韓国大統領が習国家主席と会談、北朝鮮問題で中国の役割に謝意 (9月2日 ロイター)
中国軍事パレード 韓国の朴槿恵大統領は2日、中国を訪問し、北京で習近平国家主席
 と会談した。会談で朴大統領は、朝鮮半島の緊張を緩和するため
 「中国が建設的な役割を果たした」と述べ、感謝の意を伝えた。
 また、韓国大統領府によると、朴大統領は習国家主席に対し
 「朝鮮半島の政治情勢について、率直な意見交換をしたい」
 と話したという。韓国と北朝鮮は先週、非武装地帯(DMZ)
 で起きた地雷爆発事件に端を発して高まった緊張の緩和に向けた
 措置に合意していた。 3日間の日程で訪中している朴大統領は、
 3日に抗日戦勝70周年の軍事パレードに出席する予定。

韓国、「事大主義」と指摘の産経コラム削除要請 (9月2日 読売新聞 YOMIURI ONLINE)
韓国政府は1日、産経新聞が8月31日に電子版で掲載した韓国外交批判のコラムについて、同新聞に記事の削除と再発防止を求めた。
産経新聞広報部によると、駐日韓国大使館の職員が1日、同新聞東京本社を訪れ、「韓国外交、政策全般に理解の不足、認識の違い
がある」と発言。「日韓関係に否定的な影響がある」とも述べた。コラムは「米中二股 韓国が断ち切れぬ『民族の悪い遺産』」
と題し、同紙の政治部専門委員が執筆。朴槿恵パククネ大統領が3日に北京で行われる中国の「抗日戦争勝利70年」記念式の
軍事パレードに出席することなどを挙げ、韓国外交は「事大主義」で、「強国に弱国が付き従う外交形態」と指摘した。また、
「李氏朝鮮には、朴大統領のような女性の権力者がいた」とし、朝鮮王朝の王妃・閔妃ミンビ(明成皇后)(1851~95年)
の生涯を紹介した。閔妃は朝鮮王朝の末期、排日政策を取ろうとしたが、日本人軍人らに殺害された。

 半島国家の悲しき世界観 ( iRONNA 『Voice』 2014年11月号)
 事大主義とは何か(半島国家の悲しき世界観 宮家邦彦)
 日本の嫌韓派の人々が韓国を批判する際によく使う言葉が、「事大主義」の弊害なるものだ。事大主義と
 いっても若い読者はあまりピンと来ないだろうが、北東ユーラシアの地政学を理解するうえで、
 「事大主義」は「華夷思想」「冊封体制」「朝貢関係」などとともに、必須の概念だといえよう。
 事大主義とは、「小」が「大」に事える、つまり、強い勢力には付き従うという行動様式であり、
 語源は『孟子』の「以小事大」である。国語辞典によれば、「はっきりした自分の主義、定見がなく、
 ただ勢力の強いものにつき従っていく」という意味で、たとえば次のように使われる。事大主義とは
 朝鮮の伝統的外交政策だ。大に事えるから事大。この大というのはむろん中国のことなのだが。
 つまり中国は韓国の上位にある国だったから、そこから侵略されても、ある程度仕方がないとあきらめる。
 しかし、日本は韓国より下位の国だ、だから侵略されると腹が立つ。上司になぐられても我慢できるが、
家来になぐられると腹が立つ、という心理だ。(2013年12月16日付『NEWSポストセブン』)
朝鮮は、中国に貢ぎ物をささげる朝貢国として存続してきた。大国に事える事大主義の伝統が抜きがたくある。日本が近代化に
懸命に汗を流しているころも、官僚らは惰眠をむさぼり、経済も軍事力も衰亡していた。その朝鮮を国家として独立させ、
西洋の進出に備えようというのが日本の姿勢だった。(2014年7月19日付『産経新聞』WEB版)
以上の例では、いずれも「小国である自国はその分を弁え、自国よりも大国の利益のために尽くすべきである」といった
「支配的勢力や風潮に迎合し自己保身を図る卑屈な考え」を意味している。いずれにせよ、決して良い意味では
使われていないようだ。コリア半島の歴代王朝は、漢族中華王朝だけでなく周辺の非漢民族王朝に対しても
「事大外交」を続けてきた。今風の言葉で言い換えれば、新羅・高麗・李朝などコリア半島に生まれた王朝の多くは、
漢族系、非漢族系を問わず、周辺の強大国家に対し「事大」して、自国の安全保障を確保してきたということだろう。
他方、新羅や高麗などは中華王朝と冊封関係に入りつつも、同時にこれら中華王朝と対決したり、自ら独自の年号を
使用したりするなど、きわめて柔軟で強かな外交を繰り広げたケースもある。
事大主義がすべて卑屈な追随外交というわけでもなかったのだ。

はっきり言って、韓国も現在の中国(共産党)も抗日勝利には関係ありません!
抗日勝利を祝うのなら、北朝鮮と現在の台湾(国民党)のほうが正統です!
誰でも、自分の欠点について、本当のことをズバリと言われると気分が悪いものです。
「強い者に媚びていい目をしよう」というのもひとつの価値観として尊重してあげる
べきです。どこの組織でもそのような人はいます。ただ、わたしたちは、中国が
「強い者」で、日本は「弱い者」と思われていることを認識しておかなくてはなりません。
事大主義エンブレム しかし、中国に媚びて「おこぼれ」にあずかれるかどうか?
 会社の派閥でもそうだと思いますが、
 媚びる相手を間違えると大変なことになります。
 アメリカに媚びるか?中国に媚びるか?
 韓国は悩んでいるのでしょう。
 記念に?事大主義エンブレムを作成してみました。

      <前記事の続き> α=Π/6, β=Π/2 のとき、
加法定理の証明例cosα・cosβ+sinα・sinβ=1/2,cosα・cosβ-sinα・sinβ=-1/2,
sinα・cosβ-cosα・sinβ=-√3/2, sinα・cosβ+cosα・sinβ=√3/2
図に示すように、α=Π/6, β=Π/2 のとき、点Bは、
(-1/2, √3/2),(1/2,-√3/2)の2点なので、
点Bは(cosα・cosβ-sinα・sinβ, sinα・cosβ+cosα・sinβ)と
(cosα・cosβ+sinα・sinβ, sinα・cosβ-cosα・sinβ)の2点。
これでは、満点にはならないでしょう。
α=Π/6, β=Π/2 以外のときはどうなるか分かりませんので。
満点をとりたいかたは自分で考えてください。
試験では、完璧を目指す必要はありません(居直り)。


スポンサーサイト

2015_09_04


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top