早生まれの若者は自殺率が高かった


早生まれの若者は自殺率高 阪大大学院などが研究 (9月14日 教育新聞 公式サイト)
大阪大学大学院国際公共政策研究科の松林哲也准教授と、米国シラキュース大学の上田路子リサーチアシスタント
プロフェッサーが、早生まれが青年期の自殺リスクを増加させることを、初めて明らかにした。
研究によると、4月2日の前後に生まれた若者の自殺率を比較したところ、早生まれの若者の自殺率が遅生まれの
若者に比べて、3割ほど高かった。早生まれの影響が、幼児期の月齢についてや就学時だけではなく、学齢期を
超えて長期間にわたって続くことが、初めて明らかにされたものとして注目されている。早生まれの子どもに対する
早期の教育的な配慮が必要なことを物語っている。早生まれの子どもは、同学年の遅生まれの子どもと比べて、
身体的・精神的な発達が相対的に遅いため、学業やスポーツの分野で不利な立場に置かれる。これについては、
これまでたびたび報告されてきた。
そうした状況の中で、青年期における自殺と早生まれは関連があるとの仮説を立て、統計手法(非連続回帰
デザイン=連続変数の値が特定の閾値〔カットオフ〕の近辺に位置する個体群のデータを利用して、閾値の
少し上や下にほぼ無作為に割り振られた個体群の特性を比較する手法)を用いて分析したのが、この研究。
わが国の教育制度では、1学年は4月2日から翌年4月1日までに生まれた子どもで構成されている。
そこで、4月2日前後に生まれた15歳から25歳までの若者の自殺率を比較してみた。仮説の検証には、
厚労省の人口動態調査を用いた。
それによれば、4月2日前後の7日間に生まれた若者を比較すると、4月2日以降の7日間に生まれた
グループと、4月1日以前の7日間に生まれたグループの自殺率は、1日以前の7日間のほうが、2日以降の
7日間よりも、約30%高かった。2日前後の28日間を比べた場合では、比較群の差は小さくなっていた。
だが、1日以前生まれの若者の自殺率のほうが、2日以降生まれよりも高かった。学齢期に他の子どもよりも
相対的に年齢が低かった若者の自殺リスクが、高い傾向にあることを示していた。
自殺は、現代の日本を特徴づける、深刻な社会問題で、防止策の構築に向けて、自殺原因の解明は喫緊の
課題となっている。研究結果は、自殺企図のさまざまな原因の中に、早生まれが含まれている可能性が
極めて高いことを物語っていた。
早生まれの影響は、従来想定されていたよりも長期にわたり、若者の健康状態をも左右することが、
統計上で初めて明らかになった。現行の就学年齢規定の見直しや、早生まれの子どもへの対策の必要性、
教育現場で行う配慮の必要性なども示唆しており、今後の子育てや教育政策を考えていく上で、社会的な
意義が大きい研究結果である。
研究成果は、米国科学誌「PLOS ONE」8月26日付のオンライン版に掲載された。

Relative Age in School and Suicide among Young Individuals in Japan
: A Regression Discontinuity Approach.

Matsubayashi T, Ueda M.
Abstract
OBJECTIVE: Evidence collected in many parts of the world suggests that, compared to older students,
students who are relatively younger at school entry tend to have worse academic performance and
lower levels of income. This study examined how relative age in a grade affects suicide rates
of adolescents and young adults between 15 and 25 years of age using data from Japan.
METHOD: We examined individual death records in the Vital Statistics of Japan from 1989 to 2010.
In contrast to other countries, late entry to primary school is not allowed in Japan. We took advantage
of the school entry cutoff date to implement a regression discontinuity (RD) design, assuming
that the timing of births around the school entry cutoff date was randomly determined and therefore
that individuals who were born just before and after the cutoff date have similar baseline characteristics.
RESULTS: We found that those who were born right before the school cutoff day and thus youngest in their
cohort have higher mortality rates by suicide, compared to their peers who were born right after the cutoff
date and thus older. We also found that those with relative age disadvantage tend to follow a different
career path than those with relative age advantage, which may explain their higher suicide mortality rates.
CONCLUSION: Relative age effects have broader consequences than was previously supposed.
This study suggests that policy intervention that alleviates the relative age effect can be important.

出生日別自殺率
The Rate of Suicide by the Date of Birth.
The rate of suicide is plotted against the date of birth. The red line denotes the school entry cutoff date
(i.e., Aprils 2nd) in Japan. The gray thick line represents a locally weighted regression line fitted separately
before and after the cutoff date. The data include individuals aged between 15 and 25 at the time of death
that occurred between 1989 and 2010. Source: Birth records (1974–1985) and death records (1989–2010),
the Vital Statistics of Japan.

4月1日生まれの就学誕生月別の選手数

日本では、早生まれとは1月1日~4月1日に誕生日がある人のことを指しています。
上図(左)のように、4月2日生まれの人からは次年度の入学になりますので、
4月1日生まれの人は4月2日生まれより1年早く小学校に入学することになります。
小学校に入学したときには、早生まれの人が不利なのは理解できますが、
中学生にもなれば差はなくなっているのかと思いきや、そうではなかったのです。
前章に書いた交通事故の記事では、水瓶座や山羊座生まれに死者数が多いのですが、
早生まれの影響が多少は(特に若年層に)あるかもしれません。
この問題は、上図(右)のように、自殺率に限ったことでもありませんし、
日本に限った問題でもありません。国によって入学月が異なりますので、
早生まれ、遅生まれの範囲は違っていますが、早生まれが不利であることは
共通しているようです。これだけ明確な証拠が示されますと、早生まれを
避ける家族計画を立てる夫婦も現れてくるのではないでしょうか?
早生まれの人が不利にならない方策を検討すべきだと思われます。


早生まれの子どもは様々な問題に陥りやすいことが判明 / 成績不振、退学、タバコ・酒・麻薬、いじめなど
(2011年11月3日 ロケットニュース24
現在イギリスである研究結果が大きな波紋を呼んでいる。その研究結果とは、早生まれの生徒は成績が悪く、
退学しやすい、そしてタバコ・酒・麻薬に走りやすく、いじめにあいやすいという驚愕の研究結果なのだ。
これを発表したのはイギリスの研究機関Institute for Fiscal Studiesで、彼らは公立学校にいる300万人以上
の生徒を対象に今回の調査を行った。そしてその調査により、次のようなことが分かった。
・8月の早生まれの男子生徒(イギリスでは8月が早生まれ)は9月の遅生まれの男子生徒と比べて、
  いい学業成績をとる確率が12パーセント低く、これが女子生徒の場合だと9パーセント低い
・早生まれの学生たちは16歳で退学し、商売について学び始める確率が20パーセント高い
・早生まれの学生たちは、エリート大学にいける確率が20パーセント低い
・早生まれの子ども達は、労働市場において生産性がより低い
・早生まれの子ども達の親は、子どもが直面している問題を解決するために、家で多くの時間を子どもと
 費やしている
これだけでも十分すぎるくらい多くの弊害を受けていることが分かるのだが、早生まれの子ども達はさらに
他の問題を抱えている。小学校でいじめにあう確率が他の子ども達に比べて高いのだ。そしてこういった
学力の問題やいじめの問題のせいか、早生まれの子ども達はタバコ・酒・麻薬に走りやすい傾向にあるそうだ。
この結果を受けて、Institute for Fiscal Studiesの研究者たちはこの問題を解決するために、「早生まれの子は
一年長く学校にいられるようにするべきだ」、「年齢に応じてテストの点数に調整を加えるべきだ」などの提案を
行っている。ちなみにイギリスの高等教育財政審議会が行った調査でも、1年間に10万人の生徒が早生まれの
せいで大学進学に失敗しているという結果が出ており、これは看過できない大きな問題となっている。
自分の努力では、どうにも変えることができない早生まれ・遅生まれ。確かに幼少時代における11カ月という
成長期間は、子ども達の間に大きな差を生むことだろう。そういった問題で子どもたちが苦しまないで済むよう、
私たち大人は今一度、子どもにとって最高の教育制度とは何なのか考えていくべきだろう。


スポンサーサイト

2015_09_16


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top