殺人罪相当の量刑が妥当ではないか?

category: 新しい記事3  

冨田真由さん冨田真由さん刺傷事件初公判 犯行説明中に男性裁判員倒れる (2月21日 デイリースポーツ online)
東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)が刺されて一時重体
となった事件で、殺人未遂と銃刀法違反の罪に問われたファンで無職岩埼友宏被告(28)は20日、
東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)の裁判員裁判初公判で起訴内容を認めた。検察が、岩埼被告
が「死ね死ね死ね」と切りつけたことを明かしたり、冨田さんの傷の説明中に男性裁判員が倒れたり
するなど、犯行の残忍さが印象付けられた。検察側が冨田さんの傷の様子を詳しく説明中、男性
裁判員の1人が突然うなり声を上げて倒れ込み、いすから崩れ落ちた。表情を変えていなかった
被告も目を見開き、驚いた様子。廷内は騒然となり、裁判長が休廷を宣告した。地裁立川支部は
「被害者の負傷状況を説明する資料を見ていて体調を崩したとみられる」としている。冨田さんの
弁護士によると、冨田さんはついたてに囲まれた検察側の席で傍聴した。冨田さんは供述調書で「顔に大きな傷がある。
もう女優としては無理だが、犯人に歌の仕事まで奪われたくない」と訴え、「死んでほしい。それが無理なら一生刑務所
に入っていてほしい」と、厳しい処罰感情に言及。調書によると、顔や腕に多数の傷痕があるほか、神経の損傷で口に
まひが残り、食事や会話にも支障がある。近所を歩くことすら怖く、事件前と全く違う生活を送っている。証人尋問では、
冨田さんを心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断した医師が「事件と関係する行き先のバスを見ることも怖がる」と
病状を説明した。検察側の冒頭陳述によると、冨田さんに一方的に好意を持った被告は、プレゼントを送り返されて怒り
や屈辱感を募らせた。折り畳み式ナイフを購入し、冨田さんに話し掛けたが相手にされず、背後から襲撃。
「死ね死ね死ね」と言いながら切りつけた。検察側は「執ようで極めて残忍」と主張した。弁護側は、駅で被害者を
見つけて話し掛けたが無視され、衝動的に刺したと説明。119番し、救急隊員に「助けて」と頼んでおり、「計画性は
なかった」と訴えた。起訴状などによると、被告は昨年5月21日午後5時5分頃、小金井市本町で、冨田さんの首や胸
をナイフで多数回刺して殺害しようとしたとされる。

冨田さんが刺された現場小金井ストーカー:「野放しにしないで」冨田さん意見陳述
(2月23日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
東京都小金井市で昨年5月、大学生の冨田真由さん(21)を刃物で刺した
として、殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、無職、岩埼(いわざき)
友宏被告(28)に対する裁判員裁判は23日、東京地裁立川支部で開かれ、
検察側は懲役17年を求刑した。求刑に先立ち冨田さんが自ら事件への思い
を語る意見陳述があった。冨田さんが「絶対同じことをする。野放しにして
はいけない」と話した直後、岩埼被告が「じゃあ殺せよ」などと大声を出し、
阿部浩巳裁判長が退廷を命じて審理が中断した。意見陳述で、冨田さんは
「ファンではなくストーカーそのもの。血の海に倒れていたことは忘れられない。大切に積み重ねた時間を奪われた。悔しくて
許せない」などと時折言葉に詰まりながらも、強い処罰感情をあらわにした。検察側の供述調書で「(刑を終えれば)今度こそ
殺しに来るかも。死んでほしい。一生、刑務所に入っていてほしい」と証言していた冨田さんは、この日の法廷でも同じ趣旨
の話をしたところ、突然、岩埼被告が大声をあげた。冨田さんは「思い通りにならないと殺そうとする。うらんで殺しに来る」
と涙声になりながらも話し続けたが、岩埼被告は「殺さない」「殺すわけないだろう」などと叫び続け、法廷は一時騒然と
なった。 一時、意識不明の重体になった冨田さんは昨年9月上旬に退院したが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)など
の後遺症があり、治療を続けている。判決は28日に下される予定。

強い殺意を持って自分を刺した犯人の前で、冨田さんが勇気を持って意見陳述したのは、
このような事件を二度と起こさせたくないという強い気持ちがあってのことでしょう。
「殺されるかもしれないと必死に訴えたことが警察に全く伝わらず、危険性がないと
判断されたのは今でも理解できません」との声を警察はもっと真摯に受け止めるべき
です。警察の対応が適切あれば事件が防げた可能性があるだけに、被害者が警察を批判
するのは当然のこと。でも、きっとこれからも、警察は「当てにならない」でしょう。
なぜなら、警察は重大事件の捜査だけで精一杯だからです。また、警察は明確な犯罪
行為が認定できなければ動けません。「脅迫・つきまとい行為」の証拠固めが非常に
重要です。それでも、警察はボディーガードではないので、限界がありそうです。
専門家は重い刑罰を科してもこの種の犯罪の抑止力にはならないと主張しますが、
本当にそうなのでしょうか?また、罪を科すよりも加害者の更生の機会を考慮すべき
だと言いますが、更生するとは思えないストーカー犯の人権というものは、ある程度、
制限されてもよいのではないでしょうか?
今回の事件で、検察側は懲役17年を求刑しました。過去の類似事件ではその程度だ
ということなのでしょうが、今回の事件で17年は短すぎると思います。殺人未遂
ではなく、殺人罪相当の量刑が妥当だと思います。
今回の事件には適用できないかもしれませんが、原則として仮釈放のない重無期刑の
導入を検討してもよいのではないでしょうか?「死んでもいい」と思って自暴自棄に
なっている人間には、死刑よりもつらい刑であるともいえるでしょう(それでも、
恩赦の可能性は残しておいたほうがいいのかもしれませんが)。軽犯罪については
更生の機会を考慮すべきだと思いますが、社会で注目されている重大事件の犯人に
ついては、更生の機会よりも、被害者(殺人事件では遺族)の被害感情、犯行後の
情状、判決が及ぼす社会的影響のほうをもっと重視すべきだと思います。そういった
意味もあって裁判員制度を導入したのではないのですか?事実認定などでの間違い
がない限り、裁判員裁判で示された量刑を上級審で軽くすることは避けてほしい
ところです。そうでないと、何のための裁判員制度なのか分かりません。




スポンサーサイト

2017_02_24


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top