トランプさんにNO WAYと言わせない作戦

category: 新しい記事3  

メキシコでの自動車生産台数トヨタ批判に激震走る=トランプ氏への懸念現実
-身構える日本企業
(1月6日 時事ドットコム)
メキシコでの自動車生産を攻撃するトランプ次期米大統領が、日本を
代表するトヨタ自動車を名指しで批判した。日本企業が標的にされる
懸念が早くも現実のものとなり、年初の行事が続く日本の産業界に
激震が走った。北米で事業を展開する日本企業は次の攻撃対象に
されるのではないかと身構えている。「米国に工場を建設するか、
国境で巨額の税を支払え」。トランプ氏がツイッターで問題にした
のは、トヨタが北米などに輸出するカローラの生産工場をメキシコに
新設する計画だ。豊田章男社長が5日、東京都内で計画に変更がない
考えを示したのに対し、トランプ氏が激しく反応した。これを受け、
トヨタは6日、「米国に10の製造工場を持ち、1500の販売店と
13万6000人の従業員を抱えている」との声明を発表。「新工場
によって米国の雇用が減少することはない」と訴えたが、トランプ氏
がすんなり受け入れる可能性は低く、難しい対応を迫られそうだ。
豊田社長は来週、米デトロイトで開かれる自動車ショーに出席して
米国経済への貢献などを説明し、理解を求める考えだ。
メキシコは米国、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)によって
自動車を関税なしで対米輸出できる。日米欧の自動車大手が工場を構え、関連産業の進出も活発だ。これに対し、自国優先の
トランプ氏がNAFTAの見直しを公約した。メキシコ生産のトップは日産自動車。年間82万台を超え、うち4割以上を米国
へ輸出する。カルロス・ゴーン社長は訪米先で5日行った記者会見で「NAFTAが変更されれば調整する」と言葉を選んだ。
ホンダとマツダは、新政権の政策を注視する。日本電産の永守重信会長兼社長は6日の記者会見で、メキシコ工場での自動車用
モーターの生産を米国に移管する可能性について「現時点では全く検討していない」としながらも「米国に複数の工場があり、
いつでも移管できる」と述べた。トランプ氏を警戒するのは自動車業界だけではない。鉄鋼大手JFEスチールは、米社と折半
出資で自動車用鋼板工場をメキシコに建設中。柿木厚司社長は「2019年の稼働予定を遅らせることはない」とインタビュー
で表明。NAFTAの見直しで、メキシコ進出企業が米国に工場を移すことを迫られれば「大きな投資(負担)で、企業は
とてももたない」と、産業界の不安を代弁した。建設機械で米キャタピラーと競合するコマツも、トランプ氏から大統領選中に
批判された。大橋徹二社長は、米国に工場があり、雇用を抱えていると繰り返し訴える。

シェール由来のLNGが初輸入 中部電上越火力発電所に (1月6日 産経ニュース)
米国産シェールガス由来の液化天然ガス(LNG)を積載した船が6日、中部電力上越火力発電所(新潟県上越市)に到着した。
中部電などによると、米国産シェールガス由来のLNG輸入は国内初とみられる。中東やオーストラリア中心だったLNGの
調達地域が多様化することで、エネルギー資源の安定的な確保が期待される。シェールガスは従来、採掘が難しかったが、
米国では採掘技術の向上で産出量が増大。原油価格と連動した中東などの天然ガスに比べ割安となる可能性があり、火力発電
の燃料費削減が見込まれる。東京電力ホールディングス子会社と中部電の共同出資会社「JERA」が調達し、2018年
1月までに最大約70万トンを同発電所に搬入する。同発電所は、中部電が供給地域外に初めて建設した大規模発電所で、
最大出力は計230万キロワット。

北米のLNGプロジェクト

今回は、鳩ぽっぽ「Trust me!」政権のときとは異なり、日本の企業だけをターゲットに
して集中砲火が浴びせられることはありませんから、対応を誤らなければ、トヨタの社長が
訪米して泣かなければならないようなことには、ならないでしょう。メキシコの生産台数
からすると、トヨタより日産が名指しされそうなものですが、トランプさんの頭のなかでは、
「日本の自動車メーカー=トヨタ」なのだと思います。
トヨタや日産は何が起きても、それに対応すればいいだけのことですが、それを当てにして
メキシコに進出した自動車部品の中小企業にとっては、死活問題になる可能性があるだけ
に、経営者はトランプさんが何を言い出すのか戦々恐々としていることでしょう。
日本にとって、自動車産業における北米市場を失えば大打撃ですから、今後は先手を打って、
トランプさんを喜ばせる戦略を練る必要があります。トランプさんが特に喜びそうなのは、
軍需産業やエネルギー産業でしょうか。武器の購入は政府がするものですから、予算措置
により実行可能です。しかし、雇用に与える影響が大きいのはエネルギーのほうでしょう。
日本にとってアメリカから燃料を買うことは、安心を買うようなものなので、メリットが
あります。しかし、これまで様々な障害がありました。シェールガスは西海岸ではほとんど
採れないので、メキシコ湾沿岸の港から運ぶ出す必要があり、パナマ運河がネックになって
いました。しかし、2016年6月にパナマ運河の拡幅工事が完了し、大型船も通行できるよう
になりました。アメリカ国内では、シェールガスはパイプラインで運ばれますので、液化
装置は必要ありません。しかし、圧縮ガスでは運搬量が少ないので、日本へは液化して
運ぶ必要があります。在来型の天然ガスでもシェールガスでも、主成分はメタンです。
メタンの沸点は-162℃。液化させるのは簡単ではないんです。しかし、今後、液化設備が
増えれば、日本は大量のシェールガスを輸入できるようになります。
トランプさんが売ってくれるのなら、シェールオイルも買いたいところです。あまりにも
原油価格が安くなってしまうと、シェールオイルは採算割れしてしまうのですが、相場が
60ドル近辺まで戻れば(1月7日時点で約54ドル)、シェールオイル生産が息を吹き返す
と言われています。日本にとって原油価格は安いに越したことはないとはいえ、もう少し
価格が上昇したほうが、トランプさんを喜ばすには都合がよいのです。




スポンサーサイト

2017_01_07


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top