学芸員はがん・・・地方創生なんてそもそも無理なのに

category: 新しい記事4  

講演する山本地方創生相「学芸員はがん。連中を一掃しないと」 山本地方創生相(4月16日 朝日新聞デジタル)
山本幸三・地方創生相が16日、大津市内のホテルで開かれた滋賀県主催の地方創生セミナー
で、文化財観光の振興をめぐり見学者への案内方法やイベント活用が十分でないことを指摘し、
「一番がんなのは学芸員。普通の観光マインドが全くない。この連中を一掃しないと」と発言
した。学芸員は博物館法で定められた専門職員で、資料の収集や保管、展示、調査研究など
を担う。今回の発言はセミナーでの講演後、滋賀県長浜市の藤井勇治市長から「インバウンド
観光振興について助言を」と質問された際にあった。外国の有名博物館が改装した際のことを
引き合いに出し、「学芸員が抵抗したが全員クビにして大改装が実現した結果、大成功した」
などとも述べた。セミナー後の記者会見で、山本地方創生相は「新しいアイデアに、学芸員は
『文化財だから』と全部反対する。学芸員だけの文化財ではない。『一掃』は言い過ぎたが、
観光マインドを持って観光客に説明することを理解してもらわないと困る」と釈明した。山本
地方創生相は、衆院福岡10区選出で当選7回。一方、愛知県内の美術館に勤務する学芸員は、
美術館も博物館も、どうしたら来館してもらえるかを真剣に考えている学芸員は多いと反論する。
「政府の経済至上の発言を聞くと、集客の少ない小規模館は切り捨てられるのではないかと不安になる」と話した。

ゆるキャラは地方創生に役立っているのか「目的」と「目標」が乖離してしまう残念な地方創生
(4月15日 Newswitch 日刊工業新聞社)
日本の人口は2008年の1億2800万人を頂点に減少局面に入りました。
それ以降ばらつきはあるものの毎年20万人のペースで人口は減少し続けて
います。このままでは日本の将来人口は2030年に1億1600万人。1億人の
大台は2041年に下回ってしまうと言われています。それまで日本の人口が
減少することを政府は事前に把握できてなかったかというと、もちろん把握
できていました。人口問題の際に必ず持ち出される指標に「合計特殊出生率
(一人の女性が生涯で出産する子供の数)」がありますが、人口を維持する
ためには2.06が必要とされています。この合計特殊出生率は1974年に2.06を下回り、現在は1.4あたりを推移しています。つまり
この合計特殊出生率を見ていると必ず人口減少局面に突入することは分かっていたわけです。
「人口の絶対数」で見てはいけない
ではなぜ、最近になるまでほとんど対策されず、話題にもならなかったのでしょうか。それは政府もメディアも「人口の絶対数」
しか見てなかったからでしょう。1974年に2.06を切ったにも関わらず2008年までの34年間も人口は増え続けていました。
それは、医療技術の発達などによりお年寄りの寿命が伸びていったからです。生まれる子供は減ってきているけれど、お年寄りが
長生きするようになったので、合計特殊出生率が2.06をきってからも34年間人口が増えていったわけです。人口の絶対数しか見て
ないと、「人口は増えてるよね。安心安心」という結論で落ち着くわけです。しかし、今後は人口減少の勢いは加速しています。
「そろそろ人口が減りだしたので、対策をしましょう!」といまさら言っても、合計特殊出生率が2.06を切ってからの34年間の
助走をつけた上で減少に転じているわけです。早い段階で対策していればまだ傷口は浅いものの、思いっきり助走を付けられて
人口減少に突入しているので、人口減少を止めることはもちろん、減少率を緩和することも困難を極めます。
「目的」は必ず数値化できるとは限らない
最近流行りの地方創生の取り組みは、この人口減少を少しでも緩和することを目的の一つとして取り組まれています。毎年500人
が減っていれば、それを300人に押さえて、30年後に人口◯万人の維持を目指しましょう、という具合です。自治体の施策の中に
目標数値を入れるということ自体は素晴らしいことだと思うのですが、この目標が「人口の絶対数」ということには気を付けなけれ
ばいけません。前回の寄稿で「問題」と「課題」を混同してしまう残念な地方創生とも共通しますが、目標と目的の意味は似ている
ようで全然違います。目標というのは「標(しるべ)」と書くようにどこか行きたい場所があり、そこに向かうために参考にする
案内板のような意味です。実際の案内板にも◯◯まであと5kmと書いてあるように、目標は数値化もしくは言語化されています。
目的は「的(まと)」と書くように到達したい、もしくは到達すべき場所、状態のこと指し、必ず数値化・言語化できるとは限り
ません。ボーリングではレーンの途中に横に並んだ5つの三角印があります。その印(=標)を参考にして玉を投げると狙ったピン
(=的)に当たるという関係が、まさに目標と目的の関係になります。では地方創生における目標と目的は何か。目標は先述した
ように「年間で減少する人口を◯◯人から、△△人に緩和する」「移住者を年間☓☓人にする」とか数値化できるものです。
では目的は何かというと、「東京一極集中を是正し地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力をあげること」というのが
政府見解です。
地域の持続可能性を高める
それを踏まえて地方にとっての目的は何かというと、「地域に根ざす伝統や文化、産業、経済などを次世代(=若者)につなぎ、
進化させ、地域の持続可能性を高める」ということになるでしょう。地域の人口をある程度維持し、伝統、文化、産業、経済を
維持発展することが、国全体の活力につながります。政府にとっても地方にとっても広義の目的は「持続可能性を高めること」
です。その目的に到達するための標として、地方の人口を増やすことが設定されているわけです。では、その目的を達成するため
の目標が人口の絶対数で間違いないのでしょうか。この人口の絶対数を追いかけて施策を打てば地方の持続可能性が高まり、
国の活力があがるのでしょうか?答えはノーのケースもある、ということです。当たり前の話ですが、生まれたての赤ちゃんと、
働き盛りのビジネスパーソンと100歳のおばあちゃんは同じ人口1人でも、その役割や必要な社会的援助は全然違います。
そのような幅広い年齢の人を「一人」とカウントし、目標に設定することは間違った標になりかねないのです。地方創生に文脈に
おいて度々「人口減少が問題だ」という語り方をされるケースがありますが、厳密に言うと、人口減少自体が問題なのではありま
せん。地域にとっての本当の問題はその地域の持続可能性が損なわれ、地域が消滅してしまうことです。それを防ぐために地域
の持続可能性高めることが大事なのです。(中略)
目標は目的との最短距離上に設定する
目標は目的との最短距離上に設定することを心がけないといけません。そうでなければ、目標は達成しているけれど、どんどん
目的から離れていく、といった疲労感しか残らない残念な状況に追い込まれる可能性があるのです。(後略)

地方創生において、なぜ目的と目標が乖離してしまうのか?理由は簡単。地方創生なんて
そもそもできっこないからです。それでも目標を立てろと言われれば、目的に近くて達成
不能な目標を立てるか、それとも、目的から乖離した達成可能な目標を立てるかのどちら
かです。目標を達成できないと担当者は責任をとらされるでしょうから、後者を選ぶこと
になります。確かに、地方創生において、観光産業が大切であることは間違いありません。
博物館の来場者を増やすことも大切なことでしょう。そして、そのようなことに全く協力
しない学芸員もいることでしょう。しかし、学芸員がいくら努力したところで、博物館の
来場者はたいして増えないでしょう。博物館の来場者が少しくらい増えたとしても、地方
を訪れる観光客はそれほど増えないでしょう。観光客が少しばかり増えたからといって、
地方創生にはつながらないでしょう。地方間で、短期的な観光客の奪い合いをしても、
全く意味はありません。京都のような揺るぎない観光資源を生み出して、今までにない
価値を創出しなればなりません。そして、学芸員は学芸員が専門とすることに集中する
ことで、今まで明らかにされていなかった地方の魅力を発見しようとするでしょう。
日本では戦前から繰り返してきた誤りなのではないかと思いますが、「不可能なことでも、
みんなが頑張れば達成できる」という考えは間違ってます!日本は中央集権体制の国です
から、政府がモデルを示すしかありません。地方は、そのプログラムに従って実行する
のみです。中央集権という意味では、日本と北朝鮮は似ています。中国は民主主義国家
ではありませんが、中央集権体制が不十分で、中央が地方をコントロールできていない分、
地方には活力があります。今後、中国政府が中央集権体制を強めていけば、日本と同様、
地方が活力を失うでしょう。とはいえ、日本において、地方分権を進めればよいとも
思いません。なぜなら、地方は自力で何かをする気持ちはありませんし、その能力もない。
ポイントは衰退の速度です。地方が衰退しているといっても、明日あさっての問題では
ありません。よって、「自分が生きている間は、どうにかなるでしょ」となるのです!
だって、既に地方は、高齢者が多数派ですから・・・


スポンサーサイト

2017_04_17


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬・神津島ライン上に、
宗像三女神の長女、田心姫が
祀られている沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top