地下水をナメてはいけない

category: 新しい記事2  

博多駅前道路陥没1博多駅前の道路30m陥没、大量の水流入
地下鉄工事中
(11月8日 朝日新聞デジタル)
8日午前5時15分ごろ、福岡市博多区のJR博多駅前の市道
2カ所が縦約10メートル、横約15メートルにわたって陥没
した。穴は徐々に広がり、計5車線の道幅いっぱいの約30
メートル四方、深さ約15メートルになった。現場は地下鉄
延伸のための工事中。穴には水が激しく流れ込んでいて穴が
さらに広がる可能性がある。市は、周辺のビル10棟に避難
勧告を出した。市は掘削が陥没の原因となったことを認め、
謝罪した。付近では一時、ガス漏れもあり、警察が一帯を
通行止めにし、火を使わないよう呼びかけた。最大で周辺の
800戸が停電した。博多駅前3丁目のビルでは、70代女性が階段を踏み外して転落し、けがをした。福岡市交通局による
と、現場は市営地下鉄七隈(ななくま)線延伸工事の「博多駅(仮称)工区」部分のトンネル掘削中で、深さ約25メートル
の地中を掘り進めていた。午前5時ごろ、現場に地下水が流れ込んできたため作業を中断。約10分後に道路上を交通規制
して点検をしていたところ、路面の崩落が始まったという。事前のボーリング調査で、現場付近は地下3~5メートルより
深い位置に地下水が流れているとわかっていた。これまでも掘削工事中にわずかに水がしみ出していたが想定内の量で、ポン
博多駅前道路陥没2プで排水していたという。交通局幹部は「万全の措置をとってきたが、一番恐れる陥没
の事故が起きた。深く反省している」と説明した。陥没で崩壊した下水管から正午現在、
水が流れ込んでいる。(後略)

福岡市、陥没現場の埋め戻しを開始 博多駅前 (11月8日 朝日新聞デジタル)
福岡市博多区のJR博多駅前の市道が市営地下鉄七隈線の延伸工事に伴って陥没した
事故で、市は8日午後1時半ごろから、陥没でできた穴を応急的に埋め戻す作業を
始めたと発表した。市交通局によると、周辺の建物や土の崩壊を防ぎ、被害の拡大を
防ぐのが目的。流動化処理土と呼ばれる埋戻し材を投入するが、電気やガス管などの
復旧にも対応する必要があり、「可能な範囲で埋め戻していく」方針。道路の仮復旧
にもつなげたい考えだ。ただ、埋め戻し完了の時期は未定で、「時間はかかる」見通
しだという。陥没は幅約27メートル、長さ約30メートル、深さ約15メートルに
及んでいる。

これだけの大規模な道路の陥没なのに、作業員も含めて人的被害がなくてよかった。
「一体、何をやっているんだ」とお怒りのかたもおられるでしょう。施工や管理体制
などに問題があった可能性も否定できません。しかし、地下水の流入は、万全の対策
をとっても避けらない場合もあります。事前にきちんと調査していても、地下水の状況
は掘ってみないと分からない面もあり、完全にコントロールできるものではありません。
2012年に起きた海底トンネル崩落事故では、適切な措置を講じていなかったとして、
業務上過失致死傷の容疑で現場責任者が書類送検されました。しかし、最終的には
不起訴処分になっています。なぜ事故は起きたかが分からなかったからです。つまり、
このような事故は今後も起こりうるということです。水島コンビナートでは、この
海底トンネルの建設は中断されたままで、再開の見込みはありません。


水島トンネル崩落事故倉敷・海底トンネル崩落事故、鹿島を書類送検
(2014年11月21日 産経WEST)
岡山県倉敷市水島のJX日鉱日石エネルギー水島製油所で平成24年
2月、作業員5人が死亡した海底トンネル崩落事故で、倉敷労働基準
監督署は21日、危険防止に必要な措置を怠ったとして、労働安全
衛生法違反容疑で工事元請けの鹿島(東京都)と下請けの弘新建設
(愛知県)、両社の現場責任者(当時)2人を書類送検した。書類
送検容疑は、事故の前月に行った掘削で大型掘削機(シールドマシン)
の位置が計画より15センチ以上ずれているのに見直しをせず放置。当時の責任者2人は落盤などに備えた避難訓練や消火
の訓練を行わず、危険防止に必要な措置を講じていなかったとしている。倉敷労基署は「事故前に停電が起きており、十分な
備えをしていれば避難できていたかもしれない」と指摘した。岡山県警も近く、業務上過失致死容疑で書類送検をする方針。
事故は24年2月7日、掘削中の横坑(内径約4・5メートル、長さ約160メートル)の先端でトンネル天井が崩落し海水が
流入。作業員6人のうち、5人が死亡した。

岡山・倉敷のトンネル作業員5人死亡事故、鹿島関係者4人を不起訴 (3月31日 産経WEST)
岡山県倉敷市で平成24年、海底トンネルの掘削中に海水が流入し作業員5人が死亡した事故で、岡山地検は31日、業務上
過失致死傷容疑で書類送検された工事元請け、鹿島(東京)の当時の海底シールド工事事務所長(54)ら4人をいずれも
不起訴処分とした。地検は「事故原因を特定できなかったため」と説明している。ほかに不起訴となったのは、いずれも当時
の鹿島の工事事務所副所長(65)、同工事課長(46)、事故で死亡した1次下請けの弘新建設(愛知県知多市)の職長=
当時(61)。事務所長ら3人は嫌疑不十分、職長は容疑者死亡を理由とした。

地下水を制御することは非常に難しいのです。ですから、福島原発の凍土壁はナンセンス。
お金の無駄遣いです。10月には再び凍らせたという発表がありましたが、いつになっても
凍土壁の海側エリアの地下水の汲み上げ量が減ったという発表はありません。たとえ、
一時的に地下水を遮断することができたとしても、何かのきっかけで再び「ダダ漏れ」に
なってしまうでしょう。日量数百万トンもの地下水の流入が止められるもんか!
地下水をナメている と今後も痛い目に遭うでしょう。豊洲市場も同じですよ・・・
「突然湧きだした地下水とともに引火性ガスも出てきてドカン」なんてことにならない

福島原発凍土壁保証はどこにもありません。少なくとも、換気は絶対必要です。

福島第一、地下水が急上昇 大雨続き凍土壁2カ所溶ける (9月2日 朝日新聞デジタル)
東電によると、凍土壁の下流の護岸の地下水位は、台風10号が通過した先月30日に
一時、地表の下28センチまで上昇した。台風10号の通過前は35センチ下だったと
いい、7センチほど上昇した。台風10号による付近の降水量は1日で55ミリ。それ
だけなら5・5センチの上昇ですむはずだが、ポンプで740トンの地下水をくみ上げた
にもかかわらず、降水量を超える水位の上昇があった。東電によると、先月17日に
接近した台風7号の大雨以降、凍土壁の2カ所で0度以下だった温度が0度以上に
上昇した。度重なる大雨で大量の水が流れ込んだことで溶けたとみられる。東電は
薬剤を流し込み、再凍結を促す工事をする。(後略)



スポンサーサイト

2016_11_09


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top