意志力には大きな個人差がある


「意志の力」が減っていく理由 (2012年10月10日 WIRED.jp)
・意志力は有限な資源なので、無理に手を広げすぎてはならない。
 決心は、たくさんではなくてひとつにすべきだ。
・「自制が最もよくできている人は、一日中自制を使ってはいない。自制心を節約できるように
 生活を構築している」。そういう生活によって、本当に必要なとき(たとえばジムに行くと
 いったとき)に自制心が十分存在するよう蓄えているのだ。

「意志の使い過ぎに注意しましょう。」というのはあまり聞いたことがありません。
なぜなら、この競争社会では、意志力を酷使しなければ成功できないからです。
一般に、優秀で成功した人(特に、実業界の人)は、意志力という筋力が並外れて強い人が多く、
そのような人は、普通の人とは比較にならないとんでもない努力をしています。
そのような人は、「他の人も、わたしと同じように努力すれば成功できる」と思っているので、
普通の人に、「もっと努力しろ。やればできる。夢はなかう」と説きます。
凡人は偉い人の話をありがたく聞くわけですが、全くマネができません。
「夢を持ち、その夢を実現させるために、ひたすら努力しろ」と言われても、
わたしにとっては、月曜日の朝を乗りきるだけで精一杯なのです。

強靭な意志力を持ったカリスマ経営者がいる会社は成功するでしょう。
しかし、もともと意志力が強くない従業員には耐えがたい苦しみとなるでしょう。
耐えられない人はやめていくでしょうから、社員も意志筋ムキムキマンの人ばかりになります。
このような会社が競争に勝ち残っていくわけです。
実際、このような会社は、質のいい製品を低価格で提供する、素晴らしい会社なのです。
全身が意志の筋肉体質でできているような人と、意志筋が並かそれ以下の人では、
レベルが違い過ぎて、はじめから勝負になるはずもありません。
一般人がボルトに100メートル走を挑むようなものです。
それそれでいいのですが、問題は、筋肉なら見た目でわかるのに、
意志筋は見た目では全くわからないことです。
そのため、意志筋が生まれつき並以下なのに、その自覚がないために、
「どうして自分はこんなにダメなんだろう」と落ち込んでいる人が多いのです。
これは、本人の努力の問題ではなく、生まれ持った筋力の問題なのだと認識できれば、
無理な競争をすることもなくなり、気も軽くなるでしょう。
ただし、弱いからといって全く鍛えなければ、意志力は
さらに弱くなってしまう
ことも理解しておかなければなりません。


WILLPOWER 意志力の科学WILLPOWER 意志力の科学
(2013/04/22)
ロイ・バウマイスター、ジョン・ティアニー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2013_09_25


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top