共謀罪の真の目的は公安の強化?

category: 新しい記事5  

共謀罪NO「共謀罪」異例の採決省略 自民幹部も「やり過ぎだ」
(6月15日 朝日新聞デジタル)
与党が「共謀罪」法を成立させるために国会の基本的な手続きを省いた
ことについて、野党が批判を強めている。安倍政権の強権姿勢のあらわれ
だとして、23日告示の東京都議選でも訴える構えだ。与党側は正当性を
主張するが、選挙戦への波及を懸念する声も出ている。与党は15日未明
の衆院本会議で野党4党が提出した安倍内閣不信任決議案を否決。その後
の参院本会議で、法案を付託した委員会採決を省略する「中間報告」を
用いて同法を成立させた。中間報告は、同法自体には賛成した日本維新の会も「正当性を欠く奇手」(片山虎之助
共同代表)と指摘する異例の手続きだ。民進の蓮舫代表は15日午後の記者会見で「自分たちに都合の悪いことは
先送りし、都合良く通したい法案は数の力で立法府の立場を踏みにじっても通していく強行政治であることが明らかに
なった」と指摘。「国政と都政は違うが、この問題は(都議選で)高らかに訴えていきたい」と語気を強めた。
共産の穀田恵二国会対策委員長は「委員会審議を事実上封殺した暴挙で、許しがたい」と批判。「国会を閉じれば逃げ
切れると思っているかも知れないが、そうじゃない」と述べた。自由の玉城デニー幹事長は「法は問題だらけ。国会外
で声を上げ、廃止を目指す」。社民の照屋寛徳国対委員長も「市民運動を巻き起こしていく」と述べた。一方、自民の
二階俊博幹事長は「(中間報告は)国会のルールで認められている。強行でも何でもない」と記者団に強調。公明の
漆原良夫・中央幹事会会長は会見で「(野党が)廃案路線でぶつかってきた。東京五輪で(テロから)首都を守り抜く
姿勢を示すにはこの方法しかなかった」と語った。ただ、自民幹部は「普通にやれば済むことで、やり過ぎだ」と指摘。
与党が多数を握る委員会で採決したうえで、本会議で可決して成立させるべきだったとの認識を示した。公明議員から
も「(強硬姿勢が際立って)よけいに傷つく」との声が漏れた。(後略)

大坂正明容疑者46年逃亡の大坂容疑者?逮捕 「公安警察」の仕事とは?
(6月4日 THE PAGE ザ・ページ)
46年前の「渋谷暴動事件」で指名手配中の中核派活動家、大坂正明容疑者とみられる男が
先月逮捕されました。この逮捕で重要な役割を果たしたのが、いわゆる「公安警察」です。
この男は近く殺人容疑で再逮捕され、東京に移送されて警視庁公安部の取り調べが始まる
と報じられています。公安警察とはどのような組織で、どんな仕事をしているのでしょうか。
どんな組織で職務なの?                          (中略)
公安警察の組織は、公開情報によれば、最大組織の警視庁公安部を始め、各道府県警、
所轄署に至るまで、規模こそ異なれ、同様の職務を担当する機能が備えられています。
その職務とは、極左暴力集団や右翼団体の捜査(公安課、係)と、外国政府による対日
工作等を阻止するための捜査(外事課・係)、国際テロ関連の捜査などです。
公安警察には、容疑者の逮捕を最重要課題とする法執行機関という側面と、対象の組織を最終的には壊滅に追い込むことを
目標に掲げ、その関連情報の入手に努めるという、いわゆる情報機関としての性格も持っていると考えられます。警察の
情報収集活動はあくまで捜査のためという枠組みの中でのことといわれますが、最大の組織力を擁する警察の情報収集能力
には定評があるといわれています。しかし、一般論で言えば、米国や欧州などの先進国では、法執行機関(強制捜査権を
持つ)の機能と、情報機関としての機能を明確に分けていますので、日本の例はむしろ特殊な部類に属するかもしれません。
公安警察の職務の中でも、主に外事課が担当する敵対国によるスパイ活動を阻止するための捜査は注目に値します。
スパイ摘発という一見スリルのある捜査は、一般人の目にはまるで映画や小説のように映るかもしれませんが、スパイの
証拠をつかみ、関係者の逮捕にまで漕ぎつけるためには、長期にわたって内偵を続け、他人には口外できない苦しい戦いが
あるはずです。すなわち、相手の外国人は、それぞれの母国で長年諜報員としての訓練を受けたプロ中のプロだからです。
公安調査庁にも防諜(カウンター・インテリジェンス)を行う部署は存在しますが、マンパワーの問題から、公安警察の
ように人員を動員して外国のスパイ活動をあぶりだすという作業には自ずと限界があります。スパイ天国と言われて久しい
我が国ですが、現在国会で審議されている組織犯罪処罰法改正案(共謀罪の成立要件を改め「テロ等準備罪」を新設する)
を含め、スパイやテロを取り締まる法律をいつまでも持てないのであれば、危険な敵対国やテロリストにとってこれほど
安心して活動できる国はほかにないでしょう。公安警察の負担軽減も少しは考える時期にきているのではないでしょうか。

政府の説明を聞いても、それほど差し迫った必要性を感じない共謀罪法案ですが、
強引な手法を用いてまでも性急に法案を通そうとする理由は何なのでしょうか。
この法案を通したい真の隠された理由があるのではないかと疑ってしまいます。
いわゆる共謀罪では、起きてもいない犯罪を捜査するわけですから、「怪しい」
「危険だ」と警察が認識した集団を日常的に監視する必要があります。でなければ、
起きていない犯罪を取り締まれるはずがありません。そうでなくても忙しい警察に
そんなことができるのでしょうか。これは、一般の警察ではなく公安の仕事でしょう。
公安としては、監視対象に何か疑わしい点がみつかれば、監視対象を共謀罪の捜査
対象に格上げすることができるようになるでしょう。公安警察には、公安調査庁
(法務省)、警察庁警備局、都道府県警察にある公安担当部署の3つがあります。
そのなかでも、公安の実働部隊は警視庁公安部です。ちなみに、警察庁は国の組織、
警視庁は東京都の組織です。神奈川県なら神奈川県警ですが、東京都は東京都警
ではなく警視庁。公安の監視対象は、共産党、極左、右翼、外国人スパイなど。
オウム真理教残党は勿論、監視対象ですが、安保法案に反対したSEALDsも対象に
なっていました。今回逮捕された大坂正明容疑者は、46年前の渋谷暴動事件での
指名手配犯です。これまで何人の公安警察官がこの事件を担当したのか知りません
が、半世紀近くにわたって容疑者を追い続けたわけですから、容疑者にたどりつく
ことなく、関係していた多くの公安警察官が退職を迎えたということになります。
これは根気のいる仕事です。これまでは、内通者をつくって情報を漏らしてもらう
ことが主体だったと思いますが、これからは、映像やメール、音声データなど、
膨大なビッグデータから犯人の痕跡を見つけるなど、最新のITを用いた手法が
重要になってくるでしょう。つまり、共謀罪で犯罪集団の捜査をするということは、
一般市民のデータを集めるということになりますね。



スポンサーサイト

2017_06_16


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top