東芝の会見は大本営発表か?

category: 新しい記事3  

東芝の原発事業を巡る動き東芝、原発で数千億円損失 最終赤字の可能性 17年3月期 (12月27日 日経電子版)
東芝は27日、2017年3月期に米国の原子力発電事業で数千億円(数十億ドル)規模の減損損失
が出る可能性があると発表した。15年末に買収した米社で当初想定していなかった巨額のコスト
が生じ、資産価値が大幅に低下するためだ。今期の最終損益は赤字となる可能性が出てきた。
東芝が主力と位置づけてきた原子力事業が足かせとなって再建の道筋が見通せないなか、綱川
智社長は「資本増強を検討している」ことを明らかにした。損失は東芝の米原発子会社ウエス
チングハウス(WH)が15年末、米エンジニアリング大手シカゴ・ブリッジ・アンド・アイアン
(CB&I)から買収した米原子力サービス会社CB&Iストーン・アンド・ウェブスター
(S&W)で生じる。S&Wは原発の建設などを手がけている。安全性や品質の向上、工事量
を増やすための追加コストが大きく膨らみ、「損失が数千億円規模になる」(綱川社長)。
当初は買収価格と実際の企業価値との差額を示す「のれん」は約105億円と見積もっていたが、
想定よりも企業価値が大幅に下回ることが判明した。WHとS&Wはもともと2000年代後半
から共同で原発の開発案件を手がけてきた。15年に親会社の東芝本体が会計不祥事で経営危機
に陥るなか、WHは米原発事業の一体運営を目指してS&Wの買収に踏み切り、東芝も
「当時はリスクを上回るメリットがあったと判断した」(綱川社長)が、裏目に出た。
東芝はこれから詳細を精査するとして詳細な損失額は明言せず、「来年2月に予定する16年
10~12月期決算に確定させたい」(平田政善最高財務責任者)と述べるにとどまった。
今期の連結最終損益は1450億円の黒字(前期は4600億円の赤字)の見通しで、損失が数千億円に達すれば最終赤字に陥る公算が
大きい。9月末で3600億円強あった自己資本が大きく傷む可能性も高まってきた。自己資本を超える損失計上を迫られて債務超過に
なった場合、次の期までに解消しないと東京証券取引所の上場廃止基準に抵触する事態になりかねない。東芝には東京証券取引所が
19日、投資家に注意を促す特設注意市場銘柄の指定期間を延長することを発表している。幅広く投資家を募る公募増資を使った資本
増強策の道は事実上閉ざされており、主取引銀行をはじめとする金融機関からの支援などが必要な情勢になる可能性が出てきた。

どうなる東芝の巻企業の資金調達には、銀行からの融資以外に増資や社債の
発行などがあります。しかし、不正会計をした(=投資家
を裏切った)会社が増資なんかできるはずがありません。
東芝が今期、赤字に陥るということならば、三井住友銀行
や三井住友信託銀行などから融資してもらうしかないで
しょうが、2016年9月末に7.5%だった自己資本比率は
さらに低下することになるでしょう。それでは銀行は
納得しないでしょうから、医療事業のように、半導体
以外の売却可能な事業も手放さなければならなくなるの
ではないでしょうか?半導体は、多額の設備投資がない
とやっていけない業界なので、資金が滞れば、あっという
間に競争力を失ってしまいます。苦境に陥った三菱自動車
は日産の傘下に入りましたが、東芝が日立の傘下に入る
とは考えにくいので、マジで結構ヤバいのではないのでしょうか???
東芝は企業体質が軍隊のような組織なのでしょうが、攻めているときはめっぽう強くても、
負けはじめると為す術がなくなるあたり、旧日本軍に似たものがあります。
旧日本軍の「神風特攻隊」=東芝の「チャレンジ」といったところでしょうか?
旧日本軍の「転進」=東芝の「粉飾」というのもあります。
東芝は、「原爆」ではなく、「原発」によって敗戦を迎えることになるのでしょうか?
悪口ばかり書いてしまいましたが、東芝が「敗戦」を迎えないことを願っております。
ただ、敗戦濃厚の組織に所属する人間の立場として、軍隊と企業では大きな違いがあります。
それは、兵隊はやめることができないが、社員はやめることができるということです。
過労死や自殺に追い込まれる前に「退職する」ことしか、身を守る方法はありません。
「欲しがりません勝つまでは」の組織は、最終的には負けるものです。今は強くても・・・


電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ (10月11日 ITmediaニュース)
(前略)どうだろう。暴力以外は、現代のサラリーマン社会でもよくある「陰湿ないじめ」ではないか。意味のない仕事を延々と
やらされて評価されない。服従をさせるため自尊心をズタズタにする。今回亡くなった女性社員も、徹夜で資料をつくっては上司
からダメだしされ、女子力のなさをいじられたりしていたという。このような話をすると、「オレも確かに新入社員のときに厳しく
指導されたが、旧日本軍のいじめのようなものではなかったし、むしろあれがあったから今の自分がある」という主張をする人も
いるが、こういう論調があること自体が、「日本企業=旧日本軍」を裏付ける証左である。旧日本軍では「新兵いじめ」のような
暴力、パワハラが常態化していたが、当時はそういう見方をする者は少なく、大多数の人たちは暴力やパワハラを「人生修練」の
一環ととらえていた。歴史学者・一ノ瀬俊也氏の『皇軍兵士の日常生活』(講談社現代新書)の中では、1933年に千葉県の佐倉の
歩兵第五七連隊に入隊した「石川」という上等兵が書いた日記を紹介している。そこには日々の過酷な訓練などとともに、初年兵
たちに行われた「学科」と呼ばれる体罰などの記述があるが、一ノ瀬氏が「牧歌的な明るさ」と評するように、「石川上等兵」の
日記からは陰湿なものは感じられないという。これにはさまざまな要素があるが、本書の言葉を借りると、『当時の軍が軍隊教育
の過程でさかんに唱えていた〈軍隊=人生の修練道場〉という思考法』が根付いていたことが大きい。長時間労働やある程度の
「しごき」を是とする企業人たちは、「企業=人生の修練道場」だと思い込んでいるふしがある。だから、組織が期待する修練
レベルに達しない「新兵」には、「貴様、それでも皇軍兵士か!」という叱責と同様に、「お前、それでも電通マンか!」という
厳しい言葉がかけられる。このように「日本企業=軍隊」と考えてみると、最近多い「不正」も妙に納得できる。旧日本軍は戦況
が悪化していく中で、思うような「戦果」を得られなくなると、大本営発表で被害を過小にして、戦果を過大に報告した。国威
高揚という大義名分のもとで、国民にウソをつくという「粉飾」に走ったのだ。(後略)



スポンサーサイト

2016_12_28


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top