突然ですが・・・AとBは同じ色でしょうか?違う色でしょうか?答えは最後。
色の見え方元絵 現実は、自分とは切り離されたところに存在し、
 自分の知らない事実を知ることが
 「学習」であると、多くの人が信じています。
 色は本当に存在しているのでしょうか?
 それとも、人間が感じることによって、
 生まれているものなのでしょうか?
 どちらが正解なのか知りませんが、
 それほど簡単な問題でないことは確かです。
 
 
なぜゲーテの研究は注目されなかった (キヤノン > 技術のご紹介 > サイエンスラボ > サイエンスラボ
・キッズ > 光のなぞ > 有名な文学者ゲーテは色の研究もする科学者だったって、ほんと?)
 ゲーテ(1749-1832)は、植物のこと、動物と骨のこと、天気のこと、そして光と色
 のことなどの研究にとても熱心に取り組み、新しい考え方を発見しました。
 考えはざん新で、たとえば、植物の研究では、50年くらい後に発表された
 ダーウィンの「進化論」のような考え方が出てきます。
 けれど当時、ゲーテは科学者として認められませんでした。その原因は、
 ゲーテが実験でわかるデータより、人間が受け取る「感覚」にこだわりすぎたからです。
 光と色を研究して書いた『色彩論(しきさいろん)』で、ゲーテは、ニュートン (1643
 -1727)のように光線の道すじや角度のデータで色を理解することに反発をしています。
 人の目が色を見るときどんなふうに見えてどんなふうに感じるのか、
 人間の体験を中心に観察するのが大事だと考えたのです。
 そのころはニュートンの光の研究から100年ほどがたち、ニュートンの考え方が
認められて研究が進んでいました。「目が色を感じるのは目の細ぼうが赤・緑・青を感じるから」
というトーマス・ヤング(1773-1829)の「光の三原色論」が登場したころです。ゲーテのニュートン
批判にまちがいがあった(※)こともあり、ゲーテの考えはまったく受け入れられませんでした。(※は省略)
いまゲーテの『色彩論(しきさいろん)』は、こころの動きを研究する「心理学」の考え方に近くて、
「色彩(しきさい)心理学」「知覚心理学」という研究分野の先がけだと考えられるようになってきています。

【ゲーテが行った色の残像テスト】  ~テストのやり方~
1. 上の図(本記事では下図の左)の色円の中央の点をじっと20秒ほど見つめる
2. 下の図(本記事では下図の右)の点に目をうつすと、下に色の円が見えるようになる
下に見えた色の円は、黄色部分がむらさき色に、赤色部分が緑色に、と、対角線上の色が反対になって見える。
この現象は「有色残像」といい、有色残像では色が反対色(補色)になって見える。
ゲーテは「補色」の言葉を知らなかったが、残像で補色が見えることに注目していた。
残像テスト

わたしには、赤色しか残像がはっきり見えませんが、
確かに、反対側(右側)が赤色であるように感じられます。
さて、はじめの問題の答えは、「AとBは同じ色」です。
これは、「色の不思議」なのでしょうか?
それとも、わたしたちの色の感じ方が不思議なのでしょうか?

色の見え方
Spotlight > おもしろ・ネタ
AとBは同じ色?『○○をすれば同じ色に変化する不思議な画像』がTwitterで話題に!

スポンサーサイト

2015_05_09


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top