岩手と北海道における台風被害の違い

category: 新しい記事2  

「ドーン」と地響き、濁流と流木一気に 岩手の施設 (9月1日 朝日新聞デジタル)
台風10号による大雨は死者11人を出す惨事となった。岩手県では濁流と流木がグループホームを襲い、静かに暮らして
いた高齢者9人の命を奪った。北海道では橋の崩落が相次ぎ、人々は乗用車の上で震えながら救助を待った。
朝から降り続いていた雨が、強風を伴って猛烈な勢いになった。30日午後6時すぎ、岩手県岩泉町乙茂のグループホーム
「楽(ら)ん楽(ら)ん」。ホームから約5キロ下流の赤鹿観測所では、普段の小本川の水位は1メートルほどだが、この日は
午後6時からの1時間で2メートル近く増して5・1メートルとなり、堤防の高さ(4・87メートル)を超えた。午後8時
には6・61メートルに達し、31日午前0時40分ごろまで堤防を越える水位が続いた。
「楽ん楽ん」と同じ敷地内にある3階建ての介護老人保健施設「ふれんどりー岩泉」の従業員女性によると、施設では雨が
激しくなり始めてから10~15分もしないうちに腰の高さまで水かさが増した。「ドーン、ドーン」という地響きが聞こえた。
「ふれんどりー」の入所者らは2階以上に避難し、無事だった。女性は「もうちょっと上がってきたらダメかなと思った」。
壁には、高さ2メートルほどまで水位が上がったとみられる泥の跡がくっきりと残されていた。
一方、高齢の入所者9人と女性職員1人がいた平屋建ての「楽ん楽ん」では、入所者9人全員が死亡した。それぞれ居室や
キッチンなどで遺体で見つかった。関係者によると、職員は入所者の1人を抱きかかえながら助けを待ったが、水位が下がる
前に入所者は亡くなったという。 「楽ん楽ん」の佐藤弘明事務局長は「申し訳なく思っている。認識が甘かったかもしれない。
2011年の秋に周辺が少し浸水したことがあったが、施設は無事で、今回もそれぐらいだと思っていた」と話した。
「40年以上暮らしていてこれほど水が上がったのは初めて」。近くに住む雑貨店経営、藤田純子さん(67)は振り返る。
30日午後6時半ごろ、気づくと道路が冠水。そのままだんだん水が増え、31日午前2時ごろには床上1・5メートルほど
浸水した。停電でテレビがつかず、携帯電話もつながらない。川がごうごうと流れる音が響き、店が心配で一睡もできなかった。
「商品が全て水につかった」と話した。近くの男性(38)は、トタンやごみが流れてぶつかる「バリバリ」という音を聞き
ながら、家の窓から外を見たり、1階で床上浸水が進む状況を確認したりして夜を過ごした。「ほかの家より1メートルほど
高い土地に家を造っているが、今までここに住んでいて床上まで水が上がることはなかった」と驚いていた。
岩泉町が30日午後2時に避難勧告を出した安家地区。一人で住む女性(81)は「数年前の台風でも被害はなかった。
今回も大したことはない」と自宅にとどまったが、雨脚が強くなると1時間もせずに1階が浸水。午後7時ごろに2階に避難
したが、水が階段の残り2段まで迫り、「この家も水にのみ込まれるかもしれない」と覚悟したという。「みるみるうちに
水位が上がり、道路が冠水して逃げられなかった。生きた心地がしなかった」

物流、観光に影 鉄路寸断、道路も不安 台風10号 (9月1日 どうしんウェブ/電子版)
記録的な大雨を伴った台風10号の影響で、鉄路や道路をはじめ、道内の物流網が大きな打撃を受けた。橋の崩落などで、
JR貨物が広範囲にわたり貨車を動かせない状態になったほか、国道の通行止めも重なって、スーパーや飲食店では商品
や食材の調達に支障が出ている。交通網の寸断が長引けば、好調な道内観光にも影を落としかねない。
JR貨物北海道支社によると、大雨の影響で、31日は札幌―北旭川や札幌―富良野間などを除き、道内の大半の区間で
貨物列車の運行を見合わせた。同日未明には十勝管内新得町でJR根室線の橋が崩落して札幌―釧路間が全面運休と
なったため、今後、一般道の開通を待ってトラックによる代行輸送を行う。JR北海道によると、まだ復旧の見通しは立って
おらず、代行輸送が当面続くことも予想される。一方、複数の倒木や停電により30日午後6時半から不通となっていた
函館―東室蘭間は、数日後に復旧する見込み。JR貨物道支社は「可能な限りトラック輸送で物流を途絶えさせないよう
にしたい」とする。道内では16日以降、台風7号をはじめとする四つの台風の影響で、線路や橋、護岸など鉄道関連設備
も大きな被害を受けた。道は国の財政支援を手厚く受けられる激甚災害の指定に向けた動きを強めるが、仮に指定されて
もJR北海道の線路などは対象外。これとは別に国の災害復旧事業費補助金を活用できても、JRが総額の2分の1を負担
しなければならない。鉄路だけでなく、道路網も大きな被害を受けたことで、スーパーなどでは雑誌など一部商品の到着遅れ
が出ている。一連の台風で、オホーツク地方のタマネギ畑や十勝地方のジャガイモ畑など延べ約1万2500ヘクタールが
浸水被害などに見舞われ、「今後の仕入れに影響が出かねない」(コンビニエンスストア道内大手のセコマ)との声も漏れる。
観光業界では、ツアーの中止や変更が相次いだ。日本旅行北海道(札幌)によると、31日に札幌方面に出発予定だった
帯広の小学校の修学旅行が、バスの確保が間に合わず延期になった。JTB北海道(同)は道東、富良野周辺を巡るバス
ツアーを中止にしたといい、「9、10月は紅葉のツアーが増えるので、それまでに復旧してほしい」としている。

台風10号による北海道の被害

前記事で、東北は甚大な被害ではないと書きましたが、10人を超す死者を出す惨事と
なってしまいました。物理的被害よりも大きな人的被害が出たことは非常に残念です。
つまり、天災だけではなく人災的要因があるということです。台風はほぼ予想したコース
を通過していて、岩手県での大雨は予想されていました。これまであまり災害のなかった
地域だけに、「避難しなくてよい」と考えたのかもしれません。津波についても同様の
ことが言えますが、100回無駄な避難をしても、101回目には避難をすることで命が
助かるということもあるのです。被害のあったグループホームを上空からの写真で見る
と、川が氾濫すれば大きな被害が出ることは素人でも分かります。これまで大きな被害
がなかったのは、これほど短時間で大雨が降らなかったからです。大雨が降れば、
川の増水はあっという間。「危険を感じたときは既に手遅れ」になり得るのです。
一方、北海道では想定以上の雨量になったかもしれません。特に、日高山脈の東側には
湿った空気がぶつかり続け、長時間にわたって大雨となりました。昔は、熱帯の湿った
空気が北海道まで到達することは珍しかったのですが、現在は、北海道でも本州同様の
大雨が降るようになりました。つまり、沖縄から北海道まで、いつどこで集中豪雨が
起きてもおかしくないと思っておく必要があります。
岩手ほどの人的被害を出さなかった北海道ですが、経済的損失は岩手より「大」。
農作物の被害は特に深刻です。タマネギ、トウモロコシ、ジャガイモ・・・
さらに心配なのが鉄道の被害です。経営難が続くJR北海道にとって、さらなる痛手と
なることは間違いありません。東京証券取引所に上場することになったJR九州とは
対照的な状況になっています。経営効率化と安全対策の両立に完全に失敗している
JR北海道。既に企業努力の領域を越えてしまったようにも思われます。倒産して、
鉄道事業は廃止というわけにもいきません。JR東日本と統合させるしか道はないと
思いますが、JR東日本の株主に納得してもらえる条件を国は提示しなければ
なりません。とはいえ、甘い条件ですと税金の無駄遣いということになりますし、
厳しくし過ぎてJR東日本が旧JR北海道の路線をどんどん廃止しても困りますし。
国民・株主・北海道民が納得できる仕組みづくりが求められます。




スポンサーサイト

2016_09_02


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top