銅鐸の目的

category: 魂の目的  

砂山から銅鐸7個発見…「国宝級の資料」評価も (5月20日 YOMIURI ONLINE)
弥生時代中期(紀元前2世紀頃)の銅鐸どうたく7個が、兵庫県南あわじ市(淡路島)で見つかり、
県教委と市教委が19日、発表した。
海岸近くの松帆(まつほ)地区から採取された砂の山から見つかり、「松帆銅鐸」と名付けられた。
出土数では、最多の島根県雲南市・加茂岩倉遺跡(39個)などに次ぐ4番目となり、
一度に大量に埋められた最古のケースとなる。
専門家は「初期の銅鐸祭祀さいしの解明につながる国宝級の資料」と評価している。
銅鐸は、高さ22~32センチ、底幅13~19センチで、絵画が描かれていない古い時期のもの。
うち1個は、上部の半円形の「鈕(ちゅう)」と呼ばれる部分の断面がひし形をした
「菱環鈕(りょうかんちゅう)式」で、全国でほかに11例しか確認されていない最古段階のものだ。
また、3個には銅鐸を鳴らすため内部につるす青銅製の棒「舌(ぜつ)」(長さ8~13センチ)が
付いていた。一度に見つかった舌の数としては最多。舌が付いたまま大量埋納された例はなく、
銅鐸を大量に埋める祭祀の最初の形態だった可能性がある。

発掘された銅鐸

銅鐸の謎 (古代の謎へ <銅鐸> - nifty
銅鐸に関して、「穀物豊穣に関わるのでは?」とした推測はみなさんされています。
自分もそう思っております。
しかしより具体的な使用目的が解かっていないのが現状です。
自分は「銅鐸水源祭祀説」というものを考えております。
加茂地名という偏った方向からいままで銅鐸を見てきましたが、
加茂地名から想像しているのは「水源」です。
大河ではなく、湧き水、井戸といったような水源です。
それもかなり水質のいいもの。
銅鐸出土地に多いミワ地名のミワは神酒といわれています。
酒作りにも水質のいい水は欠かせません。
加茂の地は山際まで入り込んだ平野と言われています。(未確認情報です)
その山から湧き出る水を大切なものと扱い、
その水を供給してくれる神山を崇拝する。
そしてその神山に雨を降らせる雲、
もっとも形として見えたであろう雷雲を呼ぶために
火を焚き、雲を作り、銅鐸を鳴らし、雷神を招く。
その地に埋め、水を導く。
今も雨乞山と呼ばれている山の麓より2例出土しているのが
その名残ではないか。
これが前期銅鐸・鳴らす銅鐸の祭祀と考えています。
これはほとんど蛇信仰の依り代として銅鐸を使ったという形になると思います。
銅鐸の開口の部分は蛇の口になるのです。蛇の舌もちゃんとあります。
その口より良質の水を出してもらうのです。

稲作には水が絶対に必要。かといって、
大きな川のそばで稲作をすれば、洪水で流されてしまう。
だから、川のないところのほうが稲作をしやすいのだが・・・
灌漑設備がないところで稲作をはじめて、
最も困る事態は雨が降らないことだ。
湧き水も枯れてしまえば、どうすることもできない。
日照りが続けば、雨乞いをするしかない。
雨を降らせることのできる存在は、龍神だ。


貴船神社の雨乞祭 (2012年3月5日 貴船神社 Facebook
【雨を司る龍神】
古来、雨を司るのは龍神の成せるわざである、との信仰がある。
雨を司るとは、雨を降らせたり止ませたり、それだけでなく、降った雨をしっかりと地中に蓄えさせて、
それを少しずつ適量を地表に湧き出させる、そういう働き全体を指すのである。
日常生活に欠かせないお水、なにげなく使っているお水の源を改めて想うとき、
その神霊の働きを知り、感じることができる。
その龍神こそ、貴船神社の御祭神、高龗神(たかおかみのかみ)と申し上げる。
降った雨を地中に蓄えさせるのは、大地にしっかりと根を張った樹木の役割で、樹木の生い茂る水源
の地こそ、水を司る神様が鎮まるのに最もふさわしい場所なのである。まさに貴船神社はそういう場所
に鎮座し、「貴船」の語源が「樹生嶺」または「木生嶺」とも「木生根」ともいわれるゆえんである。
貴船神社では、毎年3月9日に雨乞祭を執りおこなう。農耕作業の始まる時節を前に、今年一年適量
の雨を賜り、五穀が豊かに実りますようにと祈る祭典で、「雨乞」の名称ではあるが、晴雨の順調、
つまり天候の順調と適度なる水の恵みを祈るお祭である。

貴船神社雨乞祭

銅鐸を鳴らしながら、雨乞祭が行われたのだろう。
しかし、あるとき、銅鐸を祭器とする祭祀では祈りが通じなくなり、
卑弥呼による祈りが始まったのだ。
卑弥呼が祈れば、地下や池に眠る龍神が天に昇り、雨が降った。
人々は感激し、卑弥呼はカリスマになった。
それ以降、龍神を呼ぶのは巫女の役目となり、
銅鐸を祭器とする祭祀は行われなくなった。
(何も検証していません。当時は、蛇神信仰だったのかも。物語としてお読みください。)

水晶龍の巫女
ラバープレイマット FDRM-19 【絵師書下ろしリシーズ】水晶龍の巫女 【イラスト:萩原凛】


スポンサーサイト

2015_05_25


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top