再びジョブズの言葉を考える


だれでも、小さな頃は、自分の好きなことを好きなだけやりたいと思っています。
しかし、そのような素朴な思いは、親や先生など、分別のある大人によって
抑圧されてしまいます。
でも、本当のところは、 親、先生、先輩、上司や世間の目のせいではありません。
多くの場合は、親に怒られたくない、友達に無視されたくないなどの理由で、
本人が自主規制した結果なのです。
「好きなことができないのなら、死んだほうがましだ」と思っている人の人生は、
分別のある生きかたをしている普通の人間とは、全く違うものになるでしょう。
分別のある行動を積み重ねると、いざ、「自分の好きなことをやれ」と言われても、
自分が本当にやりたいものが何なのか、本当にわからなくなってしまいます。

ジョブズのすごいところは、凡人の気持ちがよくわかっていることです。だから、
凡人が聞いても心打つものがあるのです。天才にもいろいろなタイプの人がいます。
いくら天才とはいえ、長嶋茂雄氏の言葉は、凡人には「?」です。
長嶋茂雄氏の職業は「長嶋茂雄」。長嶋さんは凡人には理解できない天才なのです。

さて、ジョブズの言うhungryは、自分の好きなことをやりたいと強く願っているさまのこと
でしょうから、stay hungryで、自分の好きなことをやりたいとずっと願い続けろ、
といった感じでしょうか。ジョブズの言うfoolishは、
自分の好きなことをやるために無分別でいるさまのことでしょうから、stay foolishで、
自分の好きなことをやるためにはずっと無分別でいろ、ということなのでしょう。
ジョブズは仏教とかかわりがあったということなので、「無分別」という仏教の概念を
理解していたかもしれません。
ただ、「世界で最も優秀な大学」の卒業生を前にスピーチをしているわけですから、
foolishには違う意味を持たせることもできそうです(次の記事にて)。
ではジョブズ自身は一体何をしたかったのでしょうか。ペプシコーラの事業担当社長に、
「残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいか、
 それとも世界を変えるチャンスが欲しいか?」と言っていることからも、
世界を変えたいと思っていたことは確かでしょう。
1997年アップルの広告キャンペーン「Think different」の最後の言葉は、
「自分が世界を変えられると思うクレイジーな
奴らが、正真正銘、世界を変えるのだから」


スポンサーサイト

2013_08_27


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top