ひらめきとクリエイティビティ


教員養成系など学部廃止を要請 文科相、国立大に (6月8日 日本経済新聞web刊)
下村博文文部科学相は8日、全国の国立大学法人に対し、第3期中期目標・中期計画(2016~21年度)の
策定にあたって教員養成系や人文社会科学系の学部・大学院の廃止や転換に取り組むことなどを求める
通知を出した。通知では、各法人の強みや特色を明確に打ち出すよう求め、組織改革に積極的に取り組む
大学には予算を重点配分する枠組みも盛り込んだ。教員養成系と人文社会科学系については、18歳人口
の減少などを理由に、組織の廃止、社会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組むよう要請。司法
試験合格率が低迷する法科大学院についても、廃止や他の大学院との連合など「抜本的な見直し」を求めた。
(1)地域貢献(2)世界・全国的な教育研究(3)世界的な卓越教育研究――のいずれかの枠組みを選んで
機能強化を進める大学には、運営費交付金を重点配分するとした。
国立大学法人は6年ごとに中期目標・中期計画を掲げており、16年春からが3期目。
各法人は通知を踏まえて目標・計画を策定し、15年度中に文科相が認可する。

そもそも文学、哲学、考古学などに実業的な要請はほとんどないし、そのような
ことを目指してもいないだろう。現在のように不確実性の高い環境において、
社会ニーズの変動は非常に大きく、需給のバランスはすぐに崩れてしまう。
また、人文系にはあまりお金がかからない。工学部のなかにあるニーズ
の減少している学科を廃止したほうが、コスト削減にはよっぽど効果的。
ただ、大学の先生が主張すると、自分にとって都合が悪いから反対していると
思われるでしょうから、わたしのような部外者が言ってあげないといけない。
人文社会科学系学部の廃止における最大の問題は多様性がなくなること。
多様性が失われるとイノベーションが生まれにくくなるのです。


 イノベーションの常識を覆す考え方
 アメリカのスタートアップが如何にゼロからイチを生み出すかを説いている
 『ゼロ・トゥ・ワン――君はゼロから何を生み出せるか』(NHK出版)に対して、
 本書の主張は真逆にあります。これまでの常識や制約にとらわれずに
 新しいアイデアを考え、実現していうことを「Out of Box」(箱の外側で考える)
 という比喩で表現されることがありますが、著者らは「箱の縁」で考え、
 行動することこそがクリエイティビティの鍵だと言います。
 クリエイティビティは新たな方法で現実を結び付け組み合わせた時、既存の
 限界にまで踏み出した時に生まれるのだと。「ゼロからイチを生む」のではなく、
 「イチからアルファを生む」のがデンマーク流クリエイティビティなのです。
 
前記事の最後の図で示されているように、縦軸と横軸のどちらも必要。
存在するものを進化させるほうが、無から有を生み出すより、
圧倒的に成功確率が高いことは間違いない。ただし、
馬車はいくら進化させても自動車にはならないし、
自動車が生まれると馬車を進化させることは無意味になる。
『発想力の鍛え方』では、クリエイティビティとイノベーションという
言葉に明確な区分を設けていないとしている。
クリエイティビティというと"ひらめき"が大切なような気がするが・・・


The myth is that an owner-entrepreneur can depend on a flash of genius.
I have been working with owner-entrepreneurs for 40 years: the ones
who depend on the flash of genius also go out like one.
~ドラッカー名言集より~

つまり、「クリエイティビティ≠ひらめき」ということらしい。
創造的プロセスは日常的活動に組み込んだほうがよいということ。

ひらめきという神話:本当にクリエイティブな人は、ひらめきを待ったりしない
(2014年4月12日 ライフハッカー) 
(前略)クリエイティブな仕事のスケジュールを組むことは、ウェイトリフティングとよく似ています。
今日、自己ベストを叩きだせるかどうかは、ジムに行ってみないとわかりません。実際、平均を下回る日
もたくさんあるでしょう。やがて、そのように平均を下回る日々は、プロセスの一環に過ぎなかったことを
知ることになります。結局のところ、自己ベストを出すための唯一の手段は、その日その日の実績を
問わず、毎週月・水・金と、継続してジムに通うことなのです。
クリエイティブな仕事も、ジムでのトレーニングと同じです。最高の瞬間を意図的に選んだり、最高の
アイデアを思いついたときだけ作業をするわけにはいきません。自分の中に眠っている最高のアイデアを
引き出すには、とにかく量をこなすこと、繰り返し作業すること、そして、とにかく続けることしかないのです。
当然、平均以下の結果が目標になることはありえません。ただ、たまに訪れる平均以下の日々でも作品に
取り組むことを、自分の中で許容してほしいのです。
そんな作品だって、素晴らしい作品にたどり着くための対価なのですから。
デキの悪い作品なんて作りたくないという人もいるでしょう。自分の作品をあれこれ見返しながら
「これはまだ十分よくなっていない」という理由で、それを発表しないことは簡単です。
でも、その選択は、もっと悪い結果をもたらします。絶対的な納期を決めない限り、その作品への
取り組みを一切やめてしまうことも簡単だからです。習慣的に作品を作るためには、素晴らしい作品へ
の途中経過として、ジャンクを自分に許容することが必要なのです。(中略)
草間彌生 モチベーションやひらめきが降りてくるのを
 待つのはやめて、習慣を作るための
 スケジュールを組みましょう。
 それが、プロとアマチュアの違いです。
 プロとは、スケジュールを定めて
 それを厳守する人たち。
 アマチュアとは、ひらめきやモチベーションを
 待つ人たちなのです。


たけだ美術 Takeda Art Co. 「草間彌生KUSAMA Dots and Nets」
---------------------
flash of genius :天才的なひらめき,owner-entrepreneur :オーナー事業家
the ones=owner-entrepreneurs だが、最後のoneは、a flash。 like a flash :あっという間に


スポンサーサイト

2015_06_10


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top