深刻な「マネーの若者離れ」

category: 新しい記事3  

外出しない人の割合、過去最高 これはネットのせいなのか? (1月2日 J-CASTニュース)
国土交通省の調査で、外出しない人の割合が過去最高となった。また、1日(休日)の移動回数の数値をみると、20代は
70代に抜かれてしまった。イマドキの20代は、70代より移動する機会が少ない、というわけだ。
こうした傾向の要因について、同省では「高齢者の増加と若者の外出減少」といった点を挙げている。
今回の結果が報じられると、ツイッターなどには「ネットで何でもできるから...」といった指摘が寄せられた。
果たして、「ネットが外出を減らした」のか。専門家に話を聞いた。
1日(休日)の移動回数で、20代が70代に抜かれる
国土交通省が2016年12月26日に発表した「全国都市交通特性調査=速報版=」(全国70都市、4万3700世帯から回答)
の15年の結果によると、家から外出する人の割合は、平日で80.9%、休日で59.9%となり、いずれも、この調査を開始
した1987年以来、過去最低を記録した。87年と比べると、平日で5.4ポイント、休日で9.6ポイントも下がっている。
つまり、外出しない人の割合は過去最高となったわけだ。また、2015年の「年代別の1日(休日)の移動回数」では、
20代は1.43回で、70代の1.60回を下回った。前回調査(05年)までは20代の数値の方が高く、今回、20代と70代が逆転
した形だ。1992年時の数値は、20代2.13回、70代1.20回だった。こうした傾向について同省は、調査結果と同時に公表
した「別紙」の解説の中で、「高齢者の増加と若者の外出減少」などをその要因に挙げている。移動回数の少ない高齢者の
人口構成上の割合が増える一方、若者の移動回数自体も減っていることが考えられる、としている。
外出しない(移動0回)若者の増加も想定しているようだ。(中略)
「低成長時代を生きる若者のスタイル」
果たして、インターネット上の指摘にもあった、「ネットで何でもできるから」という環境が、外出する人(特に若者)を
減らしているのだろうか。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーの原田曜平氏は、2016年12月28日のJ‐CASTの取材
に対し、若者が外出しない現象は、「社会が成熟した、どの先進国の若者にも見られます」と話した。では、若者はなぜ
外出しなくなったのか。利便性が増したネットの影響なのか――。原田氏は、
“「たしかに、ネットの影響はないとはいえません。SNSで友だちとやり取りしたり、さまざまなコンテンツと接したりして
いるうちに時間を忘れてしまう、ということはあるでしょう。とはいえ、ネットは外出先でも見ることができますから、
『ネットが外出を減らした』とは言いきれません。原因は、経済の低成長にあるといえます」”
と指摘する。 経済が発展している時代は、若者も未知の世界を求めて海外や国内旅行に出かけて行ったし、買いたいと
思ったモノを買ったりした。給料も右肩上がりで上がっていたので、それができた。ところが、経済の低成長時代に入ると
給料が上がらなくなるので、やりたくてもできなくなる。おのずと、まったりしてきて「のんびり過ごしてもいいんじゃない」
となってくる。それが、「さとり世代」であり、「低成長時代を生きる若者のスタイルといえます」と語った。

年齢階層別平均年収背景には深刻な「金の若者離れ」か――車、酒、フルーツ、2016年の若者の
「○○離れ」総集編
(2016年12月31日 キャリコネニュース)
若者の「恋愛離れ」や「新聞離れ」が騒がれるようになって久しい。ほかにも
「車離れ」や「外食離れ」といったものから、「犯罪離れ」「交通事故離れ」
まで、何かと「〇〇離れ」がメディアを賑わせている。
キャリコネニュースでも2016年は、若者の「酒離れ」や「外出離れ」、
「フルーツ離れ」などを取り上げてきた。そんな若者の「○○離れ」の背景には、
ライフスタイルの変化を引き起こす、深刻な「金の若者離れ」があるようだ。
働いていない若者が増加し、「引きこもり」が進む
日本自動車工業会が4月に発表した調査では、車を持っていない20代以下の社会人の
うち約6割が車を購入する予定がないと回答。10月には、車を買わなくなった若者に
対して、「若いころは目立つ派手な車に彼女を乗せて走りたいんじゃないの?」と
疑問を投げかける日経新聞のコラムが「老害」呼ばわりされるということがあった。
若者が離れていっているのは車だけではない。同月、20代の約45%がお酒をほと
んど飲まないという調査結果が発表された。男女ともに「モテない」人ほどお酒を
飲まない傾向がある、ということも明らかになっている。若者の「酒離れ」と
「恋愛離れ」が併せて進行しているようだ。また国交省が今月発表した調査結果では、20代が外出をしなくなり、休日の外出
回数が70代を下回るというデータも。外出回数の少ない非就業者が増加したことが一因らしいのだが、働きもせず外出もしない
「ひきこもり」が増えたのかと話題になった。ほかにも「カラオケ離れ」や「旅行離れ」など若者の「○○離れ」は枚挙にいとま
がない。過去には、ネットで「メンズブラ離れ」という謎の現象が囁かれたことがあった。そもそもメンズブラを付けている人
自体がかなりの少数派なのでは……(メンズブラユーザーの方、ごめんなさい……)。車で出かけることもなく、酒も飲まず、
恋愛もせず、休日も家に閉じこもっているという若者たち。なぜこうしたことが起こっているのだろうか。いずれの「〇〇離れ」
に対しても、「お金がないからではないか」と指摘する声が相次いでいる。車を「買わなくなっている」のではなく、「買え
なくなっている」のだし、値段が張るくせに一週間もすれば食べられなくなる果物にかけるお金などないということだ。若者が
飲酒から遠ざかっていることについても、生活には不必要なお酒にお金を掛ける余裕がないのではないかという指摘があった。
いまでは3人に1人が非正規労働者 20代の収入も90年代から大幅ダウン
My News Japanの編集長でジャーナリストの渡邉正裕氏も、若者の「外出離れ」について、「外に出れば必ずカネが出ていく
から。家でTVかネットみてるのが一番経済的。国が20代の非正規化を進めた結果、貧乏になって外出できなくなっただけで
しょ」とツイートしていた。実際、若年層の収入は、約20年前と比べると確実に減少している。国税庁の調査では、1996年
には305万円だった20代前半男性の平均年収は、2015年には271万円に低下。20代後半男性の平均年収も410万円から
383万円まで低下している。こうした収入減少の背景にあるのが、非正規雇用労働者の増加だ。全労働者に占める非正規
の割合は年々大きくなり、2016年には37.5%が非正規労働者という結果に。3人に1人以上が、非正規雇用で働いている
ことになる。もちろん、年収の減少傾向を直ちに「車離れ」や「酒離れ」、「外出離れ」に結び付けられるわけではない。
しかし車や飲酒、フルーツなどがなくても困らない「嗜好品」と考える若者も少なくない。年収の低下が出費の抑制を招き、
結果として「○○離れ」が起きている可能性は高い。車を持たないのも、お酒を飲まないのも、出かけないのも個人のライフ
スタイルの問題であり、外野がとやかく言うことではない。しかしその背景に「金の若者離れ」があるのならば、社会全体で
向き合うべき課題となるのではないだろうか。
世代別非正規労働者数

いつも寝正月のわたしがとやかく言うことでもありませんが、昔は、「休みの日に
何も予定がないのは恥ずかしいことだ」と考えていた若者がそれなりにいました。
今は、そのような価値観そのものが消滅してしまったのかもしれません。
休日に何もしないことをデフォルトにしている人間にとって、休日に昼寝ができる
ことは「人生の喜び?」ですから、休日に前もって予定を入れていること自体が
精神的な負担になるのではないでしょうか?休みなのだから、何をしようと自由。
ただし、外出を全くせず、プレッシャーの全くかからない状況(=すぐに横になれる)
を長く続けると、頭がぼーっとすることも確かです。自律神経失調気味の人や、
うつ傾向のある人にとっては、症状を悪化させてしまう可能性もあるでしょう。
外出しない若い人のなかには「時間を持て余して困る」かたもおられると思います
が、これは心配いりません。なぜなのか知りませんが、年をとるにつれて、一日が
短く感じられるようになります。昔と同様、たいして何もすることがなくても・・・
この他、外出しないことの利点は、とにかく「お金がかからない」ことです。
これからの時代、「お金をかけずに人生を楽しむ」術は、多くの人にとって重要な
スキルになるように思われます。若者で現在、非正規労働に従事している人は、
他人から言われなくても、そのようなスキルを身につけているものと思われます。
しかし、正社員も、「お金をかけずに人生を楽しむ」術を身につけるべきです。
なぜなら、いつ自分が非正規になるか分からないからです。現在、非正規雇用労働者
が増えている理由は、40代、50代などで非正規になる人が増えているからです。
日本の企業の活力を再生させる一番よい方法は、従業員の年齢構成をピラミッド型
に戻すことです。そのためには、どこかのタイミングで、中高年社員の大リストラが
必要になります。日本経済が成長すれば話は変わってきますが、期待薄でしょう。
高給取りほど、お金をかけない生活に慣れていません。来月から非正規になっても
対応できるように心づもりをしておけば、リストラの恐怖に怯えることもありません。



スポンサーサイト

2017_01_03


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬・神津島ライン上に、
宗像三女神の長女、田心姫が
祀られている沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top