イギリスのEU離脱から日本が学べること

category: 新しい記事1  

フランシスコ ローマ法王英EU離脱:ローマ法王「別の形の連合を」
(6月27日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
フランシスコ・ローマ法王は26日、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受け、
「EU加盟国に、より独立心と自由を付与するような別の形の連合」を模索
すべきだとの考えを示した。 加盟国の国家主権を吸い上げ、連邦色が濃い
現在のEUよりも、ゆるやかな結びつきの「国家連合」を念頭に置いた発言
とみられる。アルメニア訪問からの帰路、特別機中で記者団の質問に答えた。
法王は「イタリアでは25歳以下の40%が仕事を持っていない。(現在の)
堅固なEUには、うまくいっていないところがある」と語り、加盟国の高失業
率などEUが抱える問題点を指摘した。 さらに、「『EU加盟国だが、自分の
文化を保持したい』と国家が言えるような形を模索しなければならない。
EUが当初の力を取り戻すには、結びつきをゆるめ、加盟国に独立心と自由
を与える別の形の連合を考える必要がある」と述べた。

EU離脱の是非を問うイギリスの国民投票において、移民の多いボストンでは離脱票
が残留票を大きく上回ったとのことですが、ボストン地区の経済は良好で、失業率も
低く、移民によって国民の仕事が奪われているという状況ではないようです。移民が
いなくなれば労働者不足になりますから、イギリスがEUから離脱したら、移民を強制
帰国させるということにはなりません。しかし、景気が悪化して失業者があふれるよう
になっても、移民政策を自国政府で変えることができないとなると、事態は深刻です。
これは移民を受け容れるか、受け容れないかいう問題ではありません。
日本はEUのような組織に入っていないので実感が湧きませんが、移民がどんどん
押し寄せて、日本の若者の40%が路頭に迷うことを考えてみてください。企業は
安い労働力を確保できるので収益力が高まるでしょうが、従業員の給与は今より
さらに抑えられるでしょう。現状では、日本国内の労働力は不足していますが、
それでも企業はなかなか給料を上げようとしないのです。
移民政策は国の根幹にかかわる一大事なのです。その移民政策が日本政府の意向で
決められないとなると、本当に絶望的です。そのような組織からは脱退すべきです!
というより、日本がEUのような組織に入ることは、未来永劫ないでしょう。
東アジア共同体など絶対反対です。(と、声高に言う必要もないのですが)
東アジアの国々と日本が共通の価値観を持てるなどと考えるのは、ルーピーだけ。

欧州連合予想図報道ステーションSUNDAYで放送
された離脱派のセリフ・・・
「日本の最高裁がソウルにあり、
国会が中国にあったら嫌でしょう」。
「嫌」というレベルではない。
これは絶対に憲法違反です!


離脱派の主張


欧州はもはや共同の価値観を見失った(6月17日 iRONNA)
欧州連合(EU)は創設以来、紆余曲折を経ながら拡大してきた。創設当初6カ国時代から現在28カ国に拡大した。
加盟を希望する候補国もブリュッセルのEU本部前で列をなしている。EU拡大のハイライトは旧ソ連。東欧諸国が
冷戦終了後、次々と加盟したことだろう。東西に分裂していた冷戦が幕を閉じることで、EUは欧州大陸で唯一の
政治・経済機構となった。その潮流は欧州全土に留まらず、中東のトルコまでEU加盟国の称号を得ようと躍起と
なってきた。ここまでは良かったが、昨年からその潮流は逆流する兆しが見えだしたのだ。EUに昨年、北アフリカ・
中東諸国から100万人を超える難民・移民が殺到してきた。彼らは個人レベルだが、EU国民となることを目指して
来た人々だ。問題は難民・移民の数が余りにも多く、収容問題でEU加盟国内で対立が表面化してきたことだ。
ブリュッセルで昨年開催された内相理事会で16万人の難民の分担が決定され、各加盟国が一定の難民を引き受ける
ことになった時、チェコやスロバキアは早速、抗議し、スロバキアは、「わが国はイスラム教徒の難民は引き受け
られない」とはっきりと拒否。ポーランドもそれに続いた。ブリュッセルのEU本部が最も警戒している政治家、
ハンガリーのオルバン首相は、「EUは経済機構に留まるべきだ。それ以外は主権国家の政府と議会が決定すべきだ」
と提案している。それだけではない。「EUは共同の価値観の集団でもなく、政治機構でもない」と言い出したのだ。
共同の価値観まで削除し、単なる経済機構となれば、EUの歴史が逆流したことを意味する、EU創設当初は
あくまで経済的共同体だった、それが冷戦時代を経て、民主主義、自由、平等と法の支配を擁護する、といった
共同価値観が強調されてきた。すなわち、金だけの集団ではなく、明確な価値観、世界観に裏付けられた機構
と自負してきた。(中略)共同の価値観を失った統合はいつでも分裂する危険性を内包している。その分裂の
プロセスで欧州が再び戦場に戻る危険性も完全には排除できなくなる。ひょっとしたら、EUの東西分裂は
ロシアのプーチン大統領のユーラシア連合構想に現実味を与えることになるかもしれない。




スポンサーサイト

2016_06_30


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top