IT時代の次はIT新時代

category: 新しい記事3  

デジタル変革でIT業界の人材需要が更に拡大 (1月12日 産経ニュース)
ヘイズ・ジャパン 採用動向レポート(1月~3月期)を発表 (ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介
サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。)
(中略)レポートでは、デジタル変革やデジタル技術を活用したアプリケーションの拡大によって、IT業界で多数の新たな人材
需要が生まれていることを明らかにしています。デジタル変革は第3のプラットフォームに関連したテクノロジーを利用すること
でビジネスプロセスのあり方を変え、デザイン思考のアプローチを活用することで既存のビジネスプロセスを作り変えます。
ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクター、マーク・ブラジは次のように述べています。
「デジタル化はもはや選択肢の1つではなく、このデジタル時代に成功を望むすべての日本企業にとって避けては通れない道と
なっています。世界的な動きを受けて国内の企業もデジタル変革に力を注ぐようになっており、世界各地でヘイズはIT人材の
需要拡大を目の当たりにしています。デジタル変革を実現させていく上でITプロフェッショナルは重要な役割を担っており、
21世紀型の顧客エクスペリエンスを提供できる企業となるために、システムの複雑さを克服してビジネスプロセスをシンプル化
していくことが求められています。一方、より優れたデジタル体験が求められるようになることで、デジタルマーケティング
関連の職種で多数の求人が見込まれることも、1~3月期のトレンドとして挙げられます。オンライン市場での競争が激しくなり、
IT人材の最新動向多くの企業が国内向けにローカライズ
した手法を導入して、消費者トレンドに
対応しようとしています。各社とも個別化、
ターゲット化したキャンペーン開発にこれ
まで以上に力を入れようとしており、CRM
に精通し、データアナリティクスツール
を使いこなせる候補者が求められます。
こうした分野のスキルを持った候補者を
巡って、企業間で激しい争奪戦が繰り
広げられることが予想されます。企業側
としては5~10年先のビジネスの方向性
を見据えた長期戦略を策定するだけでなく、
デジタル変革の時代に一旗あげたいと
考える候補者の意欲に見合うような
キャリアプランをどのように提供していく
かということも考える必要があるかも
知れません。」

IT人材獲得競争過熱 日本の自動車メーカー、賃金高騰を懸念 (1月10日 SankeiBiz サンケイビズ)
日本の自動車メーカーがIT技術者の獲得を急いでいる。車載機器とスマホを連携させ利便性の高いサービスを提供したり、
自動運転や安全技術の向上に伴う自動車のIT化が進展しているためだ。ただ、優秀な人材を獲得するには、IT業界や金融業
など異業種との人材獲得競争に勝たなければならず、自動車業界内では賃金高騰につながるとの懸念が広がっている。(中略)
総合人材サービスのマンパワーグループの調査で、日本は人材確保が難しい上位3つの職種にITが入り、2010年以降は
世界で最も人材が不足してきた。経済産業省の調査によると、日本でIT人材の不足は約17万人と推定され、30年までに
最大約79万人になると推測している。人材獲得競争は過熱している。日産自は昨年10月、迅速なサービス開発のため中目黒
に拠点を新設し、今後2年間でソフトウエア開発、クラウドエンジニアリング、データ分析、機械学習の分野で150人を採用
すると発表した。ホンダは4月をめどに、赤坂の研究所にAI技術開発を集約しようと検討している。トヨタは昨年11月に
コネクティッド戦略を発表し、車から収集するビッグデータが故障や整備の必要性を予知するなど新たなサービスやビジネスを
創出するとして、この分野の取り組みを加速させている。米シリコンバレーのAI研究拠点では、米国防省国防高等研究計画局
(DARPA)で災害救助用ロボット競技大会を指揮したギル・プラット氏を採用し、トップクラスの人材を集めて開発チーム
を構築している。(後略)
IT人材に関する各国比較調査

IT産業の進展だけでなく、あらゆる業界においてデジタル化が進む状況のなか、情報
セキュリティ、ビッグデータ、IoTなど幅広い分野でIT関連のニーズが高まっており、
それに伴ってIT人材の不足が社会問題になっています。さらには、少子化で若い人材
の確保が難しくなってきているなか、今後はロボットやAI(人工知能)の活用がカギ
を握ると言われており、ますますIT活用の高度化・多様化が進展するものと思われ、
長期的にもITに対する需要は引き続き増加する可能性が高いと考えられます。当然
ながら、多くの企業がIT関連の人材を欲しがっており、IT関連の仕事につきたいと
思っているのなら、職に困ることはないでしょう。しかし、介護や保育と同様、慢性的
な人手不足の業界は、多くの場合、「待遇が悪い」ものです。各国の比較調査では、
「給与・報酬に対する満足度」が日本はワースト1位。また、アメリカのIT人材と
「仕事や職場環境に対する満足度」を比較したところ、「給与」「労働条件」「充実感、
やりがい」「成果に対する報酬」「社内での今後のキャリアに対する見通し」「社内
教育・研修や自己研鑽に対する支援」といったすべての項目で35ポイント以上の
差が開くなど、日本の企業における「IT人材軽視」の実態が明らかになっています。
しかし、介護や保育とは異なり、ITに関しては、待遇はある程度、改善していくもの
と思われます。例えば、バイオや化学ならば、優秀な人材がいなくても、その影響は
該当する産業にしか及びません。しかし、ITはすべての産業のキーテクノロジーに
なっています。特に製造現場では、「IoTによるものづくり変革」の起きる可能性
が高く、情報系のスキルだけでなく、ものづくりやビジネスモデルなどにも精通した
優秀なIT人材をいかに育成し、それらの人に活躍してもらうかが、日本の産業競争
力を決定づけるといっても過言ではありません。政府の取組みも重要なのですが、
社会全体の意識も大切です。優秀で気概のある理系の学生には、是非、情報系を
選択していただきたいものです。


デンソーはなぜ工場のIoT活用を急ぐのか (2016年4月22日 日経テクノロジーオンライン)
世界130工場、15万人の知恵を「つなげる」ことで、2020年までに生産性を2015年比で30%高める――。今、デンソーは
圧倒的な競争力を持つ「ダントツ工場」の構築を急速に進めている。その中核技術として同社が位置付けているのは、
IoT(Internet of Things)だ。 ダントツ工場については、同社取締役社長の有馬浩二氏が2015年6月に「14人抜き」で
社長に就任して以降、折に触れて構想を披露してきた。実は、同月に実施した組織変更で、ダントツ工場づくりを担う
「DP-Factory IoT革新室」を生産革新センターに設置している*。このほど、同室の室長を務める加藤充氏がダントツ工場
の実現に向けた道筋を明らかにした。          * DPは、「デンソープロジェクト(Denso Project)」の略。
デンソーが工場におけるIoT活用を重視する背景には、製造業とIoTを巡る状況の急速な変化がある。特に注視している
動向として加藤氏が挙げたのは、ドイツの「Industrie 4.0(インダストリー4.0)」と米国の「Industrial Internet
Consortium(IIC)」だ。これらの動きによって業界の既存のルールなどさまざまなものが破壊され、製造業は大きな変革
を迫られると同氏は指摘する。「今後、IoTに対応できていないことは、すなわちグローバル企業としての信頼が低下する
ことを意味する」(同氏)。今後は、IoTをはじめとする情報分野が「製造業の新たな競争ドメインになる」と加藤氏は見る。
従来のデータ活用は、個別の設備/生産ライン/工場の可視化や最適化にとどまっていた。IoTによってその範囲を広げ、生産
性向上に生かすための体制を整えておかなければ、国際的な競争に負けてしまうという危機意識がデンソーにはあるのだ。
IoT活用の方向性は「つなぐ」と「分析する」
加藤氏によれば、そもそもIoT活用の方向性は大きく2つに分けられるという。1つは、「つなぐ」ことだ。具体的には、工場と
工場、ラインとライン、設備と設備などさまざまな階層をネットワークで接続する。それによって、大量のデータを収集する
ことが可能になる。もう1つは、「分析する」ことだ。具体的には、人工知能(AI)やビッグデータ分析といった技術である。
それによって、有用な知見を得られる。前者は情報の「量」を、後者は情報の「質」を高めるアプローチといえるだろう。
前出のインダストリー4.0が「つなぐ」に比重を置き、データ収集やシステム連携を実現するための標準化を進めているのに
対し、米General Electric(GE)社などが主導するIICは「分析する」ことを重視し、「テストベッド」に代表される実証的な
活動に積極的に取り組んでいると、加藤氏は見る。ものづくり企業のデンソーとしては「どちらか片方だけではなく、両方の
潮流をしっかり押さえた上で、仲間づくりや標準化を進めていくことが非常に重要になる」(同氏)。(後略)



スポンサーサイト

2017_01_19


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬・神津島ライン上に、
宗像三女神の長女、田心姫が
祀られている沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top