夜型人間は朝型にはなれない

category: 新しい記事3  

 睡眠の都市伝説を斬る (ナショナルジオグラフィック日本版サイト)
 第8回 眠気に打ち克つ力 その2 ―米国学会が若者に“寝坊のススメ”
 (前略)
 米国小児科学会の声明
 1)学業と心身の健康を維持するためには毎日8.5~9.5時間の睡眠時間が必要で、
   睡眠不足を昼寝や週末の寝坊で穴埋めするのは無理である。
 2)思春期は人生で最も体内時計が夜型化する年代なので、(あくまで平均だが)
   23時前に寝て、朝8時前に目覚めるのは難しい。
 3)したがって睡眠時間を確保するためには現在の一般的な登校時間である朝8:30
   は早すぎるので、もっと登校時間を遅くするなど工夫が必要である

なんと!早寝早起きではなく寝坊のススメである。誤解されては困るので再度繰り返すが、夜更かしを薦めて
いるのではない。生理的に早寝早起きが難しい年代であるから、努力だけでは限界がある、起床時刻が早いと
どうしても睡眠不足になる、では制度変更で対応してあげよう、ということなのだ。
この声明を読んで、「今更遅いわい! 自分の学生時代に言ってほしかった!」とうめき声を上げた方も少なく
ないはず。勉強やスポーツで忙しいのならやむを得ないが、生理的にマッチしない登校時間のために睡眠不足
になって授業中寝ているのでは本末転倒である。米国には登校時間が朝7時前の進学校もあるそうで、いくら
何でも無茶である。小児睡眠学の専門家は登校時刻を9時にすることを薦めている。 さすが米国、提言をする
ための実証研究もすでに行われており、始業時間が早いことにより学業成績の低下、メンタルヘルスの悪化、
通学中の交通事故の増加などさまざまな問題が生じることが明らかになっている。そこで次のステップとして、
始業時間を遅くすることでこれらの問題が改善されるのかチャレンジした学校があった。その結果を紹介しよう。
その結果、参加した学生の睡眠時間は試験前の平均7時間7分から7時間52分へと45分長くなり、授業中の眠気
が顕著に減り、集中力が上がるようになったのだ。30分寝坊できるようにしただけで、なぜ睡眠時間が45分
長くなったのか理由は明らかでないが、授業中の居眠りが減ったため早い時間帯に眠気が出るようになったので
あろう。 実は、参加した学生には更に特筆すべき変化が見られたという。始業時間を遅らせることで抑うつ感
や倦怠感が改善し、健康に対する不安を訴えることが少なくなり、学習や課外活動へのモチベーションが
高まったのだ。逆に言えば、思春期の夜型体質のために睡眠不足に陥り、その結果、眠気だけでなくココロと
体にさまざまな悪影響を蒙っている若者が多いことを如実に示した結果であった。(後略)
朝型夜型スコア




朝型夜型チェックリストに
よるクロノタイプの分布
(国立精神・神経医療
研究センターで実施した
1170名での調査結果)。
夜型生活をしていると
夜型になるのではなく、
夜型になりやすい
体質がある。
(イラスト:三島由美子)


うちの子は夜型生活をしているので夜型になった!と思っておられる親御さん。
それは間違いですから。夜型になる原因のひとつは、思春期になると体内時計
が夜型化すること。さらには、夜型になりやすい体質があるからです。
朝型タイプの人にとっては、早起きはそれほど嫌なことではないのかもしれま
せんが、夜型人間にとって、早起きは苦行以外の何ものでもありません。
さらに、夜型人間は早起きすると、一日中、調子が上がらないこともあります。
当然ながら、早く寝ることで睡眠時間を確保しようとするのですが、全然眠く
なりません。あまりに眠れないとだんだん焦ってきて余計に眠れなくなります。
たとえ早く眠れたとしても、やはり朝は眠いのです。朝早く起きなければなら
ない日が続けば確実に睡眠不足になってしまいます。そして、休日の朝寝坊が
人生最大の喜びになります。毎日が眠い人間にとって、睡眠以上の喜びがある
でしょうか?世のなかには「なぜ眠るのか?」という疑問を持つ人がいますが、
逆に、「なぜ目を覚ましている必要があるのか?」と聞き返したいくらいです。
人間というもの、「食う」と「寝る」が満たされていないと、そのことばかり
考えてしまいます。どうにかしてほしいと思いますが、日本の現状をみると、
夜型人間が生きやすい社会にはなりそうもありません。
サマータイムなんて絶対にやめてほしい。夏になったら、昼間に寝て、勤務
時間を夜にしてほしいくらいです。真夏の真昼に活動なんかできるもんか!
政府は企業がフレックスタイム制を導入するのを後押ししていますが、導入が
進んでいるとはいえません。フレックスが普及すれば、通勤電車の渋滞緩和
にもなります。首都圏在住の人は、通勤時間が長いので早起きしなければ
ならないうえ、通勤で疲労してしまう。その苦労で、何かが生み出されるわけ
ではないのですから、とっても非生産的。


語る糸井重里糸井重里が語る「食う」「寝る」ともうひとつの大切なこと
(2014年12月25日 dot.ドット)
(前略)糸井:まず、誰かの役に立ちたいと考えますよね。たとえば子どもなんかは、
お店屋さんごっこが大好きじゃないですか。自分を介して、モノや情報を媒介する
ことに喜びを覚える。本能でしょうね。そのとき、儲かんなくてもいいからやれ、
ではなく、稼ぎなさいと言うと、嬉々としてやる。
出口:インセンティブって大事ですよね。おいしいものを食べたい、デートをしたい。
あるいは子どもを育てる。そのために稼ぐ。武士は食わねど高楊枝って、嘘だと思い
ますね。成り立たない。
糸井:同じことを矢沢永吉も言っていました。「人生金じゃない」って言っている人がいる。しかし、彼女が
できた、結婚をした。そんな時でも、人は食うや食わずの生活を選ぶことができるのか。「それでも金じゃない」
と言えるんだったら、貫け。言えないんだったら考えることがあるだろうと。彼は、そんなロジックでお金の話
をしていました。つまり、衣食「楽」足りて、礼節を知るなんですよね。
出口:そう思います。
糸井:吉本隆明さんから聞いたことで、戦後、女性の間で石けんが奪い合いになったそうです。身ぎれいにする
ことが食に匹敵するぐらい、求められた。日産自動車のためにつくったコピーで、「くうねるあそぶ。」が
あります。落語の前座噺である「寿限無」に、「くうねるところにすむところ」があって、そこから発想を得た
ものです。ぼくは、「くうねる」に「あそぶ」を入れないと納得がいかなかったんです。いま、こういう時代
ですから、「あそぶ」という言葉は反感も浴びちゃうんですよね。でも、それでいいのかなあ。
                     ※AERA  2014年12月29日―2015年1月5日合併号より抜粋


スポンサーサイト

2016_11_27


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top