シリアの次は北朝鮮なのか?

category: 新しい記事4  

初の米中会談に臨んだトランプ大統領米中会談中にシリア攻撃…世界騒然 トランプ氏、北朝鮮増長
許した習氏を恫喝 笑顔なし、強い不満も

(4月8日 ZAKZAK 夕刊フジ)
ドナルド・トランプ米大統領と、中国の習近平国家主席による
初めての首脳会談が6日午後(日本時間7日未明)、米フロリダ
州パームビーチの別荘「マール・ア・ラーゴ」で始まった。2日間
にわたる会談の焦点は、弾道ミサイルを発射し、6回目の核実験
をチラつかせる金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長
率いる北朝鮮への対応だ。トランプ氏は会談と並行して、化学
兵器を使用したシリアへの攻撃を発表するなど「決断する大統領」
を体現した。北朝鮮の増長を許してきた中国の責任も追及し、
米軍によって破壊されたシリアのシャイラト空軍基地「斬首作戦」か「正恩氏亡命」かを迫る構えだ。
「すでに長い時間議論したが、今のところ収穫はない。何も得て
いない。ただ、友人にはなれた。今後も関係を発展させていく」
トランプ氏は6日夜、習夫妻を招待した夕食会の冒頭、こうスピ
ーチした。一部メディアは《親密さをアピールした》などと報じた
が、これはトランプ流の牽制(けんせい)・恫喝(どうかつ)だ
ろう。パームビーチに向かう大統領専用機「エアフォースワン」
でも、トランプ氏は「われわれは長年、中国との間でひどい貿易を
続け、不公平な扱いを受けてきた。会談では貿易について話すこと
になるだろう。もちろん、北朝鮮についても話すことになる」
と記者団に語り、中国への強い不満をあらわにした。
トランプ氏は写真撮影でも、あまり笑顔を見せなかった。安倍晋三
首相を2月に迎えたときとは違っていた。
ワシントン情勢に精通し、本紙で「ドキュメント永田町」を連載するジャーナリストの山口敬之氏は「トランプ流の交渉術だ」
といい、続けた。「米中間には、貿易・為替問題や、中国の軍事的覇権主義による東・南シナ海問題など、懸案事項が多々ある。
これらは双方に言い分があり、平行線になりかねない問題だが、北朝鮮問題は違う。中国は事実上の後見国であり、北朝鮮の
核・ミサイル開発を放置してきた責任がある。トランプ氏は北朝鮮問題をカードにして、強い口調で習氏に要求するはずだ」
首脳会談では、北朝鮮の核・ミサイル開発で緊張が高まる朝鮮半島情勢を協議する。米中両国が、北朝鮮の開発断念に
向けて一致した対応を打ち出せるかが焦点だ。トランプ氏は2日付の英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、
中国が、北朝鮮の核・ミサイル問題で具体的役割を果たさない場合、「俺たち(だけで)でやる」と明言した。
米国は「越えてはならない一線」(レッドライン)として「米本土を攻撃できる核ミサイルを北朝鮮に持たせない」との方針
を設定している。トランプ氏の発言は、米国単独での「斬首作戦」や「限定空爆」などを示唆したものだ。
これに対し、中国は「問題解決には米朝間の対話が必要」との立場を崩しておらず、協議が難航するのは必至だ。
ただ、国際社会の対北包囲網は狭まっている。国連安全保障理事会は6日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を強く非難する
報道声明を発表した。過去の制裁決議の「重大な違反」に当たるとして核・ミサイル開発の自制を求めた。
シリアへの攻撃を断行したトランプ氏の姿勢が、中国や北朝鮮を揺さぶる可能性もある。トランプ氏は6日の演説で「シリア
の独裁者アサドが、恐ろしい化学兵器で罪のない市民や子供を殺した」「多くの一線を越えた」「米国は正義のために戦う」
と断言した。口先だけで軍事介入に消極的だったオバマ前大統領を意識したといえる。
正恩氏は、核・ミサイルで周辺諸国を恫喝するとともに、自国民への拷問・餓死・処刑を繰り返し、異母兄の金正男(キム・
ジョンナム)氏を猛毒の神経剤VXで暗殺、著しい人権侵害である拉致事件を放置している。「北朝鮮=悪」であり、
トランプ氏が軍事行動に出る条件は整っている。(後略)

バンカーバスター米軍、金正恩氏「7日で排除」 3月にも世界最強の軍事力行使か、
韓国紙は日本配備のステルス戦闘機に言及

(2月17日 ZAKZAK 夕刊フジ)
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、
金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件は、
国際社会が注目している。「毒劇物による暗殺」の可能性が高まる
なか、ドイツ・ボンで16日に開催の日米韓外相会談でも、事件や
北朝鮮の核・ミサイル問題は議題となった。ドナルド・トランプ米
大統領は、北朝鮮への対抗姿勢を強めており、3月にも世界最強
の軍事力を行使する可能性がある。北朝鮮は16日、故金正日
(キム・ジョンイル)総書記の生誕記念日「光明星節」を迎えたが、
専門家は正恩氏排除までの期間を「早ければ7日」と断言した。
(中略) 「まず考えられるのは、北朝鮮と取引する中国企業が
使用する金融機関に対する金融制裁のグレードアップだ。さらに
米韓軍事演習の強化や、米国防情報局(DIA)を通じた工作も
強化してくるのではないか」
米韓軍事演習については、拡充する見通しを韓国紙が伝えている。
朝鮮日報(日本語版)は11日、米原子力空母「カール・ビンソン」が前日にグアムに到着したことや、ステルス戦闘機
「F22ラプター」の日本配備に触れ、米軍の戦略部隊が朝鮮半島周辺に集結していることを報じた。記事では、軍関係者
の話として「3月の米韓軍事演習『キー・リゾルブ』と『フォールイーグル』に参加する可能性が高い」と伝えている。
カール・ビンソンは「動く軍事拠点」とも呼ばれるニミッツ級の原子力空母で、同紙は「西太平洋を担当する第7艦隊には、
すでに原子力空母『ロナルド・レーガン』が配備されている。米国が西太平洋で2つの空母機動部隊を運用するのは異例」
と指摘した。かつてない規模で行われる3月の米韓軍事演習だが、過去には正恩氏を急襲し、確保・排除する「斬首作戦」
に沿った演習が行われてきた。軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「本物の『斬首作戦』に変更してもいいような軍事演習
となるだろう」といい、北朝鮮攻撃のシナリオを次のように語る。
「陸からは、韓国軍と米軍の特殊部隊で平壌まで行く。空からは、B2爆撃機が平壌(ピョンヤン)上空まで行き、地下の
約50メートルまでコンクリートをぶち抜ける爆弾『バンカーバスター』を使って、地下壕にいる正恩氏の居場所を徹底的に
攻撃するだろう。海からは、恐らくトマホークを打ち込む。海上にはイージス艦もいるので、北朝鮮が弾道ミサイルで反撃
してきた場合は、海上配備型迎撃ミサイルSM3で全部打ち落とすだろう」
トランプ氏が、暴走する正恩氏を排除する決断を下すきっかけは何か、作戦終了までにかかる時間はどの程度か。
世良氏は「北朝鮮が米国に到達する能力を持つICBM(大陸弾道間ミサイル)を発射したとき、またはトランプ氏が
何らかの情報に基づきゴーサインを出したときが考えられる。早ければ1週間程度で、正恩氏を排除できるのではないか」
と語っている。

アメリカは北朝鮮を攻撃するのか?本当にやるのかどうかは分かりませんが、準備を
していることは間違いないでしょう。そして、トランプ政権になって、オバマ政権の
ときより攻撃の可能性が高まっていることも間違いありません。しかし、シリアの
ように簡単には実行できないことは確かです。シリアを攻撃しても米軍は反撃される
可能性がほとんどありませんから、お灸をすえる程度のジャブを打つことが可能です。
一方、北朝鮮の場合、米軍が何らかの軍事行動を行った場合、反撃してくる可能性が
高いため、大きな被害が出ることも覚悟しておかなければなりません。よって、やる
のならジャブではなく、金正恩を殺害するパンチを食らわせる必要があります。また、
出口戦略も重要です。イラクの場合、イラク軍を壊滅させることには成功しましたが、
その後の統治には失敗しました。北朝鮮の場合、金正恩がいなくなった後、各地で
抵抗運動が起きる可能性もあります。正統な指導者が現れて、北朝鮮国民を納得させ、
国体を安定させなければなりません。そのためには、殺害された金正男氏の長男、
ハンソル氏がキーパーソンになるでしょう。ハンソル氏が金正恩なき北朝鮮に戻り、
「わたしは、国民を騙して国家を支配した国賊金正恩を討った。われこそが、正統な
最高指導者であり、その地位に就任した。」と国民に説明する必要がありそうです。
さて、本当に米軍が北朝鮮を攻撃するかどうかですが、中国の対応次第で状況は大きく
変わるでしょう。しかし、中国の説得が成功する可能性は低くなっています。米本土を
攻撃できる核ミサイルを北朝鮮が持たないことを担保できなければ、アメリカはいつか、
やるでしょう。その場合、米軍が、北朝鮮の地下施設の位置をどの程度、把握している
のか?最新兵器である新型のバンカーバスターの能力がどの程度なのか?ミサイル施設
といった軍事上の重要拠点をどの程度、的確に破壊できるかなどが重要になります。
ミサイルは日本にも飛んでくる可能性があるだけに、米軍と連携して、的確な体制を
整えておく必要があります。




スポンサーサイト

2017_04_09


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top