睡眠時間はトレーニングしても短くできない

category: 新しい記事3  

長時間労働よりコワイ!過労死招くのは、こんな眠り方 (11月17日 dot.ドット)
労働災害(労災)の認定では「時間外(残業)や休日の労働時間」が重要視される。どれだけ長く、休みなく
働いていたかに目がいきがちだが、認定基準は「蓄積された疲労が解消できる睡眠時間を確保できていたか」
が根拠となっている。「睡眠時間は短いけれど、乗り切っている」という人は要注意だ。睡眠時間と睡眠の
質には、強い相関関係があり、睡眠6時間未満の人は脳卒中や心筋梗塞を発症しやすいからだ。
「睡眠のメカニズム」に、その答えはある。
睡眠不足の影響●短時間睡眠と突然死
睡眠には「ノンレム睡眠
(深い眠り)」と「レム
睡眠(浅い眠り)」の
周期があることは知られ
ている。私たちは眠ると
すぐノンレム睡眠に入り、
およそ15分後からは
「デルタ波」という脳波
が出始める「徐波睡眠」、
いわゆる“爆睡”が始まる。
この時間帯は成長ホルモン
によって、新陳代謝を促し
ながら傷ついた細胞を
修復し、疲労を回復している。その後、レム睡眠とノンレム睡眠は交互に起こる。レム睡眠のときは脳が覚醒し、
体の神経が高ぶり呼吸や心拍が速くなり、血圧も上がる。やがて、起床前になると体が起きる準備をするため、
レム睡眠が長く続く。このとき、夢を見ることが多い。レム睡眠には体をリラックスさせ精神的なストレスを
解消する効果もある(※注1)。これが通常の睡眠リズムである。        注1)Gujar et al(2011)
だが、ストレスフルな状態で起きている時間が長くなると、疲労回復のために徐波睡眠がより長くなる。その
結果、レム睡眠が短くなるので、神経が高ぶる。心拍数の増加や血圧の上昇を引き起こし、体へ過剰な負荷が
かかることが実験で明らかになっている(※注2)。         注2)佐々木司、酒井一博(1997)
1997年に研究結果を発表した大原記念労働科学研究所の佐々木司上席主任研究員は、こう説明する。
「実験では、健康な男子大学生に毎日5時間の睡眠を12日間続けてもらいました。その結果、初日に約58拍
だったレム睡眠中の1分間の心拍数が、3日目には約68拍に増えた。これは寝ていても体を休められていない
状態を表しています」この短時間睡眠による体への負荷が繰り返されると、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす
要因となる。時間外労働削減のため、週半ばの水曜日に「ノー残業デー」を設ける組織や企業があるが、
これは睡眠リズムの観点からも理にかなっている。海外の研究で睡眠時間が異なる4種類の群(9時間、7時間、
5時間、3時間)をつくり、一瞬の反応が必要な作業をしてもらったところ、3時間の群は日に日に反応速度が
遅くなり、特に3日目に大きく低下した。つまり、短時間しか眠れないほど忙しくても、3日目は早く帰って
寝たほうが効率がいい。                       ※AERA 2016年11月21日号

潜在的睡眠不足自覚なし…“隠れ睡眠不足”あるかも 20代男性で1時間程度
(11月21日 産経ニュース)
毎日よく眠れて寝不足の自覚がない人でも、本当に必要な睡眠
時間には足りていないかも-。国立精神・神経医療研究センター
の三島和夫部長らのチームが、20代男性への睡眠試験を基に、
こんな警告を発している。本来必要な睡眠時間は普段の睡眠
時間より平均1時間ほど長いと考えられ、睡眠の充足で
ストレスに関わるホルモン分泌などが改善したという。
20~26歳の男性15人に明るさを調節できる実験室に入って
もらい、試験前日は普段通りに就寝させたが、9日間にわたる
試験の間は、夜10時から朝10時までの12時間、室内を
真っ暗にし、その環境でどれだけ睡眠が延長するか観察した。
15人の普段の睡眠時間は平均7時間22分で、同年代の平均
と同じくらい。全員が睡眠不足の自覚はなかった。しかし睡眠延長試験に入ると、ほとんどの人に初日は10
時間以上眠る「リバウンド」と呼ばれる現象が現れ、その後約1週間かけて睡眠時間が徐々に短縮し安定化
する傾向が見られた。睡眠時間の変動カーブを基に安定化する時間を計算すると、平均8時間25分となり、
三島部長らはこれを「必要睡眠時間」と名付けた。普段の睡眠時間との差である約1時間が「潜在的睡眠
不足」とみられるという。試験の前後で血液検査をしたところ、試験後は空腹時の血糖値やストレス応答に
関わるホルモンなど5種類の検査数値が、いずれも正常範囲内だが、望ましい方向へと変化していた。
三島部長は「潜在的睡眠不足は、本人の自覚なしに心身の負担になっている可能性がある」としている。

電通の新入社員で、2015年に過労自殺した高橋まつりさんが、ツイッターの
つぶやきで、1日の睡眠時間が2時間であったり、勤務時間が20時間にも及んだ
苦しみを打ち明けていたことから、長時間労働と睡眠の問題がクローズアップ
されています。睡眠は脳にだけでなく、免疫など身体のあらゆる機能にとって
重要であることが科学的に分かっています。睡眠について何も学習しなくても、
睡眠が重要であることは誰にでも分かります。寝不足が続いてパフォーマンス
が落ちるようでは、生き残れない職場。電通に限ったことでもないのでしょう
が、大手一流企業だから簡単には辞めらないという側面もあるかもしれません。
睡眠なしで生活を続けることができないことは誰でも分かることなのに、なぜ
眠らなければならないのかという理由はいまだに科学的に解明されていません。
ただ最近の研究によると、睡眠中、脳の老廃物の排出が積極的に行われている
とのこと。脳内の老廃物排出に関わる自浄システムであるGlymphatic system
が、起きているときに比べて10倍以上活発になっているそうです。睡眠時間が
少ないと、脳内にある老廃物の処理が不十分である可能性があります。
そのことに関連して、わたしたちが知っておかなければならない重要な事実は、
「睡眠時間はトレーニングしても短くできない」ということです。
18歳から64歳の大人は、1日に7時間から9時間の睡眠が必要です。なかには
睡眠時間が短くて済む人がいますが、それは遺伝なので、トレーニングで出来る
ようになるものではありません。電通のような職場で生き残れる人は、睡眠時間
が少なくても生きていけるタイプなのでしょう。




スポンサーサイト

2016_11_25


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top