トランプ氏の誕生日は月食の日

category: 新しい記事2  

【米大統領選2016】ドナルド・トランプ氏の頭の中 (11月2日 BBC news JAPAN)
マイケル・ダントニオ氏によるインタビューは、出馬前のトランプ氏とマスコミ関係者の会話の中でも、最も長時間かつ
新しいもののひとつだ。このインタビューをもとにダントニオ氏は今年5月、「The Truth About Trump(トランプの
真実)」という評伝を発表した。インタビュー内容から、トランプ氏について分かった8つのことを並べてみる。
1. 過去について話すのが好きではない
どうして「いつも今が第一」なのかと問われたトランプ氏は、「僕は過去にこだわらない。そこが気に入らない人もいる。
僕は未来のことを考えている」と答えた。「過去から学ぶが、過去にこだわらない。それはとても大事な教訓だと思う」
とトランプ氏は述べ、さらに「反省しないし、ほかの人にも反省してほしくない」と付け加えた。別のインタビューでは
「自分を分析するのは好きじゃない。見えてくるものが気に入らないかもしれないから」と話している。
2. けんかが好き
ニューヨーク市クイーンズ地区で過ごした幼少期について聞かれ、「いつもとても反抗的だった」とトランプ氏は答えた。
「あまり当時のことは話したくないんだ。でもとても反抗的で、自分はこうするんだと決めて譲らなかった」。「けんか
が大好きだった。いつも大好きだった」と述べ、「どんなけんかでも。どんなけんかでも大好きだった。体を使うのも
含めて」と補足した。
3. 失敗を受け入れるのが嫌い
倒産を何度も経験しているものの、トランプ氏は「失敗は一度もしてない。いつも失敗を成功に変えてきたから」と
話している。
4. 自分の名前が記事になるのが大好き
自分の名前が記事に書かれているのを初めて見た時(若い有望な野球選手として本塁打を打った)について、
「自分の名前が印刷されているのを見て、気分がよかった。面白かった」と話している。
「ほとんどの人は、記事にならないからね。ほとんどの人は記事になりたいはずだけど、記事になる人がどれだけいる?
全然いない。記事になる人はほとんどにない」
後にトランプ氏は、今では自分に関する報道をチェックするチームがいると言い、「今では毎日何千もある」と話した。
5. 良い政治家は良いセールスマンだと考えている (略)
6. 自分は正直だから騒ぎになると考えている
「僕は正直だから、騒ぎになるんだと思う。正直すぎるから、騒ぎになるんだと思う」とトランプ氏は言う。
「僕はとても頭がいい人間だ。完璧な返事をして、みんなそれで満足して誰も気にしなくて、誰も何も書かないし、
それでなんの問題もない。そういう風にもできる」
「それか、正直に答えるか。そうすると、大騒ぎになってしまう」
7. パットが上手(らしい) (略)
8. スキーの名人を良く思っていない、自分より上手いと見せつけられるのも嫌い (略)

トランプ氏ホロスコープトランプ氏は1946年6月14日生。
出生時刻は、午前10時54分との説が
有力ですので、これを採用しました。
出生場所・時刻が分かりますと、星の位置
がより明確になります。ホロスコープでは
南が上。ホロスコープの上半分が見えて
いる空で、南を向いた状況を思い浮かべて
ください。すると、左側が東になります。
ASC付近にある星は、本人の人生に対する
姿勢を示すと言われますが、トランプ氏の
場合は、争いや喧嘩の象徴である「火星」。
また、ASCを昇りきった宮が王権を象徴する星座である「獅子座」であるのもすごい。
そして多くの星がASCとMCの間にあります。つまり、トランプ氏は南半球かつ東半球
の特徴を備えているのです。簡単に言ってしまえば、「個人主義」「先導的」で、
「外向的」「社会で活躍したいタイプ」の人なのです。見た目そのままですね。
特に、月以外の星はすべて東半球ですので、根っからの「俺様に従え」タイプ。
半球に偏っていると、星がオポジションの関係にならないので、物事が順調に進み
やすいのです。ただし、月は太陽とオポジションの関係にあります。つまりは満月。
いや、それだけではありません。太陽とドラゴンヘッドが近接していますので、
トランプ氏の誕生日は月食の日なのです!これだけ太陽とドラゴンヘッドが近いと
皆既月食になります。天体ショーとして、皆既月食はとても大きなイベントですが、
月食は占星術でも重要な意味のある現象とされています。(多分、続く)


南北東西、半球ごとの星の分布でホロスコープをみる
(2013年8月12日 UNIRRY | WEBデザインとホロスコープと宇宙のブログ)
南半球と北半球南半球と北半球
他者と出会ってからの南半球(ホロスコープの上半球)と、他者に出会う
前の北半球(ホロスコープの下半球)では、意味に違いがでてきます。
南半球は、黄道の光の世界、目に見える世界です。北半球は、黄道の目に
見えない世界、足元の世界です。そのため、南半球には、「外」「意識的」
「顕在的」「他者」「社会」「派生的」といった意味合いが強くなります。
反対に、北半球には、「内」「無意識的」「潜在的」「自身」「個人」
「根源的」といった意味合いが強くなります。具体的には、南半球に星が
多い人は、「外的に働きかけることが多い」「顕在意識のほうが強い」
「社会的な満足度を求める傾向が強い」「能力を外に開放しやすい」など
が言えます。北半球に星が多い人は、「内向きに働きかけることが多い」「潜在意識のほうが強い」「根源的な満足度
を求める傾向が強い」「能力を内にため込む」と言えます。どちらもそれぞれに魅力的です。
東半球と西半球東半球と西半球
個人のはじまりが頂点にくる東半球と、他者のはじまりが頂点にくる西半球
とでは、南半球と北半球と同じように意味に違いがでてきます。東半球は、
「個人主義」「自分主導」「オリジナル」「自律」「先導」「排他」、
西半球は「他者主義」「他者主導」「模倣」「他律」「従属」「受容」など
です。具体的には、東半球に星が多い人は、「自分主体の考え方をする」
「自分の内にとじこもりやすい」「先導する側にたつ」「オリジナルである
ことに価値をみいだす」などが言えます。西半球に星が多い人は、「他者主体
の考え方をする」「周囲のことをよく見ている」「周囲と協調していくこと
を大事にする」「受け入れられることに価値をみいだす」などが言えます。



スポンサーサイト

2016_11_17


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top