トランプ大統領なら朝鮮半島は激震か


キム第1書記 “北朝鮮は核保有国 今後も開発進める” (5月8日 NHK NEWSWEB)
北朝鮮は9日、キム・ジョンウン(金正恩)第1書記が36年ぶりとなる朝鮮労働党大会で行った演説を国営テレビで放送し、
キム第1書記は北朝鮮は「核保有国」だとする立場を改めて示し、今後も核・ミサイル開発を進めていく考えに変わりが
ないことを強調しました。北朝鮮のキム・ジョンウン第1書記は、1980年以来、36年ぶりとなる朝鮮労働党大会で、
6日と7日、みずから演説して党中央委員会の活動総括報告を行いました。北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、日本時間の
8日午後、このときの演説を「特別重大放送」として放送し、キム第1書記の肉声で党大会での報告内容を伝えました。
この中でキム第1書記は「わが国は、侵略的な敵対勢力が核で自主権を侵害しないかぎり、先に核兵器を使用しないだろう」
と述べました。そのうえで、「国際社会において、核兵器の拡散を防止する義務を誠実に履行し、世界の非核化を実現する
ために努力するだろう」と述べ、「世界の非核化」に言及しました。しかし、キム第1書記は、4年前の就任直後に憲法を
修正して明記した、北朝鮮は「責任ある核保有国」だとする立場を改めて示し、みずからの核開発を正当化しました。
そして、核開発と経済の立て直しを並行して進める「並進路線」について、「恒久的に堅持すべき戦略的な路線だ。
核戦力を中心とする防衛力を固く築きながら、経済建設に一層拍車をかける」と述べ、今後も核・ミサイル開発を進めて
いく考えに変わりがないことを強調しました。また経済に関しては、ことしから2020年までの5か年計画を推進し
持続的な発展のための土台を作り上げるとしたほか、韓国との関係を巡って、前回の党大会でキム・イルソン(金日成)
主席が提案した「高麗民主連邦共和国」と呼ぶ連邦形式などによる統一の実現を呼びかけています。一方、キム第1書記
は、演説の中で日本について、「わが民族への過去の罪悪を反省し謝罪すべきで、南北統一を妨害してはならない」と
述べましたが、拉致問題など日朝間の懸案に関する言及はありませんでした。
責任ある核保有国韓国内は冷ややかな見方広がる
韓国統一省は8日夕方論評を出し、キム・ジョンウン
第1書記が「世界の非核化」に言及しながら北朝鮮は
「責任ある核保有国」だと主張したことについて、
「みずから核放棄の意思がないことを露骨に表明した
もので、国際社会は決して容認しない」と批判しました。
そのうえで、「北は核開発という誤った夢を捨てて
非核化の意思を真剣に行動で示さなければならない」
と指摘しました。また、キム第1書記が南北関係を
根本的に改善することが必要だという考えを示したこと
について、統一省は「北が民族の生存を脅かす核開発や、われわれを直接狙った挑発を続けながら南北関係改善に向けた対話
に言及するのは、全く誠意がなく、宣伝攻勢にすぎない」と一蹴しました。韓国内では、核開発を続けようとする北朝鮮の
姿勢に変化がみられないことから、今回の朝鮮労働党大会は、北朝鮮において3代続けての世襲を完成させるキム第1書記
の「戴冠式」などとやゆする冷ややかな見方が広がっています。(後略)

北朝鮮の真意が何なのか、実際のところはよく分かりませんが、「核保有国」として
(つまり、北朝鮮がアドバンテージを持った状態で)、南北関係の改善に向けた対話を
行う用意があるとしています。韓国としては、到底、受け入れることができない内容
ですが、このまま対立状態を継続していけるでしょうか?そのカギは、アメリカ。
「北朝鮮は絶対に攻撃してこない」と韓国が安心していられる理由は、米軍がいるから。
もし、米軍が韓国から撤退するとどうなるのでしょう。実力の予想が全くつかないのは、
北朝鮮軍ではなく韓国軍です。軍として本当に機能するのかが分かりません。見かけの
装備は韓国軍のほうが上でしょうが、実践で使いこなせるのかが全くもって不明です。
最新の兵器が使いこなせないとなると、個人の能力は圧倒的に北朝鮮軍のほうが上だ
と思われますから、あっという間にソウルが陥落する可能性もあるでしょう。
1950年、朝鮮戦争が始まったとき、ソウルは3日で陥落しました。現在、朝鮮戦争
は休戦状態にありますが、2013年に北朝鮮人民軍は朝鮮戦争の休戦協定を破棄する
と宣言しました。金正恩が、祖父の果たせなかった朝鮮統一を果たすために、
「最終決戦」を宣言してもおかしくはないのです。ただし、韓国を米軍が支援する現状
では不可能です。金正恩が最も恐れているのは、米軍特殊部隊ではないでしょうか?
第二次朝鮮戦争が勃発したとき、最も早く戦争を終わらせる方法は、金正恩を暗殺する
ことだからです。韓国にとって、トランプ大統領の登場は、国家の存亡にかかわる事態
を生む可能性を孕んでいます。日本は、「朝鮮民族への過去の罪悪を反省し、南北統一
を妨害してはならない」のです。金正恩の言うように。朝鮮戦争では、占領時下の日本
を中継基地とした米軍が日本で物資調達を行ったため、日本は大きな利益を得ました。
第二次朝鮮戦争でも、日本は物資の補給基地になるでしょう。
米軍が韓国にいる限り、そのような事態が起きる可能性はないと思われますが・・・


“トランプ大統領”なら中韓「大凶」 韓国は困窮、日本は対応次第で好機も (5月7日 ZAKZAK 夕刊フジ)
米大統領選の共和党指名争いで、不動産王のドナルド・トランプ氏(69)が指名獲得を確実にした。民主党はヒラリー・
クリントン前国務長官(68)の指名が濃厚で、11月の本選は、両氏が激突する見通しとなった。トランプ氏は、大統領
に就任すれば、米軍が日本防衛のために支出している国防費の全額負担を求める考えを示したが、東アジアは大丈夫なのか。
専門家の分析では、韓国は困窮するが、安倍晋三政権の対応次第で、日本は中国を出し抜くことも可能だという。
予備選勝利確実なトランプ氏jpg「私は日本と非常に良い関係を持っている」「米国は(日本
防衛に)莫大な労力、エネルギー、兵器を投じている。日本
にはかかった費用を返済してもらいたい」「北朝鮮には狂った
ヤツがいる。もし、(日本や韓国が)米国に(防衛費などで)
適切に対処しなければ、どうなるか分かるだろう。自力で
防衛しなければならなくなる」(中略)トランプ氏は4年前の
大統領選に出馬しなかったが、途中まで「アンチ・チャイナ」
の過激な言動で注目された。今年1月には、核・ミサイル
開発を繰り返す北朝鮮を糾弾し、「北朝鮮問題を解決しない
ならば、中国を潰してしまえ」「貿易関税を引き上げるか、
貿易そのものを中止してしまえば、2分以内に中国は崩壊する」
などとブチ上げている。習近平国家主席率いる中国が軍事的
覇権を強める南シナ海問題でも、オバマ政権が避け続けた
強硬姿勢に踏み切る可能性がある。
韓国については、同盟国と認めているのか疑わしい。
前出のCNNインタビューでも、韓国が負担している駐留経費に
ついてトランプ氏は司会者に「何%だ」と尋ね、「5割」と教えられると、「なぜ100%ではないのか。全額負担するべきだ」
と発言した。米韓の軍事協力に絡み、「米国は韓国を守る必要がない」と繰り返している。日本も無傷では済みそうにない。
日本防衛費の負担要求に加え、今年3月には、日本の核保有を容認する発言もした。先のインタビューでも「(日本と韓国
の核武装容認論は)敏感な問題ではない」と言い切っている。(後略)



スポンサーサイト

2016_05_09


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top