自治体の婚活支援事業って、必要?

category: 新しい記事4  

成婚数の多い自治体47都道府県 婚活作戦 7000組縁結び 少子化・人口減に危機感
(5月21日 TOKYO Web 東京新聞)
独身男女の出会いの場づくりやマッチングといった結婚を支援する事業について
四十七都道府県に尋ねたところ、延べ約六十万人が参加し、少なくとも七千七百
四十九組が結婚したことが二十日、共同通信の調査で分かった。少子化や人口減
への危機感が高まる中、大半が二〇〇〇年以降に取り組みを開始。自治体事業の
安心感や民間の結婚相談所などと比べて安い費用が支持された。四十七都道府県
すべてが一七年度に事業を実施、予算は計二十三億五千万円で、三十一府県が
実施した一二年度の計三億四千万円の約七倍と急増。今後は成婚数の増加に結び
付く事業をどう展開していくかが課題だ。調査は四月に四十七都道府県を対象に
実施。自治体を支援する国の「地域少子化対策重点推進交付金」制度が創設される前年の一二年度と一七年度の
予算額や現在の支援内容などを聞いた。一七年度は大部分が国の交付金を利用すると回答し、計十億四千万円の
受給を見込む。成婚数が多いのは比較的早くから取り組んできた茨城(千七百七十五組)や兵庫(千三百一組)、
愛媛(七百八十九組)、長野(七百六十一組)、石川(六百四十四組)。専門家は成婚数について一定の評価
ができると指摘。都道府県の把握分だけを集計しているため、実際はもっと多い可能性がある。事業内容は
「講義・セミナー、子育て体験会などの開催」が最も多く、「結婚支援イベントなど出会いの場づくり」「結婚
支援センターの設置」「独身男女のマッチング」が続いた。実施理由は「少子化克服」(秋田)や「結婚を希望
しても出会いに恵まれない男女の交際のきっかけとするため」(岡山)との回答が多かった。全都道府県が
事業は効果が「ある」か「ある程度ある」と回答。主な理由は「安全・安心・低予算で利用できる」(和歌山)、
「社会全体の結婚応援機運が高まる」(奈良)だった。
自治体が事業を継続するには「国の交付金等の安定した財源の確保が必要」(愛知)といった意見もあった。

男余りマップ茨城県が1位!「ニッポン男余り現象」の正体
47都道府県「男余りランキング」一挙公開

(2016年11月23日 東洋経済オンライン)
男性の生涯未婚率が23.4%、女性は14.1%
(配偶関係不詳を除く)――。
これは、10月末に発表された2015年の国勢
調査確定値で明らかになった事実です。5年前
の前回調査(男が20.1%、女が10.7%)と
比較すると、男女ともに3%以上も上昇して
おり、過去最高です。年代別に未婚率を見て
みると、30代男性の未婚率だけ減少していま
す。特に35~39歳では、前回調査と比較して
0.6ポイントも下がっています。しかし、20代
と40代では男女ともに未婚率が相変わらず増え
続けており、特に45歳以上の増加が顕著です。
しかも、女性の場合は、20代~40代のすべて
の年代での上昇幅が男性よりも大きいのです。
つまり、20代のうちは、より結婚をしなくなる
「晩婚化」が進行し、40代過ぎると今度は、もう結婚を諦めるという「非婚化」の方向にシフトしているといえます。
男性の生涯未婚率はナゼ女性の2倍も?
ところで、男性の生涯未婚率はなぜ女性の2倍もあるのだと思いますか?結婚は男女のマッチングです。有配偶人口
は基本的に男女同数ですから、未婚人口もほぼ男女同数のはずだと思っていませんか?
それは大きな間違いです。未婚の男が余っているんです。それも相当な数。
そもそも、男子の出生率の方が高いのは、皆さんがご存知の通りです。そして、2015年の国際連合の推計によれば、
世界の人口約73億人のうち、男性が50.4%、女性が49.6%で、ほぼ1%程度、実数にすると6000万人ほど男の人口
の方が多いということになります。ただ、日本の場合は、総人口1億2709万人に対して、男性6184万人、女性6525
万人(2015年の国勢調査)となり、実は女性の方が多いのです。これは、女性の出生数が多いためではなく、女性
の方が長生きだからです。では、これを未婚者だけに限定して比較してみると、どうなるでしょうか。同じく2015
年の国勢調査では、15歳以上の未婚男性と未婚女性の差分を見ると、なんと341万人も男が多いことがわかります。
20~50代に限っても約300万人も未婚男性が余っていて、婚活対象年代の中心となる20~30代に限定しても、
145万人も多いんです。つまり、未婚女性が全て結婚したとしても、300万人の男には相手がいないということに
なります。このご時世、女性も全員は結婚しないわけですから、実際はもっと未婚男性が溢れてしまう計算になり
ます。結婚したくて頑張って婚活しても、男性には相手がいないのです。この事実を知っている人は多くありません。
「男余り現象」は今に始まったことではない
この傾向は、今に始まったことではありません。生涯未婚率が急上昇し始める直前の、1985年でも約282万人の男
が余っています。しかも、戦前の1935年(昭和10年)の時点でもすでに未婚男女の差分は200万人を突破していま
した。途中、戦争によりこの差分は減少しましたが、慢性的な「男余り」の状態はずっと変わりません。
この原因は、いったい何でしょうか?1つには、再婚の際のマッチングに男女差があることが挙げられます。離婚
して再婚する際に、男性が初婚の女性を選ぶ傾向が強いからです。最近は、再婚同士の婚姻も増えてはいますが、
それでも再婚男と初婚女のマッチングが多いことには変わりません。バツあり女性が初婚男とマッチングする例は
まだまだ少ない状態です。つまり、これは「時間差一夫多妻制」のようなものです。結婚する男は何度でも結婚し、
そのたびに未婚女性を奪取していく。その陰に隠れて、生涯未婚のままの男たちは増え続けているのです。
この男余り現象は、都道府県別に差があるのでしょうか?47都道府県の年代別未婚男女の人口から、男女の
差分を計算し、それを年代別の男性総数を分母として「男性全体の中での未婚男性余り率」を出しました。
その結果、なんと47都道府県のすべてが男余り状態でした。20~30代だけを抽出してもそれは同じです。
その中でも、未婚男性が余っている率が高い県のランキングを発表します。(図省略)
「男余り」ランキング第1位は茨城県!
1位は茨城県の17.1%。2位は栃木県と福島県が同率で17.0%、4位が群馬県の16.0%と続きます(小数点2位以下
切り捨て。以下同じ)。一方、男余り率が低い県はというと、1位は鹿児島県の1.0%。2位は福岡県の2.9%。
3位は奈良県の3.3%と、男余り状態ではあるものの、そこまで顕著ではありません。
こうして見ると、男余り現象は、なぜか西日本より東日本の方に偏っています。特に関東地方は未婚男性が余り
まくっています。一方で、九州地方は、全体的に男余りはそこまで深刻ではありません。そして、東京は、当然
ながら未婚男性の絶対数が多いのですが、率にするとそれほど高くはありません。(後略)

男余り率一位の茨城県が、婚活支援事業の成婚数一位。これは、男余り率が
一位だから、公的機関が積極的に婚活事業を行わなければ未婚率が上がって
しまう、と茨城県庁が考えてきたことの現れなのでしょうか???
地方自治体など公的機関が行う婚活支援について、「公的な支援に取り組む
必要はない」という意見が意外に少ないことから、それなりに施策として評価
されているようです。多くの自治体がこのような事業を行う背景には、少子化
の進行があります。婚外子が非常に少ない日本において、出生率低下の主な
原因は、未婚化・晩婚化の進行によるものであると指摘されていますので、
独身者の結婚を促すことが少子化対策のひとつになることは間違いありません。
では、これが有効な少子化対策かといえば、大いに疑問です。自治体が婚活を
支援したくらいで、少子化の進行が止まることはありませんし、本当に効果が
あると言えるのかさえ疑問です。出会いを結婚に結びつけられる人ばかりでは
ありませんし、結婚したからといって子供を産むとは限りませんので、効果の
見えにくい事業といえるでしょう。そんなことより、不妊治療の無料化のほう
が、施策と効果の関係は明瞭です。また、未婚者(男性)からは、「出会いが
ないんじゃなくて、家族を養う金がないんだ」という声が聞こえてきそうです。
ありきたりな意見だけでは面白くないので、全くの別の視点から・・・
二番目の引用記事には、「結婚する男は何度でも結婚し、そのたびに未婚女性
を奪取していく。その陰に隠れて、生涯未婚のままの男たちは増え続けている」
と書かれていますが、それでいいのではないでしょうか?
「自力でパートナーを見つけられない男性にはそもそもバイタリティがないの
だから、結婚できなくて当然だし、そのような男性の遺伝子は残す必要もない。
生命力のない男性に子孫がいないのは自然の摂理なのではないでしょうか?
婚活支援なんて余計なお世話です。ましてや行政が口を挟むことではない!」
と、一独身男性である私は思った次第です。
「男余り」は、女性が結婚相手を選ぶチャンスを増やすことにつながるので、
良いことなんです!




スポンサーサイト

2017_05_25


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top