民意ってなんだ


『iRONNA』特別編集長「異論に耳塞ぐSEALDsに危うさ感じる」 (12月5日 NEWSポストセブン)
国会前で安保法制反対デモを繰り広げ、一躍有名になった学生団体「SEALDs(シールズ=自由と民主主義の
ための学生緊急行動)」。彼らの言動を同世代の若者はどう見ているのか。オピニオンサイト『iRONNA』特別
編集長の山本みずき氏に聞いた。山本氏は1995年生まれ。現在慶應義塾大学法学部政治学科の3年生だ。
ヘルメットにサングラス、マスク姿といった旧来の学生運動のスタイルとは異なり、ラップ調のコールで安保法制
反対を訴えるシールズのパフォーマンスは、リベラル層の知識人や既存メディアに「新しいムーブメント」と
持てはやされました。しかし、運動のスタイルは斬新でも、安倍首相をヒトラーにたとえたり、「アベ死ね」などと
聞くに堪えない罵詈雑言を浴びせたりする表現手段には、残念ながら知性の欠片も感じられませんでした。
国家の安全保障に関するシールズの認識と主張も、とうてい看過できるものではありません。シールズは、
安保法制とは“戦争法案”であり、「この法案が通れば徴兵制が始まる」と主張してきました。しかし、安保法制は、
抑止力を高めることで他国から攻撃される可能性を低くするのが狙いであることは言うまでもありません。
もちろん、相手が攻撃してくる可能性がゼロになるわけではありませんが、「戦争法案」とレッテル貼りし、
「日本がまた戦争をする国になる」と断じるのはナンセンスです。さらに「安保法制で徴兵制が始まる」との
論に至ってはその道筋を明らかにせず、妄想の域を出ません。
私は現在、慶應義塾大学の法学部政治学科で学ぶ大学3年生ですが、国際政治や安全保障に関する素養が
ある周囲の学生の多くは、シールズの主張を冷ややかに見ています。
同じ学科のある友人は、「政権に異議を唱えることは、日本国憲法が保障した表現の自由の行使なので
運動自体には肯定的」としながら、「自分たちの意見のみが正しいという視点に基づくシールズの言説
(戦争法案というワンセンテンスポリティックス)は許容できない」と言います。
この意見には私もまったく同感で、シールズに対する違和感の源泉がここにあります。自分たちの主張こそ
が民意であると疑わず、異論や反論から耳をふさぐという排他性に危うさを感じるのです。(後略)

選挙で勝ったら、「これが民意」と連呼する政治家もいかがなものかと思いますが、
「自分の意見が民意だ」と考えるデモ隊の自己チュウぶりにも呆れてしまいます。
「一体、あなたは何を根拠に言っているんだ!」と聞いてみたくなります。
選挙がすべてとは言えません。しかし、民意というからには、3分の2程度の
賛成は欲しいところです。賛否が分かれる話題が多いなか、最近の問題で、
これが民意だといえるのは、「アメリカの南シナ海への軍艦派遣への支持」と、
「アベノミクスが順調でないという認識」くらいでしょうか?
何に賛成か反対かはその人なりの考えがあると思いますが、筋論として、
「真っ当な」意見を持っている若者がいると、ホッとします。


日本テレビ世論調査201511

野党5党×「シールズ」など反安保法団体 参院選協力で一致 枝野氏「どういう候補なら…ご教示いただければ」
(11月19日 産経ニュース)
【民主党・枝野幸男幹事長あいさつ】 「各地で立憲主義の破壊に対し市民の皆さんが声を上げていただいている
ことを国会の立場にいる者としても大変心強く思っている。しっかりと政治の側が応えていかないといけない状況だ
と思っている。私どもも来年の参院選が立憲主義と民主主義を守る大事な戦いだと。そして『アベ政治を許さない』
という思いを持っている多くの国民の皆さんとともに戦っていく選挙にしなければならないと思っている。
このためには立憲主義と民主主義を守る候補者を最大限擁立する努力をしていかなければならないと思っている。
特に1人区においては、私は民主党だが、民主党だけの戦いではあり得ない。今日お集まりいただいた皆さんに
幅広く応援できる候補者が擁立されること。そして勝てる候補者を選んでいくことが重要だと思っている」(後略)

どこで方向を間違ってしまったのだろう民主党は! 『アベ政治を許している』
のは、国民が安心して政権を任すことができなくなった民主党なのに・・・
一方、自民党の選挙対策は露骨です。「若者?どうせ選挙に行きゃせんよ!」
と言わんばかりに、お年寄りの票をとりにいく作戦です。
これは「民主党が政権を持っていたときのバラマキ」を超えるバラマキでしょう。
なんで、愚策ともいえる政策がまかりとおってしまうのか?
それは、国民に等しく一票が与えられる(はずの)民主主義という制度のせい
でしょう(ですから、一票の格差は憲法違反になります)。


所得の低い年金受給者に3万円給付は高齢者優遇のバラマキか? (12月6日 JIJICO ジジコ)
公的年金受給者の3割以上が対象 (略)
高額な給付金は高齢者優遇?バラマキ? 平成21年には「定額給付金」が、昨年からは消費税率引き上げの影響を
考慮して住民税非課税者への「臨時福祉給付金」と子育て世帯への「子育て世帯臨時特例給付金」が導入されました。
定額給付金は一人12,000円、臨時福祉給付金は一人6,000円(平成27年度)、子育て世帯臨時特例給付金は子供
一人につき3,000円(平成27年度)です。それらと比較した場合、今回の給付金が高額であることがわかります。
現役世代は賃金引き上げの恩恵を受けられなくても、または低所得であってもこの給付金を受給することはできません。
そのような給付金に子育て世帯臨時特例給付金の10倍もの額が支給されるのですから、「高齢者優遇」はもちろんのこと、
投票率の高い高齢者への給付ということで「選挙対策のバラマキ」との批判が出るのも仕方ないことかもしれません。
一時的ではない政策こそ重要なのでは (中略) 給付金で助かる人が多いのも確かでしょうが、
給付金はあくまでも一時的に支給されるものであり、その効果も一時的なものです。非正規雇用で働く労働者の
処遇改善やワークライフバランスの推進など、長期的な政策により注力することこそが重要であり、
そうでなければ低年金の問題も解決されず、今後も「下流老人」が増え続けることになるのではないでしょうか。




スポンサーサイト

2015_12_11


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top