行きたくない街・名古屋に贈る言葉

category: 新しい記事2  

ナナちゃん「行きたくない街」は名古屋 市自ら調査、つらい結果に
(8月30日 朝日新聞デジタル)
国内主要8都市で、名古屋は「行きたくない」街ナンバーワン。
名古屋市が「ライバル」7都市と比べた魅力度を各都市で調査
したところ、そんな結果が出た。「名古屋が日本を支えている」。
河村たかし市長はイメージアップへ号令をかけるが、前途は
険しそうだ。「うちが調べた数字で、行きたくない街ナンバー
ワン。よほど危機感を持って面白い街をつくらにゃあ」。
河村氏は30日、愛知県との意見交換の場で繰り返し嘆いた。
市は6月、東京23区と札幌、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、
福岡の7市に住む20~64歳を対象にインターネット調査を実施、
各都市から418人ずつ回答を得た。どの程度行きたいか尋ねて
指数化すると、名古屋は「1・4」。首位京都(37・6)の27分の1という結果となった。「最も魅力的に感じる都市」
に名古屋を選んだのは全体の3%で最下位。首位の東京23区(22・4%)の7分の1だった。「最も魅力に欠ける都市」
は大阪市(17・2%)を引き離し、30・1%に上った。

「うなぎパイ」がJR名古屋駅から消えた 「赤福」まだ売っているのに何故だ? (9月2日 J-CASTニュース)
夜のお菓子「うなぎパイ」が、JR名古屋駅構内にある売店という売店からすべて消えた。うなぎパイは、静岡県浜松市の春華堂
が1961年から製造・販売。独自の「うなぎパウダー」をパイ生地に練りこんで焼く、パイ職人の手わざから生まれる洋菓子で、
「浜名湖名産」として知られている。JR名古屋駅といえば、うなぎの養殖で知られる浜名湖が近く、銘菓「うなぎパイ」は
駅構内の売店「キヨスク」で、それこそ当たり前のように売られていた。そのうなぎパイが、突然のように「消えた」という
のだ。キオスクでは2016年9月2日時点で販売されておらず、東海キオスクによると、うなぎパイの取り扱いをやめたのは
2016年2月からで、現在は名古屋駅の新幹線地下街ESCA内にある「GIFT KIOSK」で販売しているという。当時、貼り紙
などによる告知はしなかったが、「お客様からのお問い合わせもあって、店員には『GIFT KIOSK』に案内するよう指導
しました」と話している。うなぎパイがJR名古屋駅から「消えている」との情報は、2016年8月30日、ツイッターへのある
投稿をきっかけに、瞬く間に広がった。(後略)

名古屋駅(めいえき:地元の人が「なごやえき」と言っているのを聞いたことがない)
で、地元の土産物ではない「うなぎパイ」が消えたそうですが・・・


JR名古屋駅の「うなぎパイ」販売再開へ ネットの声受け (9月7日 NHK News Web)
JR東海は、浜松市の菓子メーカーが製造する『うなぎパイ』の名古屋駅での販売を取りやめたところ、インターネット上で
再開を求める声が相次いだことから、販売再開に向けた準備を進めていることを明らかにしました。
JR東海の子会社「東海キヨスク」は、浜松市の菓子メーカー「春華堂」が製造する『うなぎパイ』について販売状況などを
考慮した結果、ことし2月以降、名古屋駅のホームにある売店での販売を順次、取りやめています。
これに対し、インターネット上では販売の再開を求める声が相次いでいました。これについてJR東海の柘植康英社長は
7日に開かれた記者会見で「報道などでもとり上げられ、『うなぎパイ』は大変多くの要望があることがわかった」と述べた
うえで、販売の再開に向けて準備を進めていることを明らかにしました。
これについて春華堂は「1日も早く販売を再開し、全国のファンの温かい声に応えていきたい」とコメントしています。

名駅で「うなぎパイ」を売る必要があるのだろうかと思いつつ・・・
「ういろう」と「うなぎパイ」のどちらを買うかと聞かれたら・・・
個人的には「うなぎパイ」を買いますね。それよりも、「赤福」かなぁ。伊勢名物の。
「キヨスクの駅別売れ筋お土産ランキング」で、JR名古屋駅の第1位は赤福餅だと
いうことなので納得です。名古屋での昼ごはんは「天むす」。これも、名古屋名物とは
言い難いでしょう。その他、名古屋に行ったら食べたくなるのが、スガキヤのラーメン。
ラーメンというジャンルからはみ出している味です。とはいえ、スガキヤのラーメン
を食べるためにわざわざ名古屋に行こうとは思いません。きしめんも。
名古屋に泊まったら、朝は喫茶店のモーニング・・・わたしはコンビニで十分です。
名古屋は、行きたくない街というより、わざわざ行こうとは思わない街という感じでは
ないでしょうか?名古屋には、他の地域に比べて抜きんでて素晴らしいものがない!
名古屋城?姫路城のほうがいいな。熱田神宮?いいところですけど、伊勢神宮にある
格別感がありません。名古屋の街は捉えどころがありません。中心街の栄は地下街が
発達しているので、夏に暑い思いをしなくても快適なショッピングが可能です。
地元の人にとってはいいところかもしれませんが、だからといって遠くからわざわざ
行く理由にはなりません。ナナちゃんに会いたいとも思いませんし・・・
観光で名古屋に行ったことは一度しかありません。それは「愛・地球博」(正しく
は会場は名古屋市ではなかったが)。トヨタや日立のパビリオンは大人気でした。
名古屋に魅力的なスポットをつくろうというのなら、企業の力を借りるのがベスト。

愛地球博企業が観光のメインというのは、
あまり聞いたことがないので
名古屋の独自性になるでしょう。
リニアモーターカーは必須です。
自動車関連もあったほうがいい。
日本の企業だけだと寂しいので、
世界の企業に参加を求めたら
どうでしょうか。題して、
ビジネスリトルワールド!




スポンサーサイト

2016_09_08


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top