働者の年収は3.2%減って
しまいます。ここで3%の賃上げを実施しても、元の水準に戻るだけで現実の年収は増えないという状況になります。
年収を増やすという観点で考えれば3%の賃上げではまだまだ不十分であり、もっと高い水準の賃上げが必要という
話になりますが、企業側が3%以上の賃上げに応じる可能性は低いでしょう。それでも労働者にとっては、残業が
減っても年収が減らないのは良いことといえます。年収が維持されるのであれば、残業の抑制で余った時間を余暇へ
の消費に使うという選択肢が生まれてきます。ただ、この政策によってインフレ目標が達成できるかどうかはなかなか
難しいところでしょう。賃金をめぐる政府と経済界の綱引きは当分続きそうです。

左傾化する米ミレニアル、資本主義の捉え方に変化
社会意識の高い若者、将来への不安が背景に (12月8日 WSJ ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
ミレニアル世代を対象にした世論調査を17年間手がけてきたジョン・デラ・ボルプ氏は今秋、ノースカロライナ州にある
イーロン大学の真新しいセンターで約150人の学生の前に登壇した。ハーバード大学公共政策大学院の政治研究所(IOP)
で同氏が2016年に行った調査では、回答した若者の42%が資本主義に賛成すると答えた。ただ、自らを資本主義者だと
考える若者は19%にとどまった。同氏が新たに設けた質問だったが、資本主義を受け入れる若者の比率の低さに驚いた。
イーロン大学を訪ねた目的の一つはその訳を理解することだった。「おそらく『アメリカンドリーム』に関係していたと
思う。資本主義がそれとどう結びついていたかに。でも多くの若者はもうそれを信じていない」とイベントに参加していた
3年生のアナ・ガルシアさんは語った。「私たちは資本主義を信用しない。私たち自身がうまく行っていると思えないから」
1980年代~1990年代に生まれたミレニアル世代のこうした変化により、東西冷戦の連想からかつてはタブー視された社会
主義が、他の世代に比べて特に若年層で支持されている。1年生のグレース・マグネスさんは身をもって変化を感じたと
いう。彼女の曽祖父は、20世紀初頭に社会党から5度も米大統領選に立候補した労働運動活動家にちなんでユージン・デブス
と名づけられた。「曽祖父は大人になるとこの名前を恥ずかしく思い、決してフルネームで自己紹介しなかった」だが
彼女にとって「社会主義はそれほど不気味ではない」という。むしろ「資本主義のほうが腐敗する可能性が高いと思える」
若年層はその上の世代よりも左傾化していると見られることが多い。ミレニアル世代が左寄りの考えを持つのは、将来
に対する不安が根底にあるとデラ・ボルプ氏は指摘する。5日公表されたハーバード大の最新調査では、回答者の67%
が国の進む方向性について期待よりも懸念を抱いていると答えた。今秋18~29歳の2037人を対象に面接調査を行った。
「こうした若者が何かでまとまるとしたら、それは不安感だ」とデラ・ボルプ氏は言う。経済チャンスが限定的で、
社会全体の格差が広がっているという感覚が彼らの不安をかき立てるからだ。2016年の調査でもう一つ分かったのは、
ミレニアル世代が親世代に比べて宗教心が乏しく、制度への信頼を失っていることだ。これは2008年以降の深刻な
リセッション(景気後退)で失われた自信について調べた他の調査結果とも一致している。「新たに有権者の仲間入り
を果たすグループは一概に、彼らの成長期に顕著だった傾向に大きく左右される」と民主党の世論調査専門家を長年
務めるセリンダ・レイク氏は指摘。「従ってこのグループは軍や政府などの制度に対して皮肉っぽい態度を取る」
共和党の世論調査専門家でミレニアル世代についての著書があるクリステン・ソルティス・アンダーソン氏によると「最
年長のミレニアル世代が最も左傾化している」という。「成人し、大学を卒業し、職探しをしたのが金融危機の時期だから、
自由市場は何をしてくれたのかと問いかけるだろう。市場が悪い、政府が悪いという分かりやすい主張が響くはずだ」
ハーバード大の調査は18~29歳の約1000人を対象に2001年から毎年行われてきた。規模は次第に大きくなり、16年春の
調査では3200人近くに達した。
政府の役割求める
一方でミレニアル世代の回答者は、自分たちの将来を良くするために政府がより大きな役割を果たすべきだと答えた。足元
では堅調に推移する米経済だが、成長に拍車をかけるために減税が有効だと考える若者は、2016年のハーバード大の調査
で2年間に7ポイント低下した。これは税制改革案の実現に近づく共和党にとって不吉な兆候だ。ハーバード大の5日公表の
最新調査では、67%がドナルド・トランプ米大統領の進める税制見直しに反対すると答えた。やはり5日に公表された
キニピアック大学の調査でも、ミレニアル世代(ここでは18~34歳と定義)の78%が共和党の税制改革で主に恩恵を
受けるのは富裕層だと答えた。「ミレニアル主導で非常に重大な政治運動が今まさに起きようとしている」。
デラ・ボルプ氏はこう指摘する。「この世代はトリクルダウンの経済効果を信じていない」
民主党は来年の中間選挙や2020年の大統領選挙にこの傾向を生かすチャンスがあると思われる。だがデラ・ボルプ氏は
「こうした有権者が民主党を支持するのは当然だと思うべきでない」と述べた。「この世代に力を注ぐ時間がまだ1年ある。
仮に18年の選挙で失敗すれば、20年には別の勢力が取って代わるだろう」(後略)

アメリカの富裕層と労働者の格差2009_2016賃金の推移

日本では1990年以降、就業者1人当たりの実質労働生産性の伸びはごく僅かなので、
賃金が上昇しないのも当然だといえるかもしれませんが、アメリカでは生産性が
向上し続けています。それなのに、一般労働者の賃金はそれほど上昇していません。
一方で、アメリカの富裕層はますます富を蓄積しています。どうして、こうなった?
断言はできませんが、幅広い意味でのIT(金融サービスのIT化等)がひとつの原因
になっていると思われます。IT産業の場合、巨額の利益を生みだす企業であっても、
かつての製造業のようには多くの雇用を生み出しません。
最近あまり聞かなくなった「三本の矢」。実は、一本目の矢(大胆な金融政策)を
完遂させたばかりで、安倍政権は、これから本格的に二本目の矢(機動的な財政
政策)に乗り出そうとしているのかもしれません。再分配政策も成長戦略の一つ
であると主張することもできるでしょう。しかし、再分配には恒久財源が必要です
から、増税しなければ財政を悪化させます。消費税の増税により、成長戦略は
頓挫するかもしれません。迷走気味の安倍政権ですが、野党はさらに迷走して
います。いや、瞑想しているのでしょうか??野党が何を主張しているのかさえ、
よく分かりません。実際のところ、日本が再び元気を取り戻すよい方法はあるの
でしょうか?そのためには、日本全体を牽引してくれるような新しい産業が必要
です。この20年で、生活を変えたもののほとんどはIT関連ですが、この分野で、
日本企業は苦戦しています。しかし、たとえITで日本が成功しても、アメリカと
同様、賃金の上昇にはつながらず、格差をさらに広げてしまうだけなのでは???
グローバル化とIT化が進む社会においては、市場原理だけに任せていても、社会は
よくなりません。政府は無理をしてでも、再分配政策を拡充させていくしかないの
かもしれません。財政破綻ですべてがリセットされる日まで・・・
資本主義は、本質的にリセットを必要とする制度なのかもしれません。これまでの
リセットは革命か戦争でした。可能性としては、パンデミックや世界的大災害など
も想定されます。それらに比べれば、大国の財政破綻は穏やかなものでしょう。




スポンサーサイト

2017_12_13


06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

確率として存在するどの未来を
あなたが体験するかは
あなた次第。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top