翁長VS安倍 決着か?

category: 新しい記事3  

沖縄県副知事辞任【号外】沖縄・安慶田副知事が辞任 口利き疑惑で引責
(1月23日 沖縄タイムス+プラス)
沖縄県の安慶田光男副知事が2015年実施の県教員採用試験で特定の
受験者を合格させるように依頼したなどの疑いが持たれている問題で、
翁長雄志知事は23日午後2時過ぎ、県庁で臨時の記者会見を開き、
「本日付で辞任を承認することにした」と語り、安慶田副知事の辞任を
発表した。疑惑を受けた事実上の引責辞任。翁長知事は、21日夕に
安慶田副知事から弁護士を通し、副知事の職を辞したいという旨の
報告を受け、翌22日、本人と直接会い、考えを確認した経緯を説明。
安慶田副知事から「多くの県民に不安を与え、誤解を抱かせたことは重大。
県政運営に混乱を招き、大変責任を感じている」という説明があったこと
を明らかにした。安慶田副知事を巡る問題では、同副知事が特定の複数
の受験者を合格させるよう県教育委員会に依頼した疑いがあると沖縄
タイムスなどが報じていた。本年度の教育庁幹部人事でも特定の人物
を登用するよう介入した疑いが持たれている。安慶田副知事は疑惑を
全面的に否定。翁長知事も20日の会見で県教委の内部調査も踏まえ
「働き掛けの事実はないと聞いている」と述べ、続投させる意向を
示していた。安慶田副知事も23日中に会見する予定。
安慶田副知事は14年12月の翁長県政発足時から副知事を務めてきた。翁長知事の側近で、政府と対立する米軍普天間飛行場
の名護市辺野古移設に関する政府との交渉を担当してきた。移設を巡る交渉への影響は不可避で、移設阻止を掲げる翁長知事
の県政運営には大きな打撃となる。元那覇市議会議長の安慶田氏は、普天間飛行場移設を巡る政府との作業部会で県側の代表
を務め、杉田和博官房副長官らと交渉を重ねた。沖縄の基地問題で政府側を取り仕切る菅義偉官房長官と翁長氏との間の
橋渡し役を担ってきたとされる。

沖縄県教委、安慶田元副知事の口利き認める 教員採用で (1月24日 日経電子版)
沖縄県教育委員会は24日、安慶田光男元副知事が2015年の教員採用試験で特定の受験者を合格させるよう県教委に働き掛けた
との疑惑について記者会見し、当時の教育長から「働き掛けがあった」とする証言があったと発表した。平敷昭人教育長は「働き
掛けがあったと考えざるを得ないとの結論に至った」と述べた。安慶田氏は23日、「県政運営に混乱を招いている」と副知事を
辞任したが、口利き疑惑については一貫して否定していた。県教委の発表によると、当時の幹部に電話で聞き取り調査を実施した
後の21日、諸見里明・前教育長から「事実を伝えたい」との申し出があり、22日に当時の経緯を記した文書が届いた。県教委が
23日に改めて本人と面談し、内容を確認した。前教育長の証言によると、15年8月に安慶田氏から県庁の副知事室に呼ばれ、
受験者3人の受験番号、教科、氏名が書かれたメモを渡され「よろしくお願い」「無理しなくてもいい」と伝えられた。合否へ
の影響は出ていないという。15年1月には教育庁の幹部人事について安慶田氏から指示があり、依頼のあった人物を異動させ
なかったところ「激しく恫喝(どうかつ)された」と明かした。県教委は20日の翁長知事の定例記者会見の場で、当時の関係者
5人に聞き取り調査をした結果、安慶田氏が口利きをした「事実はない」と説明していた。

天下りあっせん 首相が再発防止策と徹底調査行う考え (1月23日 NHK news web)
安倍総理大臣は、衆議院本会議で、文部科学省が組織的に職員の天下りをあっせんしていたことは、国民の信頼を揺るがす問題
だとして、再発防止策を講じるとともに、ほかの府省庁でも同様の事案がないか徹底的に調査する考えを示しました。この中で、
安倍総理大臣は、文部科学省が組織的に職員の天下りをあっせんしていた問題について、「国民の信頼を揺るがすものであり、
あってはならないことだ。まずは文部科学省において徹底した調査を行い、再発防止策を講じていきたい」と述べました。また、
安倍総理大臣は「現行制度による厳格な監視が機能したからこそ、本事案が明らかになったが、国民の疑念を払拭(ふっしょく)
するため、同様の事案がないかどうか全省庁について徹底的な調査を行うよう指示した。準備ができ次第、調査し、結果を
明らかにしていく」と述べました。一方、松野文部科学大臣は、「省全体として、再就職等規制への理解が不十分で、関係法令
の順守の意識が不足していた。ほかに違反するものがなかったかどうか、再就職等規制制度の発足時にさかのぼってしっかり
と調査し、厳正に対処していく」と述べました。さらに松野大臣は、みずからの責任について、「このような問題が二度と生じ
ないようにするため、文部科学省職員の抜本的な意識改革および省内の体制づくりを責任を持って進めていく」と述べました。

文科省天下りの構図まずはじめに、安慶田副知事辞任のニュースに
ついては、沖縄タイムスは事実を正確に伝えて
いるといえるでしょう。事実誤認がないのなら、
たとえ偏向していようとも、自らの主張を行う
ことになんら問題はありません。沖縄タイムス
にとっては残念なことなのかもしれませんが、
意外なことで、辺野古新基地建設問題に関する
翁長知事vs安倍総理の決着がついてしまった
のかもしれません。日本は基本的にムラ社会だ
と言われます。ムラ社会ではムラの掟に従わない人間はイジメられます。依然として沖縄
ではムラ意識が強く残っていて、実力より縁故のほうが大切なのかもしれません。これは
基地問題にも関係していて、新基地に賛成でも、それを言いにくい雰囲気があるのでは
ないでしょうか?沖縄の基地問題は、沖縄では「議論」にならないのでしょう。「議論」
というのは、意見の異なる人が自分の思いを自由に対話することです。翁長知事は、
沖縄のムラ長(おさ)といったところでしょうか?
一方、安倍さんは、霞が関ムラの改革に本気で取り組んだ人のひとりです。第1次安倍
政権のとき、官僚の猛烈な抵抗を押し切る形で、改正国家公務員法を成立させました。
これにより、今回問題となった、各府省等職員による再就職の斡旋が禁止されたのです。
その後、社会保険庁(現在の日本年金機構)の自爆テロともいえる年金記録問題により、
安倍さんは退陣することになるのです(安倍さんの対応に問題があったことも事実)。
官僚は、安倍さんに対して、「ざまあみろ」と思っていたのではないでしょうか?
安倍さんには忸怩たる思いがあったのでしょう。第2次安倍政権では、官僚をうまく
コントロールしています。いや、かつて、これほど官僚の支配に成功した政治家は
いなかったのではないでしょうか。今回の文科省の不祥事は、安倍内閣の責任です。
しかし、安倍さんの対応は「適切である」としか、いいようがありません。




スポンサーサイト

2017_01_25


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top