皇室に詳しい専門家の意見は国民の意識と乖離している

category: 新しい記事4  

天皇と国民の距離陛下:退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」
(5月21日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に
保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たこと
に、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満
を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を
通じて首相官邸に伝えられた。陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位
を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと
思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、制度化を実現
するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも
話していて、政府方針に不満を示したという。宮内庁関係者は「陛下はやる
せない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と
話す。ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川
祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、
「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考える
のはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を
軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの主張を
展開した。陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。
陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、皇后さまとともに試行錯誤し
ながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと
位置づけた。陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。
宮内庁幹部は陛下の不満を当然だとしたうえで、「陛下は抽象的に祈っているのではない。一人一人の国民と向き
合っていることが、国民の安寧と平穏を祈ることの血肉となっている。この作業がなければ空虚な祈りでしかない」
と説明する。陛下が、昨年8月に退位の意向がにじむおことばを表明したのは、憲法に規定された象徴天皇の意味を
深く考え抜いた結果だ。被災地訪問など日々の公務と祈りによって、国民の理解と共感を新たにし続けなければ、
天皇であり続けることはできないという強い思いがある。

天皇退位、特例法案を閣議決定 今国会成立へ (5月19日 日経電子版)
政府は19日の閣議で天皇陛下の退位を実現する特例法案を決定した。陛下の一代限りの退位を認める。閣議決定前に
与野党で合意形成しており、来週審議入りした後、大きな異論なく今国会で成立する見通し。2018年中の退位に向けた
法整備が進む。審議と並行して与野党がまとめる付帯決議で、皇位の安定継承策を巡る文言をどう記述するかが焦点と
なる。法案名は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」とし「天皇陛下」は用いず「天皇」とした。与党は与野党の
事前協議で陛下一代限りの退位を強調するため「天皇陛下」を使うよう主張したが、将来の先例にするため「天皇」に
するよう求める野党に配慮した。皇室典範の付則に「特例法は典範と一体」との規定を新設する規定を入れた。退位に
至る事情も書き込んだ。陛下が公務などの継続が困難となることを「深く案じておられる」と指摘。「国民は陛下の
お気持ちを理解し、共感している」と記した。一方、16年8月に陛下が退位の意向をにじませたビデオメッセージに
よる「お言葉」には触れなかった。陛下の意思で政府が法整備に動いたと受け取られ、憲法が禁じる天皇の政治的行為
に抵触するのを避けた。退位の時期は法律の公布日から3年を超えない範囲で政令で定める。その際、三権の長や皇族
らでつくる皇室会議を開き、首相が意見を聞く規定も明記した。天皇の恣意的・強制的な退位を防ぐ。与野党は週明け
に開く衆院の議院運営委員会で実質審議入りする予定。衆院通過した後、参院は特別委員会で審議し、今国会の成立
をめざす。菅義偉官房長官は19日の閣議後の記者会見で「速やかな法案の成立を期したい」と述べた。衆院議運委や
参院特別委はそれぞれ全会派が参加できるようにする。丁寧な審議を印象づける。与野党は法案審議と並行し、皇位
の安定継承を政府に促す付帯決議の文言調整を進める。女性皇族が結婚後も皇室にとどまる女性宮家の創設などの
具体策を書き込むかや、政府の検討期間を明記するかが焦点となる。秋篠宮家の長女の眞子さまが婚約される予定で、
皇族が1人減る見通しになったことが議論に影響する可能性もある。旧民主党の野田政権は皇族数の減少対策で女性
宮家創設を唱えた。民進党は女性宮家の創設を明記し、特例法の施行から1年をメドに結論を出すよう求める。だが
保守層が支持基盤の自民党は女系・女性天皇の議論につながることを警戒し慎重論が強い。特例法案の成立後は、
政府による新元号の選定や公表手続き、改元の時期などに焦点が移る。

天皇の公務で意義のあるもの距離を縮めるために必要なこと
天皇陛下が国民に寄り添われる姿に、多くの国民が共感していることは意識調査など
で明らかであり、一部専門家の「天皇は祈っているだけでよい」という意見は、国民
の意識と乖離しています。お祈りだけでは、天皇陛下が何をされているのかを国民は
知ることができません。さらに踏み込んで、天皇が自身の思いをもっと多く表明され
ることを望んでいる人も多いのです。今回の退位に関することでもそうなのですが、
天皇自身のお言葉が非常に大切です。もし、天皇陛下のお言葉なしに、政府が突然、
天皇陛下の退位を実現する特例法案を出したとしたら、どうでしょうか?国民には、
政府が天皇陛下のお気持ちに配慮して法案を出したのか、政府が陛下の意に反して
退位させようとしているのが分かりません。日本には忖度という昔ながらの習慣が
あります。日本の社会では、忖度できない人間は「村八分」になります。みんなが
忖度するものですから、自分だけが忖度しないと組織のなかで浮いてしまうのです。
日本中に蔓延っている忖度なのですが、忖度には、権力に媚びること以外の問題点
があります。忖度するということは、相手の真の意向を聞いていないということです
から、忖度の内容を相手が本当に望んでいるのかが、忖度する側には分からないの
です。陛下のお気持ちを忖度することは、陛下の意に反する決定をしてしまう危険性
を孕んでいます。それを避けるためにも、国民に向けて、天皇陛下が率直にお気持ち
を表明されることが大切です。今回の退位に関する陛下の発言を多くの国民が好意的
に受け止めています。宮内庁から漏れる話ではなく、天皇陛下が自身のお気持ちを
直接、国民に訴えかけられる場面を増やされることを期待しています。




スポンサーサイト

2017_05_23


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top