地震があるところではいつか大きな地震がくる


7月1日2日の地震地震で官邸に連絡室 (7月2日 時事ドットコム)
政府は、1日深夜に北海道で発生した地震と2日未明に
熊本県で起きた地震を受け、首相官邸危機管理センター
に情報連絡室を設置した。




日本付近の地震分布図

日本列島にかかるプレートの力日本列島の誕生に新説 フィリピン海プレートが関与か(6月30日 朝日新聞デジタル)
300万年前から、海底の隆起などで日本列島が形作られた地殻の変動は、フィリピン
海プレートが大きく関わったとする新たな説を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)
が29日、発表した。内陸型地震の仕組み解明などにつながるという。これまで本州は、
日本列島の東側にある太平洋プレートが、年に約10センチずつ西に移動して、日本
海溝で陸側のプレートの下に沈み込む際の力に押され、東西に圧縮されて形成された
と考えられていた。産総研の高橋雅紀研究主幹(地質学)は、太平洋プレートと、日本
列島の南側にあり、年3~4センチ北西に動くフィリピン海プレートの移動量のずれに
着目。模型を使ってプレートの動きを調べた結果、二つのプレートのずれを埋めるため、
日本海溝が年1~2センチずつ陸側に動いていると見られることがわかった。この影響
で、東西の固い地殻によって関東甲信越―東北周辺が圧縮され、山が形成されたり、
内陸型地震につながったりしていると考えられるという。高橋さんは今後、この新説を
もとにして、中越地震や北海道南西沖地震など日本海側で発生した地震や地殻変動の
解明につなげたいとしている。

琉球海溝南部におけるプレート境界断層とプレート境界で発生する低周波地震を観測
(2016年7月22日 JAMSTEC 海洋研究開発機構)
繰り返し巨大津波が発生する琉球海溝の構造が、観測で明らかになりました。今回紹介
するのは、こちらの研究です。
〝琉球海溝南部におけるプレート境界断層とプレート境界で発生する低周波地震を観測
               ―巨大津波発生域の沈み込み構造を特定―〟
プレート境界発生地震のメカニズム(中略)
琉球海溝南部は固着が弱い領域が広く占める
のですね。そもそも、固着の度合いは、何に
よって決まるのでしょうか。

固着の度合いを決める要因は様々ですが、
最も大きなスケールでは地球規模の力学が
琉球海溝発生地震のメカニズム関係します。南海トラフでは、海溝に向か
ってフィリピン海プレートが押すように沈み
込むため、固着が強いと考えられます。
それに対して琉球海溝では、フィリピン海
プレートの沈み込む角度が急になっていま
す。そうすると上盤のユーラシアプレート
には、引き伸ばされるように水平方向に広
がる力が働きます(左図)。実際に、琉球
海溝の北西側には沖縄トラフと呼ばれる
引っ張りの力で凹んだ地形が発達していま
す。こうして琉球海溝では、押し合う力より
も引き伸ばされる力の方が大きく、固着が
弱くなっている可能性が考えられます。
たとえば、プレート境界の海底下15-18㎞
の領域に注目したとき、琉球海溝では水の存在が確認されましたが、南海トラフの強く固着している領域ではこうした
水の証拠は確認されていません。水の通る隙間もないほど強く固着しているのかもしれません。(後略)

6月25日には長野県南部を震源地とする地震が発生し、王滝村と木曽町で震度5強
を観測したばかりですが、今回は、北海道と熊本で震度5弱の地震です。6月30日
には宮古島北西沖でM5.0の地震が発生しており、北から南まで日本は地震だらけ。
北海道での浅めの地震は日本海側に多いのですが、内陸を震源とする強い地震は
比較的珍しいのではないでしょうか。一方、阿蘇の地震は、昨年4月の熊本地震の
余震だと思われます。過去の地震分布図を見ると、熊本ではM5クラスの浅めの地震
が何回も起きていたことが分かります。似た傾向のある鳥取県でも、熊本地震のあと
に大きな地震がありました。長野県南西部では、1979年に御嶽山が噴火したあと、
1984年に長野県西部地震がありました。2014年に御嶽山が噴火した(大きな
被害が出ました)ので、この付近での地震が危惧されていました。今回の地震は、
長野県西部地震の震央から約5キロの場所で発生しています。地震があるところでは
何回かに1回は大きな地震がくる。大きな地震があるところでは、何回かに1回、巨大
地震がくると覚悟しておいたほうがいいと思います。と、言いますのも、日本の地震の
エネルギーは尽きることがないように思えるからです。仮説なのでしょうが、太平洋
プレートだけでなく、フィリピン海プレートの影響によって、日本列島は東から押され
ているようです。一方、琉球海溝では(今回の研究は琉球海溝南部だけの結果ですが)、
陸側プレートはフィリピン海プレートに引っ張られているのです。つまり、西側からは、
フィリピン海プレートに引きこまれているのです。日本列島は押しつぶされている!
ですから、「こんなに大きな地震が起きたのだから、もう大丈夫だろう」ということは
なりません。「壊れて弱くなった部分にさらに強い力がかかって、大崩壊を起こす」と
考えるべきなのです。





スポンサーサイト

2017_07_02


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top