新聞読者別支持率からみえてくる安倍政権延命法

category: 新しい記事5  

新聞読者別安倍支持率東京新聞読者の安倍政権支持率は「5%」、
対する産経新聞読者では「86%」― 都内世論調査番外編
 
(6月20日 Yahoo!ニュース)
(前略)特徴的なのは産経新聞と東京新聞だ。産経新聞読者
のなかでの政権支持率は86%に達した一方で、東京新聞読者
ではわずか5%と極端な差が表れている。不支持率は産経新聞
読者が6%なのに対して、東京新聞読者は77%と、そのまま
支持率を裏返した結果となった。 朝日新聞、毎日新聞の読者
も政権支持率はそれぞれ14%と9%にとどまり、かなり低い。
安倍首相が国会答弁で「熟読」を求めたことで話題になった
読売新聞の読者層では、政権支持率は43%と、不支持率29%
新聞読者別小池支持率を上回っている。 また、唯一の経済紙である日本経済新聞
では、支持率が41%なのに対して不支持率は38%と拮抗した。
全体の傾向として、各社の社説や右・左といった報道姿勢の
「立ち位置」と、政権支持率の傾向とがかなり一致している
と言える。対照的なのが小池知事の支持動向だ。産経新聞
を除く全ての社の読者層で、支持が不支持を上回った。
継続的に公開してきた都内世論調査でも、各政党支持層
から幅広く支持を得てきた傾向を指摘しているが、
「新聞読者層」という切り口でも同様の傾向が見える。

それでも"政権擁護"に徹する読売の無理筋
日経でさえ「強引すぎる」と批判
 (6月20日 PRESIDENT Online プレジデントオンライン)
読売社説は論理のすり替えだ
「通常国会閉幕 疑惑追及だけではもの足りない」。6月19日付読売新聞の社説の見出しだ。冒頭が「重要な法律の成立
では成果があったが、疑惑の追及ばかりが目立ったのは物足りなかった」である。やはり読売社説はどこか変だ。1強独裁
の安倍晋三首相が力ずくで「共謀罪法」案の採決を強行したところに民主主義の根幹の問題があるのに、それを棚に上げて
「物足りない」国会だという。論理のすり替えではないか。対する朝日新聞は16日付の社説で共謀罪法の成立を「国会の
歴史に重大な汚点を残しての制定である」と鋭く批判し、18日付で大きな1本社説を組み「国会の議論が空洞化してしまっ
ている」と指摘する。新聞ジャーナリズムには、反骨精神を持って権力を監視する役目がある。それがどうだろうか。
読売は安倍政権擁護の御用新聞に成り下がっている。新聞ジャーナリズムの大きな危機である。
日経でさえ「あまりに強引すぎる」と批判
さて今回は18日に閉幕した国会について各新聞の社説を見ていこう。興味深いのが16日付の日経新聞の社説だ。
「最後は多数決で決めるのが国会のルールには違いない」と書き出し、「しかし与党の都合で法案審議の手続きを一部
省略し、早期成立にこだわるような手法はあまりに強引すぎる」と手厳しく批判する。
保守的で企業や財界よりの日経が社説でここまで書く。それゆえおもしろいのである。
日経社説は「過去にも委員会採決を経ずに衆参の本会議で採決をした例はある。だがそれは野党が委員長ポストを
握っていたり、各党が個々の議員に本会議採決での賛否を委ねたりするケースだった。与党が議事運営の主導権を
確保していながら、審議の手続きを省略したのはどう考えてもおかしい」と今回の自民党の参院法務委員会での採決
を省略する「中間報告」という手続きを使い、参院本会議で採決して共謀罪法を成立させた経緯のおかしさを明らかに
している。社説の最後は「政府は今後も閉会中審査などに応じ、さまざまな疑問に丁寧に答えていく必要がある」と
締めくくっているが、全くその通りである。(後略)

新聞購読者経年変化 左右両極端である東京・産経新聞とは
いえ、これほど、安倍内閣支持率に
差があるのは驚きです。都民の多くが
自分(家族?)の政治思想に合った新聞
を選んでいるようです。一方、多くの
地方では、地方紙のほうが主流で、
メジャー地方紙が県内独占といっても
いい状態なので、地方の新聞購読者は、
政治傾向で新聞を選ぶことはできません。
最近、20代30代を中心に新聞購読者は
減り続けており、新聞は既に時代遅れの
媒体だとの意見もあります。実際、全国紙の購読者は減少の一途を辿っているのですが、
地方紙は全国紙に比べればかなり健闘しています。海外や全国のニュースはネットを
見ればいいのですが、地域ニュースはネットには載っていないものが多いので、地方の
人間にとっては地方紙のほうが役に立つのです。また、新聞の折り込みチラシも地方紙
のほうが充実しています。
たいてい、都市部よりも地方のものが先に衰退していくのですが、新聞の場合は逆で、
全国紙の存在意義が問われています。苦戦しているなかでも、最もシェアが高いのは
読売新聞です。御用新聞と批判される読売新聞ではありますが、他の新聞社のホンネ
は、読売新聞を叩いて読者を奪いたいだけです。ただ、読売読者の安倍内閣支持率
から判断すると、ちょっと政権に寄りすぎているような気もします。これは、独自の
憲法改正案を国会で問われて「読売新聞を読んでください」と答えて、読売の宣伝
マンとなった?安倍首相のメシ友であるナベツネ氏の意向でしょうか。
この新聞購読者別世論調査で注目すべきことは、安倍も小池も嫌いという都民は意外に
少なく、安倍嫌いに小池ファンが多いようにみえること。ただ個人的には、安倍さんと
小池さんの政治信条はそれほど変わらないように思います。安倍さんは支持率が落ちて
どうにもならなくなったら、次の総理大臣に小池さんを担ぎあげたらどうでしょう。
「小池さんが国会に戻るまではわたしが総理大臣を続ける」と言えば、延命可能!?



スポンサーサイト

2017_06_22


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top