エイリアンに集団的自衛権発動か!?

category: 第四章 宇宙  

「テクノロジーは貧富の差を拡大させる」スティーブン・ホーキングが警告
確かに、産業革命の時代から繰り返されてきた論争ですが。
(10月15日 ギズモード・ジャパン
スティーブン・ホーキングが、RedditでAMA(Ask Me Anything)というコーナーに参加しました。
ユーザーが次々と質問をするなか、好きな映画について答えたり、「この宇宙で最も大きな謎は女性
です。でも、そうあり続けてほしいと思います」とお茶目なコメントをしたりしました。
ホーキングは、人工知能やロボット技術を、人類にとって危険なものだと前から指摘していました。
彼は、今回の質問のなかでも「現在の急速なテクノロジーの進歩は、貧富の差を拡大させるでしょう。
経済的な理由などで、それに乗り遅れた多くの人が、悲惨な生活を余儀なくされるに違いありません」
と警告しています。当然といえば当然ですが、ハイテク業界からは早速反論がきています。
ネットスケープの創業者で起業家として活躍するマーク・アンドリーセンは、「技術が人の雇用を奪うと
いう主張は昔からあったし、それを主張するのは知的な人間ではなかった。誰か彼に経済学の教科書
を買ってあげたらいいんじゃないか?」とツイッターでコメントしています。
アンドリーセンの反論は一理あるかもしれません。ですが、結局のところ、将来的にブルーカラー労働者
が安く買い叩かれる可能性はあるかもしれません。企業がテクノロジーを導入する費用と人件費を
てんびんにかけた場合、それが単純作業であるほど安いほうを選ぶだろうからです。
2人の主張の違いは立場の違いからくるものかもしれませんが、テクノロジーと経済や雇用に関わる
論争は今後も続いていくかもしれません。

科学には新しい産業を生み出し雇用を増やすという側面と、コストを削減
できる新技術により雇用を奪うという側面を持っています。
どちらかと言えば、近年進んだIT化は技能者から仕事を奪うという側面
のほうが強かったように思われます。しかし、良し悪しなどお構いなく、
これからもIT化はどんどん進んでいくでしょう。
特に、「中抜き」がさらに進むでしょう。中抜きとは、企業が消費者に
直販を行い、卸売りや代理店、小売業などの流通業者が要らなくことです。
多くの産業において、中規模の業者は存在価値がなくなってきています。
小回りが求められる分野以外は、超大手企業に席巻される可能性大です。
これは利益の集中を招き、経済格差を縮小させる方向には進まないでしょう。

上に示した記事のもとになっている記事は以下のものです。

ホーキング博士jpg Stephen Hawking: Technology is
 making inequality worse

(10月12日 CNNマネー)
 Stephen Hawking, left, says technology has
 been contributing to growing inequality.
 Silicon Valley entrepreneur
 Marc Andreessen, right, fired back.

Stephen Hawking warns that great technological advances can leave most people
"miserably poor."The well-known British physicist and author said technology is
partly to blame for the rise in income inequality.

The well-known British physicist and author said technology is partly to blame for the rise
in income inequality. "Everyone can enjoy a life of luxurious leisure if the machine-produced
wealth is shared, or most people can end up miserably poor if the machine owners successfully
lobby against wealth redistribution," he said in a Reddit AMA (ask me anything) post last week.
"So far, the trend seems to be toward the second option, with technology driving
ever-increasing inequality," Hawking said.
It all comes down to how the gains are distributed between the rich and the poor.
The tech community has already fired back. Marc Andreessen, the outspoken entrepreneur
and de facto Silicon Valley spokesman, tweeted that Hawking was trotting out old rhetoric.
"Shorter Stephen Hawking: 'For hundreds of years, people who claimed that machines
reduce jobs have looked silly. But I'll be different!'" wrote Andreessen.
He even suggested someone should buy Hawking an Economics 101 textbook. It's a hot debate
among economists and in Silicon Valley where the rising wealth of young tech workers
stands out starkly against the mostly minority low income communities in San Francisco.

Hawking is right on this one, not Andreessen
Hawking wins this round, according to most experts.
There's little doubt that technology has driven economic growth in the U.S. and elsewhere
in the world. It's why so many countries are trying to replicate Silicon Valley on their own turf.
But while the pie is growing, not everyone is getting more of it. "My reading of the data is
that technology is the main driver of the recent increases in inequality. It's the biggest factor,
" Erik Brynjolfsson, a professor at MIT's Sloan School of Management, told "Technology Review."

Technology killed many blue collar jobs
The key problem: Technology has replaced many blue collar jobs that paid well. Those workers
have had to switch into retail and home healthcare jobs, where the pay is typically lower.
So Andreessen is right that people still have jobs. But the question is, at what pay?
The median income in the U.S. today is about the same as it was in 1995 when the tech boom
really took off. Wages just aren't growing for the bulk of Americans.
But those at the top are seeing large gains -- both from pay and from their investments doing well.
There is increasing competition for engineers and other highly skilled workers. That explains why
the pay gap between those with college degrees and those without has widened since the 1970s.
Workers with at least a bachelor's degree now earn about $1 million more over their lifetimes
than Americans who only have a high school diploma.

日本語であらすじを読んでおくと、英文を読むのが楽になります。
ニュース記事の場合、独特の表現のしかたがあります。日本語の場合でも、
「ブログ炎上」や「パソコンがウイルス感染」といった言いかたがあります。
今でも、高齢者のかたのなかには、コンピューターでいうウイルスも、
わたしたちが罹るウイルスも同じものだと思っておられかたもいるでしょう。
上記の記事のなかでは、以下のような派生的表現があります。
fire back 撃ち返す→反論する
trot out (馬を)自慢げに歩かせて見せる→(すでによく知っていることなどを)持ち出す
rhetoric 雄弁→(実際には誠実さも意味もない)華麗な文体、美辞麗句
101 アメリカで入門レベルのクラスつけられるコース番号→ある事柄についての基本的な内容
turf 芝生→区域
「科学と格差」の問題では多くの人から支持されたホーキング博士では
ありますが、以下の問題ではどうでしょうかねぇ・・・


「エイリアン上陸…人類を大虐殺に」 ホーキング博士の警告に科学者騒然! (10月15日 産経ニュース)
(前略)「最近、銀河系で(エイリアンを含む)地球外生命体を探す非常に意欲的な取り組みを始めましたが、
数年前には、地球外生命体がわれわれ人類を絶滅させる可能性があるため、関わりを持たない方がよい、
とおっしゃいました。この考えに変わりはありませんか」
これに対して博士は「エイリアンが地球に来た場合、コロンブスの米大陸上陸時のように、先住民族のことを
よく知らないために起きた結果(大虐殺)になる」と述べ、エイリアンが人類を滅ぼす可能性を強く示唆した。
エイリアンが地球など別の惑星に侵攻する理由として、博士は「高度な文明を持つエイリアンは、自分たちが
征服して植民地にする惑星を探すため、(宇宙を徘徊する)遊牧民のようになるからだ」と指摘する。

宇宙戦争


スポンサーサイト

2015_10_18


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top