地方大学でグローバル人材の育成は必要か?

category: 新しい記事3  

H29年度国立大学の運営費交付金、86大学中41校が増額 (1月13日 resemom リセマム)
文部科学省は1月12日、平成29年度における国立大学法人運営費交付金の重点支援の評価結果について公表した。予算上設け
られた3つの重点支援の枠組みに関して、各大学の取組みを評価し運営費交付金へ反映。86大学のうち、41校が増額、45校が
減額と評価された。文部科学省では、第3期中期目標期間における国立大学法人運営費交付金について、各国立大学法人の
機能強化の方向性に応じた取組みをきめ細かく支援するため、3つの枠組みを設けて重点支援を実施している。重点支援の
評価は各大学の戦略ごとに行い、有識者による検討委員会の意見聴取を踏まえて、7つの評価項目に基づき点数化。その評価
結果を反映し、80%未満~110%以上の範囲で予算の再配分額を決定した。重点支援は予算上、「地域に貢献する取組み」
「強み・特色のある分野で教育研究を推進する取組み」「卓越した成果を創出している海外大学と伍した取組み」という3つの
枠組みで設けられている。86の国立大学法人が提案した298の戦略を評価した結果、予算の反映率が100%以上となった大学は
41校、100%未満となった大学は45校であった。優れた戦略の事例として、東京外国語大学の「日本発信力を備えた多言語
国立大学への重点支援グローバル人材の養成」、島根
大学の「過疎化・高度化等の地域
課題解決を担う人材育成の教育
戦略の推進」、東京大学の「新た
な価値創造に挑む学術の戦略的
展開」などが選定されている。



「まるで詐欺」怒る選定校 「スーパーグローバル大学」構想 (2016年4月26日 朝日新聞デジタル)
大学の国際化大学の国際競争力強化を狙った「スーパーグローバル大学」(SGU)構想。
文部科学省の肝いりで始まったが、選ばれた大学が不満を募らせている。国の
支援が想定より少ない上、予定していなかった仕事も次々発生しているからだ。
「まるで『SGU詐欺』だ」。東日本の大学トップは「びっくりするほど支援
の額を値切られた」と話す。SGUは世界に通用する研究や国際化を進める大学
を重点支援するため、文科省が2014年に募集。104大学が計画を提出し、
37大学が選ばれた。「世界ランキングトップ100を目指す力のある大学」
(タイプA)は最大で年5億円、「グローバル化を牽引(けんいん)する大学」
(タイプB)は最大年3億円を、それぞれ最長10年間支援する。だが、15
年度の平均支援額は、タイプAが2億8800万円、タイプBは1億3100
万円。1億円未満も5大学あった。「あれだけぶち上げておいてこれか」
(西日本の大学)。「今も納得していない。でも、『文部科学省さま』に文句
は言えない」(関東の私大)。(後略)

習近平氏2016年12月中国の習主席、ダボス講演で「包括的グローバル化」提唱へ
(1月11日 REUTERS ロイター)
中国の国家主席として初めて世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に
出席する習近平氏は、会議が開幕する17日に講演を行い、「インクルーシブ
(包括的な)・グローバリゼーション」の推進を提唱する。中国外務省が11日
明らかにした。李保東外務次官は会見で、「経済のグローバル化は抵抗に直面
している」と指摘。中国は、経済のグローバル化をこれまで以上に排他的でない
方向に舵取りする方法を提示し、こうした国際社会の懸念に対応するとの見解を示した。
習主席は15─18日にスイスを訪問し、17日から始まるダボス会議に出席する。今年の会議は、グローバル化に対する大衆の
反発やトランプ次期米政権をめぐる議論が中心となる見込み。李次官は、トランプ氏が中国を標的に保護貿易主義を批判するの
は不当だとし、「保護貿易は孤立化につながり、誰の利益にもならない」と指摘。ダボス会議において、トランプ氏の政権移行
チームと「連絡を取り合うチャンネルはオープンだ」と述べた。

日本の場合、移民や外国人労働者が低賃金で働くことにより、国民の仕事が奪われている
という状況にはありません。また、日本には、自動車・自動車部品、一部の産業機械や
電子部品といった国際競争力のある産業が国内にあるため、大幅な貿易赤字に陥ること
もありません。したがって、「グローバル化」という言葉にそれほど悪いイメージを持っ
ていない人も多いようですが、現実は、「グローバル化」=「厳しい国際競争」です。
「グローバル化」は、英語力をあげて、外国人を多く呼ぶということではありません。
もちろん、外国人を呼び寄せて、日本人が英語を勉強することも必要なことでしょう。
しかし、本当の意味での「グローバル人材」は、国際的な競争に勝つことのできる人材
を意味しています。グローバル社会において、国際的な競争に勝てる企業や個人はこれ
までにない大きな恩恵を受けることができます。世界に通用する人材を育成することも
必要なことなのです。しかし、スポーツの世界を見ればよく分かりますが、トップ選手
以外、つまり、ほとんどの人がグローバル社会に「生き残れない」のです。普通の人に
とっては、グローバル化は弊害のほうが大きい。グローバル化のこのような特性が、
格差拡大の一因にもなっています。グローバル社会では、(日本国民の意思を反映した)
政府による社会問題に対する対応策をとることができません。市場原理に任せた競争
主義が世界を席巻することになるのです。そのような激烈な競争社会で活躍できるのが、
「グローバル人材」なのです。
「グローバル化」を目指すということは、企業ならば、「グローバル企業との競争に
勝てる取組み」が必要ですし、大学ならば、「卓越した成果を創出している海外大学
と伍した取組み」が必要だということになるのです。東大や京大はグローバル競争を
しなければならないでしょうが、日本国内にスーパーグローバル校が37大学も必要
ありません。多くの大学が目指すべきは、「脱グローバル」のほうです!多くの組織
にとっても「地域への貢献」を考えたほうが得策ですし、何かに特化していくことも
求められます。英語より日本語。グローバリゼーションよりローカライゼーション。
ナンバーワンよりオンリーワンでしょう。




スポンサーサイト

2017_01_15


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top