政府の役割とポスト資本主義

category: 新しい記事3  

平成29年度予算歳出内訳来年度予算案閣議決定 一般会計97兆4547億円
(12月22日 NHK NEWS WEB)
政府は22日午前閣議を開き、一般会計の総額が過去最大の97兆4547億円
となる来年度(平成29年度)の予算案を決定しました。政府が22日閣議決定
した来年度の予算案は、一般会計の総額が今年度の当初予算より7329億円
上回り過去最大の97兆4547億円となります。
このうち歳出では、社会保障費が過去最大の32兆4735億円となりました。
所得のある高齢者の医療や介護の負担を増やすことで、社会保障費の伸びを
目安としていた5000億円程度に抑える一方、保育の受け皿拡大など、若い
世代への支援を拡充しました。また、防衛費も北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル
の発射などを踏まえ、5兆1251億円が計上され、過去最大となりました。
このほか国から地方自治体に配分する地方交付税も増えて15兆5671億円、
公共事業費は5兆9763億円、ODA=政府開発援助は5527億円とともに、今年度の当初予算よりわずかながら増えました。
一方、国債の償還や利払いに充てる国債費は、日銀のマイナス金利政策で金利が下がっていることから、今年度より836億円減り
23兆5285億円となりました。
次に歳入では、税収が57兆7120億円で今年度の当初予算より1080億円増える見込みですが、この数年、数兆円規模で
増えていたことと比べると伸び悩みが鮮明です。新たな借金に当たる国債の新規発行額は34兆3698億円と、当初予算案
としては7年連続で前の年度を下回りますが、減少額は622億円にとどまります。この結果、歳入の3分の1以上に当たる
35.3%を借金に頼る厳しい財政状況が続きます。政府は、この来年度予算案を年明けの通常国会に提出することにしています。
国債発行額の推移      (後略)










少し前までは、政府が社会保障費を削減すると、マスコミは「福祉の切り捨てだ」と
騒いでいたように思いますが、最近の論調では、「社会保障費をどう抑えるか」とか、
「国民が痛みを分かち合う議論をいかに進めていくか」など、社会保障費を含めた歳出
削減を政府に促すものが増えています。高齢者の医療費負担を増大させる今回の措置
を実施しても、社会保障費は5000億円増となります。このペースでも、2030年
には社会保障費が40兆円を超えるでしょう。マスコミや知識人は制度の抜本改革を
訴えますが、結局のところ、高齢者が増えれば社会保障費が増大するのは当然であり、
社会保障費を抑制しすぎれば、国民が医療、介護、年金などの社会福祉を十分に受けら
れなくなることにつながってしまいます。一方、安倍政権の成長戦略も不発気味です。
国の経済を成長させるのは、政府ではなく企業であり、政府は支援をしているに過ぎま
せん。国がいくらお金をバラまいても、単なる無駄遣いで終わる可能性が「大」です。
長期政権になると「打ち上げ花火」をあげたくなるものですが、それをしないのは、
賢明なことなのです。実際のところは、やろうにも「ネタ」がないのでしょうが・・・


今の日本における最大の問題点は、労働者一人の時間当たりの生産性が上がらないこと。
経済が成長するということは、生みだす付加価値が増加することを意味しています。
いくら金利を下げても企業は設備投資を増加させません。また、これから日本の労働
人口は減っていきますし、労働時間を増やすこともできません(増やすべきでもあり
ません)。そうなると、技術進歩や労働者の能力向上によって生産性を向上させようと
するのですが、日本ではこれまでも十分に行われてきたことであって、それだけでは
不十分です。ビジネスモデル変革を伴う経営改革によって付加価値を生み出さなければ、
「従業員は頑張っているけど、全然儲からない企業」ばかりになってしまいます。政府
が企業の経営に口出しするのは「ご法度」だという意見もありますが、生産性を上げる
努力をしようとしない経営者に対して、国民に見える形で、政府が圧力をかけていく
ことは「アリ」ではないでしょうか?経営が傾いてしまうまで放置するのではなく、
出来の悪い経営者には、できるだけ早く退場してもらわなければ社会の損失です。
「会社は社会のものだ」、これはポスト資本主義のキーワードになるかもしれません。


日米生産性の比較日本を「1人あたり」で最低にした犯人は誰か
「世界最高の労働者」を活かせないという罪

(12月23日 東洋経済オンライン)
生産性を向上させないと、社会保障が守れない
日本は今、年金、医療、介護に加えて、貧困、ワーキングプア、
国の借金など、非常に多くの問題を抱えています。だから
安倍政権は、600兆円というGDP目標を置き、女性の活躍、
給料の引き上げ、内部留保の活用などを訴えています。
人口が増えない中でGDPを増やすというアベノミクスの目標は、
生産性を高めていこうということと同義です。この目標を達成するため、日本政府は公共投資、減税、低金利に続くゼロ金利と
マイナス金利、円安誘導に規制緩和と、さまざまな手を打ってきました。政府は企業経営こそできませんが、それ以外にできる
ことはほとんどやっていると思います。しかし、経営者は生産性向上のために動き出していません。「生産性を向上させるべき」
という意見に賛同していないのか、その必要性を認識していないのか、自分の責任を感じていないのかはわかりませんが、
動き出していないのは明らかです。私は本を出版する前の2年間、経営者が動き出さない理由をずっと考えていました。
さまざまな仮説を立てて、データを分析して検証をしましたが、満足のいく説明はできませんでした。ですが、夏休みのある日、
鎌倉のビーチで悟りました。「経営者のモチベーション」こそが問題であると。日本社会が抱える問題は、経営者にとっては
「関係ないこと」です。どれほど社会保障費が膨らんで国の借金が増えても、どれほどワーキングプアが増えても、経営者は
困りません。経営者には、自社に対する責任しかないのです。(中略)
生産性向上のため、政府は「外圧」となれ
日本政府は、今まではずっと経営者を信じて、プレッシャーをかけてこなかったどころか、「ハゲタカ」などとも言われる外資
系金融機関から日本企業を守るという形で、プレッシャーを軽減してきました。人口激増時代には、それで問題ありません
でした。しかし、人口増加が止まった今、この政策はうまくいきません。では、どうすればいいのでしょうか。
私は、政府が公的年金などを通じて「日本一のアクティブ・シェアホルダー」となり、各社に生産性を上げるように強制する
べきだと考えています。生産性を上げられない、無駄な内部留保を活用できない経営者は、有能な経営者が現れるまで首を
切るべきでしょう。世界一有能な国民を預かっている以上、経営者には仕事を効率化し、生産性を上げていく義務があります。
給料を抑えるだけという単純な戦略ではなく、「本物の経営」をするようにプレッシャーをかけるべきです。そのプレッシャー
によって、経営者は株価を継続的に上げる経営をせざるをえなくなります。各社が努力をして、生産性を上げます。その努力の
積み重ねによって、GDPは増えるのです。「そんなことをすると、リストラによって失業者が増える」という反論が予想され
ますが、今や、人が足りないから移民を迎え入れようという、極めて危険な動きがあります。移民にはさまざまなリスクも
あります。人が足りないなら、今いる労働者の生産性を上げていくことによって補えばいいのです。こんなに生産性が低いの
ですから、移民を迎えることを考える前にやるべきことはあるはずです。極端なことを言えば、今までの日本の経営者は、
「経営」をしてきませんでした。激増する人口という恵まれた環境に甘えて、「管理」をしてきただけです。今となっては
不幸なことに、それで大成功を収めてしまいました。この大成功の幻想を追うあまり、人口減少時代に求められている経営に
気づけないのだと思います。これからは経営者という立場の人たちには、きちんと「経営」をしてもらわないといけない時代に
変わりました。経営者が危機感を持たず、人口減少時代にふさわしい「経営」をしないなら、強制的にでもさせるしかありません。
「アメリカのような極端な利益至上主義は人を幸せにしない」と言われます。その通りです。しかし、アメリカの極端な「利益
至上主義」に対する批判を、日本の「利益否定・生産性軽視」の口実にしてはなりません。
何度も言いますが、生産性を高めないかぎり、増え続ける社会保障を維持することも、先進国でトップクラスの貧困率を改善
させることもできないのです。アベノミクスの真の狙いは生産性を上げることです。それを意識して、実行に移す以外に、
日本が再生する方法はありません。



スポンサーサイト

2016_12_24


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top