ラッセル幸福論より~疲れ~


「ラッセル幸福論 第一部 不幸の原因」 第五章「疲れ」より
疲れは大部分、心配からきている。そして、心配は、よりよい人生観を持ち、精神的な
訓練をもう少しやることで避けることができる。
たいていの男女は、思考をコントロールする能力にひどく欠けている。
これはどういうことかと言えば、ある心配ごとについて何も打つべき手がない場合にも、
そのことをあれこれ考えるのをやめることができない、ということだ。(中略)
きちんとした精神は、ある事柄を四六時中、不十分に考えるのではなくて、
考えるべきときに十分に考えるのである。
困難な、あるいはやっかいな結論を出さなければならないときには、すべてのデータが
集まり次第、その問題をよくよく考え抜いた上、決断を下すのがよい。
決断した以上は、何か新しい事実が出てきた場合を除いて、修正してはならない。
優柔不断くらい心身を疲れさせるものはないし、これほど不毛なものはない。

なぜ、わたしがいつも疲れているのかを説明してくれるために書かれたような説明です。
考える必要のないときや、考えてもしかたないときには考えこんでしまうのに、
本当に考えなければならないときには、十分に考えることができないのです。
これは考える価値はないなとか、これは考えても無駄だなとか、
状況を理解できているにもかかわらず、思考が止まりません。
逆に、プレッシャーのかかるような場面で考えなければならないようなとき、
思考より感情(主に、焦り)のほうが先に動作して、うまく思考できません。
そして、あのときはこうするべきだったなどと、後悔してもしかたのない事態になってから、
くよくよと考えてしまうのです。
一般に賢いといわれているような人でも、かなり多くの人が、このような状況に陥っている
ものと思われ、質の悪い思考によって疲労を倍加させているのです。
しかし、思考を無理にコントロールしようとしてもうまくいきません。それより、
「思考」と「意志・感覚・感情」の連携状態をよく観察することが有効であるように思います。
「感情を動かすべきときに思考を働かせるな」
「考えるべきときには感情を動かすな」
です。
バーチャル世界に「はさみ(もちろん、バーチャルの)」を持ちこんで、
「思考」と「感情」を結んでいる糸を切断する
ようなイメージを持つとよいかもしれません。
純粋な(否定的感情を持ち込まない)思考は、適度な肉体的疲労と同様に、
快眠をもたらすはずなのです。
疲労をため込む人は、毎日が不完全燃焼状態なのでしょう。
くよくよ考えずに、よくよく考えるようにしましょう。

心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 (単行本)心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 (単行本)
(2013/08/22)
枡野 俊明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2013_09_28


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top