故カストロ前議長は愛国者だったが日本の左翼は・・・

category: 新しい記事3  

のりこえねっと会見「一方的に攻撃、公開処刑された」 「ニュース女子」問題で市民団体が
BPOに申立て
 (1月28日 J-CASTニュース)
沖縄の米軍ヘリパッド建設に抗議活動をする人々は「日当をもらっている」
などと報道したテレビ番組「ニュース女子」に人権を侵害されたとして、
「日当を払っている団体」として名指しされた市民団体「のりこえねっと」
が2017年1月27日、会見を開き、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送
人権委員会に申し立てをしたと発表した。同団体の辛淑玉(シン・スゴ)
共同代表は会見で、「(番組によって)一方的に攻撃されました。公開処刑です」と怒りをにじませた。
■番組では「のりこえねっとが反対派に日当を支払っている」と報道
17年1月2日にTOKYO MXで放送された「ニュース女子」は、沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設について取り上げ、
「過激な反対派の実情を現地取材」との触れ込みで放送された。その中で、反対派を「テロリスト」と表現したほか、
「のりこえねっとが建設反対派の人々に日当2万円を支払っている」などと指摘した。
 放送後の5日、のりこえねっとはウェブサイトで番組に対して抗議声明を発表。番組内容を「虚偽報道」とし、「私たち
『のりこえねっと』関係者は同テレビ局から事前にまったく取材を受けておらず、意見の聴取はおろか単純な事実確認
すらされていません」「同番組によって傷つけられた人権と名誉の回復と補償を求めるため、必要なあらゆる手段を講じ
ます」と表明した。
制作会社は「言い分聞く必要ない」と主張
一方、番組を制作したDHCシアターは20日、放送後に「数多くのメディアからの質問、政治活動団体からの批判などを
頂きました」として、公式サイトで「番組見解」を発表。日当について「貰ったと証言されている方がおり、その茶封筒
は反対派で占拠されている状態の基地ゲート前で拾われ、証言と茶封筒の金額が一致しているところからも合理的な疑い
を持たざるをえません」としたほか、のりこえねっとに取材をしなかった点も「数々の犯罪や不法行為を行っている集団を
内包し、容認している基地反対派の言い分を聞く必要はないと考えます」などと主張した。こうした中で、のりこえねっと
は27日の会見で、番組内容は虚偽・不公正であり、名誉が毀損されたとしてBPOに申し立てをしたことを明らかにした。
放送局のTOKYO MXに対しては、放送内容について同番組枠で検証・訂正することや、同局で謝罪放送を行うことなど
を求めている。番組で名前が出されていた辛淑玉さんは、「一方的に攻撃されました。公開処刑です。電波の中で名前
をあげて、私もウチナーンチュ(沖縄の人)も『こいつらは国家の敵なんだ、叩いてもいいんだ』ということで吊るされ
たんです」と怒りをにじませていた。

TOKYO MX『ニュース女子』偏向報道で、世間の目は……注目そらされた基地移転の“本丸” (1月14日 日刊サイゾー)
TOKYO MXの情報番組『ニュース女子』が1月2日に報じた沖縄基地問題に関する報道が、物議を醸している。(中略)
「反対派に一部過激な言動をする連中がいるのは、見ていれば誰でもわかることですけど、図に乗って根拠に乏しい話までも
でっち上げれば、話は別。むしろ過激な反対派を増長させる結果になるし、真っ当な推進派にとって迷惑な話」とは、基地
移設に賛成するジャーナリストの話。ただ、こうした騒動については、辺野古基地の賛否をめぐるものと併せて、「政府や
基地推進派の目くらましではないか」とする識者もいる。軍事ジャーナリストの青山智樹氏は「多くの人がだまされて
います。実際にはこんな問題よりも、返還の準備が進む沖縄本島の那覇港湾施設のほうが大きく、こちらはすでに隣接地
に代替施設の工事が始められていて、埋め立て面積は辺野古の3倍。小さなもめ事に気を取られていると、本末転倒になって
しまう。推進派は、それを意図して騒動を仕掛けている気もするんです」と話す。いざこざ自体に注目が集まれば集まる
ほど本題からズレていく傾向があるという見方は、確かに一理ある。そもそも辺野古のヘリパッド建設は、1995年に米兵に
よる少女暴行事件で米軍駐留への反発が高まった流れに端を発し普天間飛行場の代替として建設されているもの。当時の
首相、橋本龍太郎が米駐日大使との会談で「那覇以南の米軍基地、全面返還」の約束を取り付けた。これで多くの基地が
移転することになったわけだが、当初キャンプ・シュワブに隣接の辺野古は問題化しないと見られていたところ、2009年
の民主党政権、鳩山由紀夫首相(当時)が「移転先は最低でも県外」と言い始め白紙となり、問題が大きくなってしまった。
事実、移転先200以上の検討結果、結局は辺野古がベストという結論に戻っている。
「不思議なのは、那覇を含め、他にも多数の移転事案はあるのに、一部の活動家やマスコミはやたら辺野古などごく一部
だけを取り上げているんです。世間の目も辺野古と高江周辺ばかりに吸い付けられてしまっている」(青山氏)
政府や推進派が意図的に沖縄の一部に意識を向けさせているのかどうかはわからないことだが、青山氏は「そう考えると
警察の動きの奇妙さにも納得がいく」と言う。
「辺野古など一部の警備は警視庁が行っていて、本来これは沖縄県警が受け持つはず。地元警察が知事の意向に逆らえない
からかもしれませんが、警察官でも警視以上、つまり所長クラスはいわゆるキャリア組の国家公務員で、国の命令で動きます
から、注目を集めるべく、あえて警備を強化させている可能性はあります」(同)
返還対象は他にも牧浦補給地区、キャンプ瑞慶覧、キャンプ桑江などがある。これら一部は県外や、グアム島に移転するが、
那覇港のように県内移転も見られる。しかも、その費用はすべて日本が負担するもの。沖縄の基地問題を考えるなら、辺野古
や高江に限定せず広く考える必要があるはずだが、井上氏の持ち出した話で注目は別の方向へと飛んでしまっている。
そもそも井上氏は「反対派は全員逮捕されてもおかしくない」「辺野古沖でジュゴンを見た沖縄の人はいない(実際には日本
テレビの撮影などで映像が確認されている)」などと極端なトークで“右翼芸者”と揶揄されることもある人物で、自身も以前
は「漫談家」を名乗っていたほど。どこまで本気の解説をしているのか理解しにくいタイプだ。まさか、こういう騒動を想定
してわざとトラブルを仕掛けたものとは思いたくはないのだが……。

フィフィのツイッター

より気持ち悪い政治思想どのような報道でも事実を確認する取材
は必要です。確たる証拠もないデマを
報道してはいけません。しかしこの問題、
沖縄以外では全く盛りあがっていません。
地元のかたは、これ以上、基地を沖縄に
造らせないという強い気持ちで活動されているのだと思いますが、本土からやってくる
左翼は何のために沖縄で活動しているのでしょう?もともと左翼は、「より平等な社会
を目指すための社会変革を目指す人たち」の集まりだと思います。格差が拡がっている
現在の社会状況において、平等な社会を目指すこと自体は、国民の幅広い共感を得る
ように思われるのですが、左翼への国民の支持は全く拡がっていません。その理由は、
活動の大部分が反日運動だからです。日本では、左翼の活動=売国運動になっている。
故カストロ前議長は究極の左翼ですが、愛国者でもあります。今でも、キューバ国民
から愛されています。一方、日本の左翼は反日勢力支援機関になっており、皮肉にも、
国民を平等主義から遠ざけている状況です。本物の左翼が育たないことは、政府や財界、
そして米国にとって、とても都合がよい状況を生み出しており、「今のような左翼がいて
くれる限り、保守は盤石」と思っているのではないでしょうか?
高江の米軍ヘリパッド建設での反対運動についても、これによって国民の関心は高まる
どころか、一層、しらけムードになっています。それを承知で運動しているということ?
さらに言うならば、沖縄の米軍基地全体からみて、それほど重要な存在ではない高江に
こだわる理由は何なのでしょうか?地域住民が反対されるのは理解できるとしても、
左翼は何を目的にしているのか理解に苦しみます。まさか、政府や米軍が本当に困る
ような運動は避けている・・・ということではないんですよね。少なくとも、高江での
基地反対運動を見ていると、民主主義と平和にとって、暴力が最も忌むべき行動である
ことを再認識いたしました。



スポンサーサイト

2017_01_31


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top