豊洲市場は本当に大丈夫なのか?

category: 新しい記事2  

豊洲盛り土問題会見豊洲市場、盛り土されず…小池都知事緊急会見
(9月10日 読売新聞 YOMIURI ONLINE)
東京都の小池百合子知事は10日、緊急記者会見を開き、築地市場
(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の一部で、土壌汚染
対策の盛り土をしていなかったと発表した。都はこれまで、豊洲
市場の敷地は約4・5メートルの盛り土をしたと説明していた。
今後、かつて土壌汚染対策を検討した都の専門家会議メンバーに
調査を依頼するとともに、移転問題を調査する専門家のプロジェクト
チームが安全性を検証する。都によると、豊洲市場の「水産仲卸売
場棟」「青果棟」など五つの主要施設の地下は、配管や配線が通る
空間で、床は厚さ35~45センチのコンクリートで覆われている。
土壌汚染対策法の安全基準は満たしているが、小池知事は「都が
設置した専門家会議は安全性を確認していない」と問題視した。
都はこれまで、ホームページなどで、建物の下にも盛り土がある
説明図を掲載してきた。担当者は「図は豊洲市場の設計前のもので、
更新することに思い至らなかった」などと説明した。

豊洲市場は東京ガスの工場跡地に整備したものです。国の環境基準を大きく上回る有害
物質(鉛・ヒ素・六価クロム・シアン・水銀・ベンゼン)が検出され、発癌性物質である
ベンゼンにいたっては、局地的には国の基準の43,000倍だったと報道されています。
現在の都市ガスはLNG(液化天然ガス)なので製造は不要ですが、昔は、石炭を乾留
(蒸し焼き)して発生させたガスを精製して都市ガスにしていました。現在でも、製鉄所
ではコークス炉ガスとして副生されています。主成分は、水素、メタン、一酸化炭素
ですが、それ以外の成分も多く含まれます。現在では、ガスに含まれる有害物は適切に
処理されていますが、当時はたれ流しされていたのでしょう。予想される有害物としては、
硫化水素、アンモニア、青酸ガスのガスがありますが、これらは適切に処理されていな
かったとしても、ガスですからどこかに飛んでいってしまいます。青酸ガスの一部は、
シアン化物となって土壌に残留します。飛散する石炭の微粒子には、水銀などの重金属
が含まれています。これも適切に処理しなければ土壌に残留します。これらは地下水に
漏出することはありますが、土壌対策をすれば、粉塵として大気中には飛散しません。
ベンゾ[a]ピレンなど、発癌性が指摘されている多環芳香族炭化水素も残留している
ことが予想されます。ただ、水への溶解度が低く、揮発性も低い物質なので、土壌の
なかに半永久的に留まっていることでしょう(多環芳香族炭化水素は化学的に安定)。
やっかいなのは、VOC(揮発性有機化合物)です。そのなかでも、石炭ガスに比較的
多く含まれていて、人体に特に有害なベンゼンが最も問題になる物質です。ベンゼンは
VOCのなかでも特に有毒な物質なのです。肝臓は、油溶性物質を酸化して水溶性物質
に変えることで代謝を行いますが、ベンゼンは酸化されにくい物質であり、(強引に?)
肝臓で酸化されることで、ベンゼンオキシドという化学的にとても活性な化合物に変換
されてしまいます。このオキシド化合物が細胞を損傷させるのです。よって、化学的に
似ているベンゼンとトルエンを比較すると、ベンゼンのほうが明らかに人体に有害。
このような理由で、ベンゼンには特に厳しい環境基準が定められているのです。
ベンゼンとトルエンの代謝今回、小池知事が指摘した
施設の地下には空洞がある
というでしょうから、そこに
しみ出している地下水から
環境基準を超えるベンゼン
が検出されなければよいの
ですがね・・・


ベンゼンの法規制



スポンサーサイト

2016_09_12


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top