星占いで交通事故は減るか?


ねとらぼ

左利きの人は敬礼もつい、左手でしてしまうと思いますが、
左手での敬礼は、亡くなったかたへの畏敬の念を伝える意味があります。
「ねとらぼ」にそのようなことが書かれては・・・いませんが・・・


愛知県警が「星座から見た交通死亡事故の特徴」を公開 「気をつけよう」「星座占いなの?」と賛否両論
(9月4日 ねとらぼ)                    愛知県警察がWeb上に公開した資料
愛知県警星座「星座から見た交通死亡事故の特徴」が、
「イラストがかわいい!」「なにこれ星座
占い?」と話題になっています。
平成17年(2005年)~26年(2014年)までの
10年間に、同県内で発生した交通死亡
事故を分析し、星座別にまとめたもの。
おうし座は「速度の出し過ぎによる
事故が最多」、うお座は「高速道路で
の事故が最多」など特徴を紹介して
おり、星座によって注意が必要な
地域・月・曜日を記載しています。
資料には、「歩行時」「自転車利用時」
「高齢者別の交通事故による死亡者数」
「交通事故を起こすドライバー」「飲酒
運転」の5項目に関する星座ランキングも。
それによると、みずがめ座はすべての項目
で1~2位にランクインし、いて座は逆に
ほとんどの項目で低順位になっていました。
Twitter上では「当たってる」「今月は注意し
ないと」と参考にする人が現れている一方で、
星座と交通事故の間に因果関係があるとは
思えないなどの理由から、「非科学的」
「次は血液型別が来るかも」などの反応も。

確かに、この絵だけみると、占いにしか見えません。
科学では、統計的に有意であることを示さないと偶然の結果でないとはいえません。
データがないので断言はできませんが、この結果が有意であるとは思えません。
しかし、非科学的で何が悪い!みんなに関心をもってもらうことのほうが大切です!
それよりも、「有意だから科学的だ」というほうが疑わしいです。
一般的には、有意水準を5%にとる場合が多いのですが、
有意であるからといって、「偶然ではない」と決めつけるのは危険です!
逆に、有意でないからといって、「偶然だ」と断言できるわけでもありせん。
わたしには、有意水準を・・・%だと決める根拠が理解できません。

突然ですが・・・問題をつくってみました(今書いた内容と関連しています)。・・・続く

Editors of scientific journals, along with the referees they rely on, are really the arbiters of scientific practice.
They need to understand how statistical methods can be used to reach sound conclusions from data that
have been gathered. It is not sufficient to  insist  that authors use statistical methods―the methods
must be appropriate to the application. The most common and flagrant misuse of statistics, in my view,
is the testing of hypotheses, especially the vast majority of them known beforehand to be false.
With the hundreds of articles already published that decry the use of statistical hypothesis testing,
I was somewhat hesitant about writing another.  It  contains nothing new.
But still, reading The Journal of Wildlife Management makes me realize that the message
has not really reached the audience of wildlife biologists. Our work is important, so we should use
the best tools we have available.  Rarely, however, is that tool statistical hypothesis testing. _
<出典>”The Insignificance of Statistical Significance Testing” Douglas H. Johnson
    The Journal of Wildlife Management, Vol. 63, No. 3. (Jul., 1999), pp. 763-772.

arbiter:決定者,flagrant:はなはだしい,misuse:誤用,statistics:統計学,hypotheses:仮説
decry:~を非難する,wildlife management:野生生物管理,significance:有意(性)
問題:以下の問いに日本語で答えよ
(1) insist は力説するという意味ですが、誰が誰に力説するのですか?
(2) It は、具体的に何のことですか?
(3) Rarely, however, is that tool statistical hypothesis testing. をわかりやすく訳せ。


スポンサーサイト

2015_09_06


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top