立憲主義と立憲君主制


基本的人権の尊重 立憲主義を見失ってはならない (5月2日 愛媛新聞ONLINE)
「すべて国民は、個人として尊重される」。国は何より個人の自由な考え方や生き方を大切にしなければならないと、
憲法13条は明確に示している。基本的人権の尊重は日本国憲法の根幹である。 個人を守るために国家が存在する。
だが、公権力は時に暴走し、人権を侵してきた。歴史の教訓を踏まえ、国民が生まれながらにして持つ権利を守るために、
国家権力を縛る仕組みとして、憲法は制定された。その本質的意義を重く受け止めたい。
社会に目を移せば、今、人権が守られているとは言い難い。
経済成長の掛け声の下、大企業が優遇される一方で非正規労働者が増え、格差の拡大が深刻さを増す。貧困にあえぐ人々は
「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」(25条)を、子どもたちは「能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利」
(26条)を脅かされている。 東京電力福島第1原発事故では故郷を奪われ、見えない放射能におびえながら
今なお避難生活を続ける人がいる。原発推進の国策によって、平和的生存権も幸福追求権も財産権も揺らぐ中、
政府は経済を優先し、原発再稼働へ突き進む。 一人一人の悲痛な叫びが切り捨てられる現状を憂慮する。
政府は憲法に照らし、個々の暮らしを守らなければならない。それは憲法が国に課した義務だ。
だが、こうした憲法の原理を現政権は根本から覆そうとしている。安倍晋三首相がよりどころとする自民党の改憲草案は、
「現行憲法は個人主義に偏している」との党内の声を背景に13条の「個人として尊重」を「人として尊重」に変え、自由と
権利は公益および公の秩序に反してはならない、とした。 人権は誰もが当然持つ権利。国から恩恵として与えられるもの
ではない。個人の権利より国の都合を優先し、国のためにならない者は人権を制限するといった暴論は決して許されない。
そもそも個人主義とは代替え不可能な個を互いに尊重するものであり、身勝手な利己主義とは全く別物である。
草案は国民に憲法順守をも義務付ける。安倍政権は戦争を放棄した9条の変更を目指すが、戦争という国策が現実に
なれば公益を理由に人権が制限され得る。さらには「家族は互いに助け合わなければならない」との道徳まで盛り込んで、
国民に国の責務を転嫁する。 国民が国の暴走に歯止めをかける立憲主義とは全く逆の発想に、強く異議を唱えたい。
首相はかつて国会答弁で、立憲主義について「憲法が国家を縛るのは、王権が絶対権力を持っていた時代の考え方」
と過去の遺物のごとく語った。憲法の本質さえ理解しようとしない政権の姿勢を危惧する。 改憲論議の背後に潜むこうした
危険を、国民はより注意深く見つめなければならない。憲法は人権を守る盾。かけがえのない支えをなくさないために。

社民党の主張する立憲主義日本の憲法には、「天皇又は摂政
及び国務大臣、国会議員、裁判官
その他の公務員は、この憲法を
尊重し擁護する義務を負ふ」
(第99条)と書かれているので、
やはり、国家権力の暴走を防ぐ
ことが憲法の目的であるといえる
でしょう。自民党の考えている、
「全て国民は、この憲法を尊重
しなければならない」というのは
現行憲法の趣旨に反しています。
愛媛新聞の社説にあるように、
憲法で最も大切なのは、国が
国民の基本的人権の尊重をする
ことであり、国民に国の責務を転嫁することは根本的に間違っていると言えます。
結論として、「憲法を改正するべきではない」。
と、ここまでは社民党の主張と同じなのですが、ここからが全く違います。
憲法の意味する平和主義とは、基本的人権を無視した国権の発動たる戦争を禁止して
いるのであって、どこかの国が攻めてくれば、逆に、国は、国民の生きる権利を守る
義務を負っているので、敵と戦わなければなりません。集団的自衛権については、
そのことが基本的人権を侵害しているとは言えないので、憲法違反ではありません。
集団的自衛権について、最高裁判所が違憲判決を出すことはあり得ないでしょう。
国民主権と言いつつも国民は天皇を選ぶことはできませんから、日本は共和制の国
ではありません。天皇が憲法を守る義務を負っており、憲法で天皇が実権を持てない
ようになっているので、日本は国会主義的立憲君主制の国といえるでしょう。
つまり、天皇には実権がないとはいっても、日本は立憲君主制の国なのです。
憲法に書かれていなくても、日本の元首は天皇です。
海外から見れば、歴然。天皇が条約を交付している(条約の批准)のですから。
憲法が改正されれば、大日本帝国憲法の改正と同様、天皇がそれを交付します。
日本の元首が天皇であることは自明なので、憲法を改正してそれをわざわざ明記する
必要もありません。どうしたことか、結論だけは社民党と意見が一致しています。

日本国憲法原本



スポンサーサイト

2016_05_03


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top