人並みの生活を続けることはとても難しい

category: 新しい記事4  

新卒3年目までの離職率「新卒社員の3割が3年で辞める」はなぜ30年間変わらない
のか
  (4月20日 ダイヤモンド・オンライン)
(前略)厚生労働省が発表している「新規学卒者の離職状況」
によると、新入社員(大卒者)の3割が、入社後3年以内に
最初の会社を辞めている。この状態はバブル時代から変わる
ことなく、1987年以降、「新卒3年目までの離職率」は概ね
25~35%の範囲で推移している。キャリア採用の浸透とともに
転職に対する抵抗感が少なくなったことや、転職手段が増え、
転職自体が容易になったことなどがその理由として考えられる。
その他にも、近年の「ゆとり世代」「さとり世代」と呼ばれる
若者の志向の変化や時代背景など、さまざまな見方がある。
「新卒3年目までの離職率」がバブル時代から現在まで変わら
ないという事実は、入社した企業が構造的な問題を抱えていること、また、採用選考のあり方に問題があることも同時に示している。
なぜこのような採用の「ミスマッチ」が起きてしまうのだろうか。実は3年で3割が辞めると言っても、従業員規模によってその状況
は大きく異なる。厚生労働省が発表した「新規大学卒業就職者の事業所規模別離職状況」(平成25年3月卒)によると、「新卒3年目
までの離職率」は、上記の通りだ。(後略)

普通の生活に必要な支出埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査
(4月17日 朝日新聞デジタル)
埼玉県内で人並みに暮らすには月約50万円の収入が必要で、子供が大学に入る
と支出が急に増え、奨学金がないと成り立たないとする調査結果を、県労働組合
連合会(埼労連)と有識者がまとめた。「賃金の底上げとともに、教育や住宅の
負担を下げる政策が必要」と指摘している。調査は、昼食を食べる場所や日ごろ
の買い物の場所や支出など、日常生活でのお金の使い方を聞く「生活実態調査」
と、生活に必要な持ち物を聞く「持ち物財調査」のアンケートを、昨年1月に
埼労連の組合員など3千人に依頼し、3カ月で597人(有効回答率約20%)
が答えた。その分析で、回答者の7割以上が持つ物を「必需品」とし、それを
持つ生活を「普通の生活」と定義。回答者がよく買い物をしている店などで
実際の価格も調べた。こうした積算で、次の各モデルの結果が出た。
いずれも夫は正社員で妻はパート勤務、車はない設定。
【30代夫婦で小学生と幼稚園児】さいたま市郊外で月5万5千円の賃貸住宅
(2LDK、約43平米)で暮らす
1カ月の生活費は▽食費約10万8千円▽交通・通信費約3万8千円▽教育費約2万7千円などの計約43万円となった。
たとえば洗濯機は約6万円のものを国税庁の決まりをもとに耐用年数を6年として割り算し、月額を836円とするなどして、
家具・家事用品の月額負担は1万8356円と積算した。08年の前回調査と比べ、教育費と教養娯楽費が合計で3万円近く
増えたほか、交通・通信費も1万円余り増えるなど、約6万8千円増えた。この支出のためには、税や社会保険料を加えた
額面で、約50万円の月収(年収約599万円)が必要だ。しかし、厚生労働省の調査によると埼玉県内の30代男性の平均
年収は約411万円と、200万円近い開きがある。
【40代で中学生と小学生】30代より食費と教育費がそれぞれ約1万円増える一方、教養娯楽費は約1万3千円減るなど
した結果、額面の月収は約54万円(年収約647万円)が必要。平均の485万円との差は少し縮まる。
【50代で大学生と高校生】東京の私大に通わせる前提で▽教育費が40代よりも約9万円多い約13万円▽交通・通信費
も同1万1千円多い約5万円と大きく増える。教養娯楽費を30代より1万7千円余り少ない約2万8千円に抑えるが、全体
の支出は約58万円で、税などを加えた額面は約68万円(年収約821万円)と、平均の545万円を276万円上回る。
調査をまとめた静岡県立大学短期大学部の中沢秀一准教授は「妻のパートでは足りず、子供は奨学金を借りる。無償の奨学金
や住宅補助の制度を充実させないと子供の将来はさらに厳しい」と指摘している。

「人並みの収入を得て、人並みの暮らしをする」
簡単なことのように聞こえますが、若年層で、これを最後まで完遂できる人はとても少ない
でしょう。新入社員のなかには、既に、「もうやめたい」と思っている人もいるのではない
でしょうか?昔でも今でも、新卒社員の3割は3年以内に退職します。「3年我慢しろ」
と言う話がありますが、3年勤めて、身も心もボロボロになるくらいなら、早く辞めるのも
一案です。と言いますのも、30年前なら、次の職場も正社員で働くのが当然でした。
しかし、今なら、非正規雇用の道に入る人も少なくないでしょう。退職後に気力が残って
いないと「非正規でいいや」という気持ちになるのではないでしょうか?正社員に登用
される制度のない企業の場合、非正規だと、給料が低いうえに、キャリアアップの可能性
もほとんどありません。若いときに非正規だと、そのまま這い上がれず、一生貧困のまま
で終わる可能性が高いのです。給与体系だけでなく、手当、ボーナス、退職金、福利厚生
など様々な点で、非正規は不利な待遇をずっと受けることになります。さらに、人員整理
のときは非正規からリストラされます。では正社員は安泰かといえば、そんなことはない!
企業は正社員を簡単には解雇できないのですが、経営状態が悪化して正社員を解雇できる
となれば、ここぞとばかりにリストラが敢行されます。大手企業も例外ではありません。
電機業界がよい例です。企業としては、中高年の正社員を追い出して、ピラミッド型の
年齢構成に近づけたいのです。そこそこの給料をもらっている人は、それに見合った支出
を伴う生活をしていることが多いでしょう。そのような人がリストラされて、これまでと
同レベルの給料をもらえる職場を見つけられる可能性は極めて低いのです。このパターン
のほうが、一生貧困よりも辛い人生になるかもしれません。
「普通の収入を得て、普通の暮らしをする」ことがいかに難しいか!これぞ日本社会です。




スポンサーサイト

2017_04_21


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top