英語化は日本の国力を低下させる


※他の記事より移転
ヒント・・・答えは下のほうにあります
(1)前文のtheyは科学誌のeditors(編集者)なので、編集者が「統計的手法を使うように」と言う相手は・・・
(2)前文は、「わたしは、同じような(主張の)論文を書くことに幾分ためらった」という意味なので・・・
(3)通常、否定語句(neverやnot、onlyなど)が文頭にくる場合、以降の文章は倒置が起こります。

「英語公用化」ってアホちゃいますか!? (9月30日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
幼稚園や小学校から英語を学ばせる。高校の英語の授業では英語しか使わない。大学の授業の半分を英語でやる。
企業の公用語を英語にする。こういった極端な英語化の動きに、かねて深い違和感を持ってきた。品のない言い方を
すると、アホちゃうか、という感じだ。私たちは日本語で思考している。日本語が発生してからだと数千年以上、
古事記からだと1300年、明治から数えても150年。えんえんと蓄積されてきた言葉によって生活している。
心と頭と体の間を行ったり来たりする「言葉」
大阪人の私は日本語の中でも大阪弁で物事を考える。本を読んだり、人と語り合ったり、深夜にぼんやりしたり。
頭の中では、「こいつエエこと言いよる」「これはアカンわ」「ちゃうちゃう、そうとちゃう」
「これはこない考えるんやろ」などと、私の言葉たちは絶えず、心と頭と体の間を行ったり来たりしながら、
混沌(こんとん)として渦巻いている。そんなこと、母語以外でできるわけがない。英語では絶対にできない。
正直にいうと日本語の標準語でもできないかもしれない。
ところが、この感覚をうまく言葉で表現できないでいた。新聞社にいる時に同僚と議論していて、
「今どき、幼児から英語を勉強するのに反対する人はいないでしょう」と言われても、絶対に間違っていると
確信しているのにもかかわらず、うまく反論できずにいた。
世はグローバル化時代だ。英語化は大きな流れになっている。母語で考えることを徹底的に教えるべきだと
いう私の心の底からの思いを訴えても、語学の苦手な者の遠ぼえのように聞こえる気がしたのだ。(中略)
「英語化は社会を分断し、格差を固定化する」
著者は英語化がなぜ、日本人を不幸にするのか、多角的に懐深く説明していく。いくつか紹介しよう。
まず、英語学習に多大な時間がかかり、若者が時間を浪費することにつながりかねないことだ。
さらに英語が公用語化されれば、国の重要問題を論じられるのが、一部の特権階級に限られてしまうのも怖い。
つまり、英語化は社会を分断し、格差を固定化してしまう。国民の一体感も失われる。
創造性を発揮できるのは母語で思考する時だというのも、忘れてはならない視点だ。かつてに比べて中途半端な
日本語と、ネーティブに比較して中途半端な英語しか使えない若者を量産すれば、日本人の知的生産力は確実に
落ちるだろう。明治期の知識人たちは、哲学や宗教から社会科学や科学技術に至るまで、欧米の言葉の翻訳語を
いくつも生み出した。その成果で、西洋文明全体を私たちの母語である日本語に土着化させることができた。
このことによって、多くの人々の社会参加が可能になった。それが日本が急速な近代化を成し遂げる活力になった。
現代も日本語は、欧米圏以外で世界の最先端の高度な知にアクセスできる数少ない言語のひとつだ。(後略)

 【おもな内容】グローバル資本を利する搾取のための言語=英語。
 気鋭の政治学者が「英語化」政策の虚妄を撃つ!
 英語化を進めた大学に巨額の補助金を与えるスーパーグローバル大学創成支援から、
 果ては英語公用語特区の提案まで。日本社会を英語化する政策の暴走が始まった。
 英語化推進派のお題目は国際競争力の向上。しかし、英語化を推進すれば、
 日本経済は急速に力をなくすだろう。多数の国民が母国語で活躍してこそ国家と経済が
 発展していくという現代政治学最前線の分析から逆行することになるからだ。
 国際政治の力学から見ても、英語による文化支配のさらなる強化は、世界の不平等を
 拡大するだけだ。グローバル・エリートと国民一般との分断。「愚民化」を強いられた
 日本国民は、グローバル資本に仕える奴隷となるのか。
 英語化の罠を暴き、公正な世界秩序づくりへの処方箋を描く、衝撃作!

勿論、海外で活躍したい人や外資に就職したい人にとって英語は必要です。
そして、英語を勉強したい人が学べる環境は提供してあげるべきです。
しかし、英語が嫌いな人間にどうして英語を学ばせようとするのか?
多くの日本人にとって、「英語を読む必要性は全くない」とは言いませんが、
「英語を聞くことなし・話すことなし」なので、覚えられるはずがありません。
外国語が必須というなら、中国語を覚えたほうが少しは役に立ちそうな感じ。
英語を一生懸命勉強しても、英語が話せるようになるだけです。
英語をしゃべれる人が知的だというのならば、ほとんどのアメリカ人が知的だ
ということになります!アメリカ人の平均的な知的レベルって・・・
日本人が目指すべきは、英語で何かを表現することではなく、
アメリカ人が英語に翻訳したくなるような日本独自のものを生み出すことです!
とにもかくにも、日本人全員に英語は必要ありません!!
英語をいくら勉強しても知的にはなりません!!!
どうしても勉強しろというのなら、英語「で」何かを勉強すべきです。
英語の教科書は、書かれている内容そのものが勉強にはなりません。
英語で書かれている「内容」のほうを中心に勉強すべきです。
例えば・・・これを訳せますか?(つづく)

【WSJで学ぶ経済英語】第198回 モノのインターネット(IoT) 
(9月28日 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
The Internet of Things, where all things around you, on you and, soon, in you, begin to talk, offers
great potential to improve how well we will live in retirement and older age. These tech-enabled
services will support many people who live alone in retirement, often at a distance from family.
Just consider that more than 40% of women 65-years-old and older live alone.
For those providing care to an older loved one, the services enabled by the Internet of Things will
provide additional eyes, ears, and even a helping hand to stressed family caregivers.

※他の記事より移転
<前記事にある英語の問題の答え>
(1) 科学誌の編集者がその著者に・・・力説する
(2) 本論文
(3) しかしながら、統計的仮説検定が最も良い手段であることはめったにない。

※他の記事より移転
It that , It for to 構文で結論を先に言うクセをつけよう! (2013年11月16日 英語マスター街道)
英語を話したり書いたりする際に、「この日本語、どう英語に直せばいいのかな?」と迷うことはありませんか?
そして迷っている間に、話したり書いたりするタイミングを逸してしまい、結局発言できなかった...
などという経験をお持ちの方も多いはず。
こういう場合の処方箋として万能薬があります。それは中学で習う It that , It for to 構文です。
英語では、結論を先に言います。例えば
I am glad to know that you are fine. (あなたがお元気だと知ってうれしいです) などですね。
とにかく、結論(私は嬉しい)を言ってしまい、後からその理由を述べるわけです。日本語はこの逆ですよね。
理由(あなたがお元気だと知って)を述べてから、結論(私は嬉しい)を言うわけです。ですから英語を話したり
書いたりする場合には、「まず結論を言う」クセを身につけると、英語のスキルがぐっとアップします。
そして、「結論を先に言う」クセをつけるのに最適なのが It that , It for to 構文を使うことなのです。
It is の後に、まずは結論(それは〜だ!)と言い切ってしまいましょう。で、言い切っている間に、理由を何と
言うか考えるわけです。例えば、「君が試験に合格したなんて、本当にすごいね!」と言いたいときは、まず
最初に「すごいね」と結論を言います。It is great と言ってから、that と続けて以下、理由の部分を続けます。
It is great that you passed the examinaition. というわけです。
個人的には、It that 構文だけで、言いたいことの5割くらいは伝えられると感じています。もう一つ同様の構文、
It for to 構文を合わせれば、言いたいことの8割は言えるようになりますよ!




スポンサーサイト

2015_10_04


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top