相手を怒らせてはいけない

category: 新しい記事3  

安倍プーチン共同記者会見日露首脳会談
共同経済活動、交渉へ 「領土」進展なし

(12月16日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
声明で「平和条約締結に向けた重要な一歩」
安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は16日、首相官邸で
会談した。両首脳は会談後に共同記者会見し、北方領土での
共同経済活動に関する交渉を進めることで合意したと発表した。
両国は今後、漁業、海面養殖、観光、医療、環境などの分野で
協議を開始する。懸案の領土問題では、プーチン氏が地域の
安全保障情勢などを挙げて慎重な姿勢を改めて示すなど進展
が見られなかった。 両首脳は会談後、プレス向け声明を発表した。声明では、「(両首脳が)共同経済活動に関する協議を開始
することが、平和条約締結に向けた重要な一歩になり得るとの相互理解に達した」と明記。日本は自国の法的立場を害さない
活動を前提に特例的対応を求めているが、声明では「平和条約問題に関する立場を害さない」として、法的問題については
不明確な表現にとどまった。 声明はまた、「調整された経済活動の分野に応じ、国際約束の締結を含む実施のための法的基盤の
諸問題が検討される」としたが、「特別な制度」は盛り込まれなかった。首相は共同記者会見で、共同経済活動で日露双方の
共存が図れるとの考えを示した上で、双方の立場を害さない「特別な制度」に向けた交渉開始でも合意したと述べた。
両首脳はまた、元島民が査証(ビザ)なしで北方領土に渡航できる「自由訪問」の拡充に関するプレス向け声明も発表。
「人道上の理由に立脚し、一時的な通過点の設置と現行手続きのさらなる簡素化を含む案を迅速に検討するよう指示した」
と説明した。 外務省は16日、ロシア人に対するビザの発給要件緩和のため、観光目的の短期滞在は3年以内で何度でも
出入国できる数次ビザを17年1月申請分から導入すると発表した。商用目的の数次ビザの期間も3年から5年に延長し、
発給範囲も拡大する。日本はロシアのクリミア編入への制裁措置で停止してきたロシアとのビザ緩和協議は行っていないと
説明するが、事実上の制裁緩和となる。 プーチン氏は16日夜、全ての日程を終え、大統領特別機で帰国の途についた。

在沖米軍トップ記者会見沖縄「植民地意識丸出しだ」 オスプレイ抗議に米軍激怒
(12月15日 朝日新聞デジタル)
米軍の垂直離着陸機オスプレイが沖縄に配備されて4年余り、機体が
大破するほどの重大事故を初めて起こした。在日米軍施設が集中する
地元からは非難の声が噴出し、基地負担軽減をアピールしてきた安倍
政権は冷や水を浴びせられた。米軍は原因究明を約束したものの、
全国に広がる日米のオスプレイ運用にも影を落としかねない状況だ。
事故から一夜明けた14日。沖縄県の安慶田(あげだ)光男副知事
が、米軍キャンプ瑞慶覧(沖縄県北中城村など)を訪れ、事故への
抗議文を読み上げた。安慶田氏によると、その際、在沖米軍トップ
で第3海兵遠征軍司令官のニコルソン四軍調整官の表情はみるみる
怒気に染まっていった。ニコルソン氏は「パイロットは住宅、住民に
被害を与えなかった。感謝されるべきで表彰ものだ」と述べた。
安慶田氏が「オスプレイも訓練もいらないから、どうぞ撤去してください」と伝えると、「政治問題化するのか」などと話し、
テーブルをたたく場面もあったという。会談後、安慶田氏は記者団に「植民地意識丸出しだ。私たちからすると、抗議する
のは当然だ」と感想を述べた。ニコルソン氏はその後の記者会見で、「オスプレイが(市街地上空を通る)普天間、嘉手納
に行こうとしなかったことは称賛すべき決断だ」と強調した。(後略)

むずかしい相手に対し、相手を怒らせずに、こちらの要求を伝えることは容易では
ありません。ロシアもアメリカも明らかに日本よりも大国ですから、相手が横柄で
あることはある程度覚悟しておく必要があります。こちらが感情的にならないように
気持ちを常に落ち着かせておかなければなりません。交渉がうまくいかなかったとき、
交渉が失敗したのは、こちらが断固とした意思を示さなかったからだという主張をする
人が必ずいます。しかし、ロシアとの交渉を例にあげると、「4島を返してください」
「はい。分かりました」とならないことは明白です。それで済むなら、既に解決して
いたはずです。沖縄の例も同じで、「オスプレイも訓練もいらないから、どうぞ撤去
してください」「はい。そうします」と、在沖米軍トップが言うと思いますか?
だいだい、在沖米軍トップが判断できることでもありません。相手に非がある場合でも、
一言は相手を思いやる言葉をかけるべきです。多分、沖縄県副知事は、いきなり抗議
をしたのでしょう。一言、「オスプレイ搭乗員のお怪我の状態はいかがですか?」と
言っていれば、在沖米軍トップは「パイロットは感謝されるべきで表彰ものだ」とは
言わなかったでしょう。本当に言ったかどうかも疑わしいように思いますが・・・
沖縄県副知事は、はじめからケンカを売りにいくことが目的だったのかもしれません
が、相手を怒らせて、得になることは何もありません。これと比較すれば、安倍さん
はよく頑張っていると思います。ただし、結局のところ、この努力は水泡に帰して
しまうように思いますけど。ひょっとしたら・・・という思いもゼロではなかった
だけに、やはり、4島が返ってこなかったのは残念です。それでも、友好関係を保ち、
相手の譲歩を引き出そうとする姿勢を続けるしかありません。
相手のしたことが「悪」であっても、啖呵を切ってはいけないのです。




スポンサーサイト

2016_12_17


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top