火星が地球に大接近

category: 新しい記事1  

2016年6月の星空
Nikon > ニコン チャンネル > 星空案内 > 2016年6月の星空 (6月のはじめ、月は見えません)

現在、火星が地球に大接近しています。南の夜空で、火星の左にある明るい星が土星で、
土星と火星の間に蠍座があります。蠍座のなかで最も明るい星が、アンタレス。
この星は赤色超巨星であり、直径が太陽の約700倍あります。火星とアンタレスは
どちらも赤い星なので、他の星と見間違えることはないでしょう。
昔、火星には海があって、隕石の衝突によって巨大津波が発生した可能性があります。
最近、彗星から、グリシン(タンパク質を構成するアミノ酸の中で最も単純な形を持つ
化合物)が検出されました。ということは、火星でも、生物のもとになる有機物が海に
溶けていたはずですので、火星に生命が存在していた可能性は十分にあると思われます
(今でも火星に生命が存在する可能性は、少ないがありえないことではない)。
もし、火星に地球上の生物とは異なる生命の痕跡が見つかれば、宇宙は生命だらけだ
と考えるほうが自然でしょう。それよりも驚くのは、人工物が火星で見つかることです。
もしも1万年前の人工物が火星で見つかれば、1万年前、地球には火星に行けるような
高度な文明が存在していたということになるのですから・・・
小惑星や彗星は生命を生みだす有機物の運び屋である一方、これまで小惑星や彗星が
何度も地球に衝突して、地上の生物を死滅させてきたと考えられます。
近い将来、巨大な隕石が衝突して、人類が滅亡する可能性だってゼロではありません。


火星に津波か火星に巨大津波の痕跡見つかる、異論も
(5月25日 ナショナルジオグラフィック日本版サイト)
地球では、地震による津波が大災害を起こす。だが火星では、
隕石の衝突によって、地球で起こった巨大津波の10倍もの
規模の津波があったかもしれない。それは、地球でいえば
ニューヨークの自由の女神像はおろか、ワシントンD.C.に
ある国会議事堂までのみ込むほどの巨大な波だったようだ。
火星の巨大津波は、34億年ほど前に発生したとされる。
その頃、2つの巨大隕石が火星北部の冷たい海に落下した。5月19日付けの英国の科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』
で発表された論文によると、1度目の衝突で120メートル近い巨大な波が発生し、バスほどもある巨岩が内陸部に運ばれた
という。津波による洪水で、日本の面積よりも広い57万平方キロメートルに及ぶ地域が冠水したという。
2度目の衝突が起こったのは、それから数百万年後。火星はさらに寒冷化しており、隕石が衝突したのは水をたたえた海
ではなく凍った海だった。火星の平原は水浸しになってから干上がるのではなく、半分凍った状態の波が内陸に散らばり、
そこに留まった。 波に浸食された水路や巨岩が散らばる平原、今は蒸発しているが、かつては海水をたたえていたと
考えられるクレーターなどが、古代の大洪水を示す証拠であると、論文の共同執筆者で米国アリゾナ州にある惑星科学
研究所のアレクシス・ロドリゲス氏は語る。(後略)

木星に天体衝突木星に天体が衝突、瞬間の映像をアマチュア天文家が撮影
(3月31日 CNN日本語訳サイト)
木星に天体が衝突した瞬間をとらえたとみられる映像を
アマチュア天文家が撮影し、ユーチューブで公開した。
映像には木星の右側に閃光(せんこう)が走る一瞬が
映っている。(中略)
ケルンバウアーさんは今回の現象についても「小惑星か
彗星が木星の大気に突入して炎上または爆発したと
しか考えられない」と説明する。続いてアイルランドの
アマチュア天文家ジョン・マッキオンさんも、木星に
天体が衝突したと思われる瞬間の映像を公開し、
天文ファンの関心をかき立てた。
天文学者のフィル・プレイトさんも2人の映像を分析した結果、小惑星か彗星が木星に衝突したという見方を強め、
「木星は小惑星帯の端にある巨大惑星なので、その重力で他の天体を引き寄せている」と解説する。(後略)

地球に近い小惑星地球周辺に72の天体発見、8個は接近の恐れ NASA
(4月8日 CNN日本語訳サイト)
米航空宇宙局(NASA)は、地球に衝突する可能性のある小惑星
や彗星など地球近傍天体(NEO)の観測で、探査衛星が2013年
以来新たに72個のNEOを見つけたと発表した。NASAは探査
衛星「NEOWISE」を使って地球周辺の天体を調べている。
新たに見つかった72個の天体のうち、8個はいずれ地球に接近
したり衝突したりする恐れのある潜在的に危険な小惑星に分類された。
地上の望遠鏡で発見された439個のNEOについても、NEOWISEを使って詳しい観測が行われている。
NEOWISEと地上の望遠鏡の両方でこれまでに発見されたNEOを合わせると計1万4246個に上る。
NASAによれば、近い将来、地球に衝突しそうな大きな天体は現時点で見つかっていないという。
ただし小さな天体は観測されないまま地球に突入することもある。2013年2月にロシア・チェリャビンスクの
上空で起きた隕石の爆発は予測できなかった。万が一、地球への衝突が予想される巨大な小惑星や彗星(すいせい)
が見つかった場合、「針路を変えたり破壊したりするためには巨大なエネルギーが必要になる」とNASAは指摘。
「核爆発を起こせばそうした天体を押しやったり破壊したりできるかもしれない」としている。



スポンサーサイト

2016_06_02


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top