五月病を侮るな

category: 新しい記事4  

五月病ってどんな病気五月病を侮るな!不安障害やうつ病に悪化することも
(4月22日 ダイヤモンド・オンライン)
環境変化への不安が高まる5月
一時的にうつ状態を引き起こすこともある

「木の芽どき」や「新緑の季節」と呼ばれるこの季節は、一年を通して
最も気持ちのいい時期だ。気持ちの浮き立つ時期と考える人が多いだろう。
だが木の芽どきには精神状態が不安定になりやすいとの俗説もあるように、
悪い意味で気持ちの浮き立つ時期とも言えるかもしれない。それに加え
就職や進学、企業などでは配置転換もよく行われる時期でもある。まさに
(期待と)不安の時期なのだ。いわゆる「五月病」の季節でもある。
「五月病」とは医学上の正式な病名ではない。環境が変わってしばらく
たった新入社員や新入生を中心に、五月頃になるとやる気が出ない、気分が沈みがちという状態がよくみられることから名付け
られたものだ。新しい生活パターンへの対応、とくに人間関係の変化は想像以上に心身への影響が大きい。多くの人が経験した
ことがあるはずだが、気分が落ち込んだり一時的にうつ状態になってしまうこともある。とはいえ、そのうちに治ってしまう
ことが多いので、うつ状態でも必ずしも病気とは言えない。しかし、落ち込みの程度が重い時や、落ち込みが長引いてしまうと、
人の意欲は奪われて行動にも影響を及ぼす。例えば、気分が落ち込み体調も優れず会社を休んでしまったが、そのことにより
自分を責める、他者の視線も気になり出社しにくくなる、あるいは心身の調子が悪いのに無理して働いているうちに本格的に
体調を崩し精神状態も最悪になる、などの影響だ。症状を深めるように悪循環を引き起こすと、「うつ病」と呼ばれる状態に
なってしまう。病院へ出向けば、うつ病などの「気分障害」か、適応障害などの「不安障害」と診断されることになるだろう。
将来起こり得る危険や苦痛に対する不安が心身を押しつぶす「不安障害」
仕事にも学業にも不安はつきものだが、とくに慣れない環境での不安は「不安障害」を引き起こすことが多い。将来起こる
可能性がある危険や苦痛に対する不安が心身を押しつぶすのだ。不安の原因を除けず対策が取れないと、不安は増大して
しまう。困ったことに、精神状態が良くない場合は不安を特定して対策をとるといったプロセス自体が非常に困難なものに
思えてしまい、後回しになる。その結果不安は払拭できずさらに増大するという悪循環に陥ってしまうのだ。このような
状況では、交感神経、副交感神経といった自律神経系の働きに乱れが生じ眠れなくなっていることが多い。脳内の「興奮を
鎮めるメカニズム」がうまく働かないためだ。不眠による疲労が心身に与える悪影響により、ここにも悪循環への入り口が
開いてしまう。不安障害は抑うつ状態やうつ病と症状は似ているが、原因(ストレスの要因)が比較的はっきりしていると
いう点が異なるとされる。つまり原因を除くことができれば症状も良くなるということだ。だが気分障害(うつ病など)と不安
障害(適応障害など)は共存していることが多いとされるため、完全に切り分けることも難しいようだ。
五月病症候群の予防は「健康への万能薬」
自覚したら早く病院へ

これらを含む可能性がある「五月病症候群」の予防法だが、まず規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度な運動、と
いった健康への万能薬が挙げられる。さらに趣味の時間を確保したり、友人と楽しく過ごしたり、可能なら人に相談する
ことも重要だ。だが五月病を「発症」してしまうような状況では、多忙の中で時間が足りず予防法の実行そのものが難しい
場合も多い。あなたが自分の症状を自覚できたら、あるいは幸いにも誰かが指摘してくれたら、医師に相談するのが結局
は五月病から逃れる早道だろう。その時間すら作りにくい、その気力も湧かない状態かもしれないが、ここだけは無理して
みよう。何らかの病気が疑われるのならあれこれ考えるより、まず病院へ。これはすべての症状にいえることで、周囲の
人々はもちろんあなた自身のためになることだ。

うつ病と認知症を見出す魔法の質問 (4月25日 毎日新聞 医療プレミア)
診断技術が飛躍的に進歩して、がんや動脈硬化のような形のある病気(器質的疾患)はかなり早期から発見できるように
なった。しかし、うつ病や認知症のような精神的な疾患は血液検査やCT、MRIのような画像検査では判別がつきにくい
ので、慣れた医師が丁寧な問診をして総合的に診断しているのが現状である。そのために複数の医師の診断が微妙に
食い違うこともよくある。
やっぱり「定番」!
うつ病では本人が過小に申告すると見逃す可能性があるので、周囲の人の意見を聞くことも重要である。私の男性更年期
外来では妻にも来てもらい、患者である夫の状態を聞いている。私の経験では、妻の意見を参考に治療する方が良いこと
が多い。 うつ病の診断では「最近の2週間以上気持ちが落ち込み、何をしても楽しくないと感じますか?」などの、うつ病
関連のサイトでもよく見かけるおなじみの質問がある。高齢者のうつ病判定におけるこの質問の精度に関し、多くの論文を
検討した研究が中国から発表された(The British Journal of Psychiatry誌オンライン版2017年2月16日号)。これは
「過去1カ月間で、気持ちが落ち込んだり、憂鬱な気分、絶望的な気分になりましたか」「過去1カ月間で、しばしば
小さなことに悩まされたり、何をしても楽しくないと感じたりしますか」という二つの質問の精度を、高齢者のうつ病に
関して調査したものである。133件の研究を調査したところ、4万6651例に16種類のスクリーニング(ふるい分け)法が
使用されていた。 調査対象の二つの質問は六つの研究で使用されていた。本当にうつ病の人のうち、その二つの質問
で正しくうつ病だと診断された人の割合(感度)は91.8%▽うつ病でない人のうち、正しく除外された割合(特異度)は
67.7%--というからかなり信頼性があるようだ。ただ質問がどちらか一つになると、やや診断精度は落ちる。
二つとも従来ある一番簡単で有名な質問なので、専門家なら「やっぱりこの質問が定番だ」と納得できる。(後略)

うつ状態の脳うつの傾向を全く持っていない人間からすると、
「うつは単なる甘え」と思うかもしれません。
しかし、うつの傾向を持っている人間なら、
「うつ」は甘えや怠けとは別モノであることが
理解できるでしょう。ネガティブな傾向の人は、
ポジティブ状態を長くキープしていたとしても、
環境の変化やショッキングな出来事を契機に、
崖から落ちるようにポジティブからネガティブ
へ急降下します。ネガティブになることくらい
誰にでもあることだと思うかもしれませんが、
そのネガティブさが尋常ではないのです。
人生における圧倒的絶望感とでも言えばいいでしょうか。特に、朝起きたときが問題です。
今日一日を普通に過ごすことが絶対不可能であるように思えてきます。思えるというより、
体がそのように訴えているのです。夕方になって、多少調子がよくなってきて油断して
しまうのですが、翌朝になると、どん底の精神状態に戻ります。また、抑うつ傾向の人に
とって、「疲労感」は人生のお友達です。睡眠不足になると「疲労感」は増しますが、
いくら寝ても「疲労感」は解消しません。うつの傾向を全く持っていない人には、いくら
寝ても「疲労感」の抜けない感覚が理解できないかもしれません。何かをすれば疲れる
のですが、何をしようとしまいとその疲れがとれないのです。
しかし、抑うつ傾向の人間だからといって、必ずうつ病になるわけではありません。
よい環境に居さえすれば、うつ病にはなりません。よい環境とは、休養を十分とれる環境、
ストレスの少ない環境、将来への希望が持てる環境などです。そんな理想的な環境、ある
もんかと思われるかもしれませんが、だからこそ、どうすれば苦痛の少ない日常生活を
おくれるかを日頃から考えておかなければなりません。日頃というのは、抑うつ状態では
ないとき、という意味です。一方、うつ状態のときには、何を考えても良い方向に物事は
進みません。うつ状態ではないときの考えに従って行動したほうがいいのです。うつ状態
では、休養と時間が薬です。多くの場合、一週間もすれば、心の晴れ間が見えてくるもの
です。二週間以上、どん底から復帰できないようならば、心療内科や精神科に行ったほう
がよいようです。
        ※今回の内容は、うつ病になってしまった人の治療に役立つものではありません。



スポンサーサイト

2017_04_27


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top