絶望感からの解放

category: 新しい記事1  

北海道鹿部町で男児保護 不明の小学生 (6月3日 NHK NEWSWEB)
不明男児発見
北海道七飯町の山林で行方不明となっていた小学生とみられる男の子が、3日朝、隣の鹿部町で6日ぶりに見つかり、
無事、保護されました。男の子に目立ったけがはなく、警察に対して名前を名乗っているということです。先月(5月)
28日、北海道七飯町の山林で北斗市の小学2年生、田野岡大和くん(7)が両親が「しつけのため」として置き去りに
したあと行方が分からなくなりました。警察や自衛隊が周辺を捜していましたが、3日午前8時前、行方不明となった
場所から北におよそ4キロ離れた隣の鹿部町にある自衛隊の駒ヶ岳演習場で、自衛隊員が男の子を発見しました。
発見された時、男の子は演習場で隊員が体を休めるための施設の中にいて、自衛隊員が「大和くん」と声をかけると、
「そうです」と答えたということで、6日ぶりに無事、保護されました。警察などによりますと、男の子に目立ったけがは
なく、ドクターヘリで病院に搬送されたということです。警察は、身元の確認を急ぐとともに、行方不明になった経緯
などを調べています。市立函館病院によりますと、田野岡大和くんとみられる男の子は午前9時10分にドクターヘリ
で病院の屋上に到着したということです。病院は今後、男の子の健康状態などを詳しく確認することにしています。
陸上自衛隊によりますと、3日午前7時50分ごろ、北海道鹿部町の駒ヶ岳演習場内に男の子がいるのを隊員が
見つけました。男の子が見つかったのは、訓練の際、自衛隊員が寝泊まりする建物の中で、隊員が「やまとくん?」
と声をかけると「そうです」と答えたということです。この演習場は、男の子の行方がわからなくなった七飯町の山林
から北に4キロほど離れています。発見された当時の状況について、自衛隊員は、「隊員が『もしかしたらやまとくん?』
と声をかけたら『そうです』と元気に受け答えをしていました」と話しています。男の子の様子については、「おなかが
すいているようだったので、隊員が持っていた水とおにぎりをあげました」と話していました。
また、建物に入ったいきさつなどについて「男の子は『ドアにかぎがかかっていなかったので中に入れた。建物の中に
隊員が寝泊まりするためのマットがあったのでそれに挟まって寝ていた』と話していました」と説明していました。

本当に、本当に無事でよかったです。このようなニュースでは、行方不明になって
から4、5日たって見つからないと、誰もが悪いほうの結果を予想してしまいます。
絶望感が押し寄せてくるような感覚は、とても不快です。
真っ暗な林道を何時間も歩いた大和君と無事を祈った両親の心痛に比べれば、
ニュースを聞いている人間の絶望感など些細なものなのでしょうが・・・
本当の絶望感は、他人には分かってもらえず、圧倒的な孤独感とともにやってきます。


「意識高い系」新入社員が3カ月で辞めるワケ 「5月病」より「6月病」のほうがもっと深刻?
新入社員の絶望感(2015年6月10日 東洋経済オンライン)
「5月病」の時期をなんとか越えたと思いきや、結局は乗り切って
いなかった……。6月に入って、早くも退職する新入社員が
出始めている。しかも、どちらかというと会社側が「優秀」と
採用した新人に限って、だ。
「石の上にも3年」どころか、わずか3カ月。「5月病」ならぬ、
「6月病」である。「5月病」が、学生から社会人への脱皮する際
の試練にやられることが多いのに対し、「6月病」は「本格的な会社人」
への第一歩がスムーズに踏み出せない社員がかかってしまうようだ。なぜ辛抱ができないのだろうか。彼らは、なぜたった3カ月
で辞めようとするのか。直近の事例をもとに、辞める新入社員を「3つのタイプ」に分けて、その理由を考えてみよう。
「基本の大切さ」を共有できない「悲劇」
新人のタイプの1つ目は、大きい目標は漠然とあるが、足元の基本スキルがまったく追いついていないタイプだ。野球でたとえれば、
「メジャーリーグに行きたい、でも、一見つまらない素振りの練習はしたくない」というものだ。下積み仕事ではなく、いきなり
華やかなわかりやすい仕事をしたがるが、(当たり前だが)まだそれだけの力が追いついていない。口癖は「何のために
やるんですか?」。自分にとっての意義が、腑に落ちていないので、まるで動かない。
ここでありがちな上司の失敗は、「新人だからやってみてよ」「やってるうちにわかるよ」というコミュニケーションだ。筆者も、
やっているうちにわかってきたタイプだが、それだと「この仕事の意味がわからない」、「これをやりたくて入ったんじゃない」
という新人の不満はたまっていく。上司や会社側はどうすればいいか。処方箋としては、まず新人本人が持つ「漠然とした目標」
を具体化したうえで、そこに「今の仕事がどう関連していくのか」という意義を、ていねいに接続してあげることだ。(後略)

絶望感から逃れようとすればするほど、ますます絶望感に苛まれることになります。
何度も何度も、嫌になるくらい、絶望感が繰り返し襲ってきます。
環境を変えれば逃れられることもありますが、いつも逃げてばかりだと、今後は、
自己嫌悪感に悩まされることになります。
愛する人との死別の場合は、現実を変える方法がないので逃れる方法がありません。
あまりに強い絶望感の場合、過ぎ去ってくれるのを待つしかないのでしょうか?
絶望感から解放される手段がないことへのさらなる絶望。幾重にも重なりあった絶望感。
絶望感が和らぐのは、絶望感から逃れようとする努力をやめたときのような気がします。
絶望感とともに生きていくことを覚悟したとき、絶望感に絶望しなくなります。
絶望感に絶望しなくなり、自分を客観視できるようになれば、気分が少し上向くでしょう。


名言チャンネル




スポンサーサイト

2016_06_04


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬・神津島ライン上に、
宗像三女神の長女、田心姫が
祀られている沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top