乳がんの深刻度

category: 新しい記事1  

小林麻央小林麻央さんの乳がんはどれだけ深刻なのか
発見から1年8カ月、手術していない理由とは

(6月11日 東洋経済オンライン)
歌舞伎俳優・市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん
が進行性の乳がんを患っていることがわかりました。市川さんが6月8日
に会見を開いて明らかにしたもので、市川さんは小林さんのがんの
詳しい進行具合については明らかにしませんでしたが、報道陣の質問には
「比較的深刻。かなり(進行の)スピードが速い」「(現状は)手術を
する方向に向かって、抗がん剤治療を行っている」などと答えています。
乳がんは女性における部位別の罹患数(がんと診断される数)が最も多いがんとして知られています。
■2015年に新たにがんになった女性の数
・乳がん  8万9400人 ・大腸がん 5万7900人 ・肺がん  4万2800人 ・胃がん  4万2200人 ・子宮癌  3万人
(国立がん研究センター調べ)
一方で、大腸がん、肺がんなどよりも死亡に至る患者が相対的に少ないがんでもあります。
■2015年にがんで亡くなった女性の数
・大腸がん 2万3400人 ・肺がん  2万1900人 ・胃がん  1万7000人 ・膵臓がん 1万6200人 ・乳がん  1万3800人
(国立がん研究センター調べ)
本来、乳がんは早期発見で適切な治療を行えば、大腸がんや肺がん、胃がんなどの深刻ながんに比べると怖いがんではありません。
がんが転移している可能性も
市川さんは会見で小林さんの乳がんが発見したきっかけは「人間ドックによって1年8カ月ほど前にわかった」と明らかにしています。
発見からそれだけの時間が経っているにもかかわらず現段階でも手術を行っていないということは、おそらく早期のステージではない
ことが推測されます。報道などでわかっている情報や筆者の専門的な知見などから推察すると、がんが大きく広がってほかの部位にまで
転移してしまっているステージⅣにまで進行している可能性もあるように見えます。
ここからはあくまで一般論ですが、ステージⅣの段階になって遠隔転移が1カ所でも見つかった場合、がん細胞はその臓器だけに
転移しているわけではありません。がん細胞の性質上、すでに体中に転移していることを意味します。別々の臓器で見つかった2つの
がんを手術で取り除いたとしても、根治したとはいえず、それゆえ、今後は、手術や抗がん剤治療で体に負担をかけないこと、
つまり“がんと闘わない”こともひとつの選択肢として考えられるでしょう。
日本人にとってがんは、誰にとっても決して他人事ではありません。今、日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで
亡くなっているという現状があります。一方で、国立がん研究センターの予防研究グループが発表した「がん発生とがん死の要因のうち、
予防可能であったものの割合」によりますと、日本で発生したがんのうち、男性では半分以上(がん発生の58%、がん死の57%)、
女性でも約3分の1(がん発生の28%、がん死の30%)が予防可能だったとされています。
発症の多いがんですが、実はその半数近くが予防できることもまた事実です。

がんの場合、5年生存率という指標をよく聞きます。5年生存率を見ると乳がんは、胃がんや
大腸がんに比べて治癒しやすいがんのように感じられます。まず、早期発見されることが多い。
ステージⅠですと94%(10年後、以下の生存率もすべて10年後)のかたが生存しています。
つまり、初期の乳がんなら、がんと言っても必要以上に恐れることはありません。
乳がんと対照的なのが膵がん。ステージⅠでも生存率は30%。ステージⅣならたったの1%。
しかも早期発見が難しく、発見されたときには、既にほとんどのかたが「手遅れ」です。
ただ乳がんの場合、5年後以降も生存率は下がり続けています。つまり、乳がんは再発しやすい
がんであるということです。さらに、乳がんの場合、30代の女性でも安心できません。
小林麻央さんも31歳でがんが見つかったということになります。一般的には、がんは40歳
以降の病気ですが、若い女性でも、乳がんと子宮頸がんには注意が必要かもしれません。
小林麻央さんの場合、進行がんなのに長期間手術をしていませんから、手術のみでは乳がんを
とりきれない状況にあり、薬物療法でまずはがんの進行を遅くし、がんを小さくさせている
ということなのでしょう。やはり気になるのは、転移です。遠隔転移していれば、状況はさらに
悪く、完治はほぼ不可能です。骨に転移が見つかり、それでも治療を続けて・・・
悪いほうにばかり考えてしまいましたが、転移さえなければ、がんが大きくても命に別状
ありません。抗がん剤が効くことを祈るしかありません。
話は少し変わりますが、がんと言えば、胃がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんが思い浮かびます。
このなかでは、肺がん、肝臓がんの生存率って、よくないのですね。特に、肝臓がんの10年後
の生存率はとても低いことが分かります。脂肪肝から肝硬変になり、肝硬変から肝臓がんになる
と言われますが、これって、「脂肪肝→肝硬変→肝臓がん→死」ということ?(;´゚д゚`)エエー

ガン生存率1ガン生存率3ガン生存率2




1月20日 メディ ウォッチ
『乳がん・肺がん・肝臓がん、
5年生存率に比べて10年
生存率は大きく低下
―国立がん研究センター』




スポンサーサイト

2016_06_12


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top